2007年09月30日

モウリーニョなき後のマンU対チェルシー戦評

アーセナルを応援している僕でも、チェルシーの
モウリーニョ監督の解任は、ちょっとショックだ。

彼がいてこそのチェルシーというイメージが強く、
いないと何か寂しい・・・

この試合、後任のグラント監督の初陣となる
大事な一戦だが、気のせいか、チェルシーの
面々に覇気が感じられなかった・・・

特にテリーなどは、モウリーニョの熱狂的信者とも
言われていたので、そのショックが画像から見ても
そう感じられた。

実際試合でも、ディフェンスラインがなんか
バタついているし、ベンハイムは何度も相手に
突破されていた。

エッシェンも珍しく危険な場所でミスパスをし、
GKツェフに激怒されていた。

しかもランパードとドログバといったところが
ケガでいないのも大きい。

こんなときこそ、シェフチェンコなんだが、
素晴らしいドリブル突破はあったが、
ゴールを決められず、途中交代・・・

しまいにはミゲルが危険なプレーで
一発退場!!

全体的にホームマンU側に有利に笛を
吹いていたと思うが、それにしても
チェルシーは元気がなさすぎた・・・

訪れたチェルシーのサポーターはモウリーニョの
大合唱をしているし、アブラヒモビッチはこのとき
会場にいたけど、どう受け止めたのだろうか!!

モウリーニョとアブラヒモビッチの確執は、
シェフチェンコの起用法などでも、衝突して
いたようだし、ことこどく合わなかったらしい。

さて、チェルシーばかりの話しになってしまったが、
対するマンUも、ここ最近点を取れておらず、
ルーニーがケガから復帰して、テベスとの
コンビに注目が集まった。

前半20分から相手は10人なのに、
ゴール前に切れ込むも、得点にならない。

得点が入ったのは、前半ロスタイムだった。
コーナーからテベスが頭で決めたのだ。
テベスはこれが移籍初ゴール!!

これもロスタイム2分はとうに過ぎていた
ようにも思えたけど、結局認められた。

後半もグダグダで、カードだけが乱発されていく。
それにしても10人相手にもマンUは得点できない。

ようやく取れたのは後半も35分過ぎ、それも
微妙な判定のPK・・・

僕にはシミュレーションにも思えたが、この日の
審判は、マンU寄りであるため、仕方がない。

結局これをルイ・サハが決めて、勝負有り。
2−0でマンUの勝利となった。

この試合だけでいえば、この両チームは
あきらかにアーセナルより弱いと思う。

今シーズンのプレミアはアーセナルと
リバプールの争いになるのではないだろう
かなと思えた試合内容だった・・・


 

posted by カザナミ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(1) | プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

死闘、フィオレンティーナ対ローマ

まさに死闘だった!!
それにしても、ヴィオラはいつの間にあんなに
いいサッカーをしていたんだろう。

純粋に今のミランやユベントスよりは
強いんじゃないかと感じた!!

しかし我がローマには、かなわないだろう!!

そう思って見ていたが、正直今回に関しては、
ヴィオラの方が、いいサッカーをやっていた。

ローマがターンオーバーでトッッティも
ペロッタもいなかったとはいえ、よく引き分けに
終わったなという感じだった。

それでもユベントス戦と同じように後半あと
少しというところでのPKで同点にされた
ことは、くやしくてしょうがない!!

そして、マンシーニをさげて、パヌッチを
入れたことも納得いかない。

そもそもパヌッチはサイドバックの選手で、
トネットとシシーニョか、もしくはセンターバック
のフェラーリとメクセスの誰かと、てっきり、交代
するのかと思ったら、なんとマンシーニ・・・

すでにタッディが負傷交代していたのに、
同じ動きをこなすマンシーニまでをさげたら、
サイド攻撃が機能しなくなってしまう。

シシーニョを前に上げてやっていたが、
それならマンシーニを残しておけば良かった
と思う。

しかもマンシーニはこの日、鮮やかなループ
シュートを決めているのだ!!

ユベントス戦でも、後半早々にジュリと交代させら
れているし、マンシーニの胸中は穏やかでは
ないのではないか。

確かに彼には、トッティとの不仲説が騒がれている。
今冬にはリヨンに移籍するのではとも噂されている。

けど、ローマにはマンシーニは絶対必要な選手
だろう。移籍させてはならないと思う。

でもこんな交代をさせられては、マンシーニも
移籍を考えてしまうのではないかと心配して
しまう・・・

ドローの結果よりも、そっちが気になってしまった・・・

結局、マンシーニ、ジュリの得点で2−1と
リードしていたが、途中出場のビエリの技あり
のPKをとられ、それをムトゥに決められて、
同点にされてまう。

その後、レッドカードで一人少なくなった
ヴィオラを、マンシーニも、タッディもペロッタも
トッッティもいない、攻撃陣に迫力はなく、
2−2で試合を終え、ついにインテルと
勝ち点で並ばれてしまったのである。

次のローマ対インテル戦は首位攻防戦、
まさにローマは負けられない戦いとなる!!

posted by カザナミ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

激闘、ローマ対ユベントス

このカードが見られるのは、嬉しい!!

今年初めての、ビッグカードではないだろうか!!

注目は、セリエBから這い上がってきたユベントスが、
今季優勝も狙えるローマに、どれだけ戦えるかが、
ポイントだと思う。

全体的に試合のペースは完全にローマだった。

そんな中で、トレゼゲに先制されてしまったが、
トッティの鮮やかな2ゴールで、前半のうちに
逆転に成功する。

後半も、試合のペースはローマだったが、
疑惑のスローインからのプレーで、イアキンタに
決められ、まさかのドロー劇になってしまった。

ローマはトッティがボールを持ったとき、
中央をペロッタが、右からタッディ、左から
マンシーニがトッティを追い越していく!!

このスピードのある攻撃が見ていて楽しい。

また今季から加入のジュリも、ローマのサッカーに
合っていて、層も厚くなった。

ユベントスは今年開幕戦も見たが、攻撃は
いいが、ディフェンスが弱い。

ブッフォンがいるから、耐えてはいるものの、
あのディフェンスでは、今後は厳しいと思う。

やっぱり以前のザンブロッタ、カンナバーロ、
テュラムなどのディフェンダーと、ビエラ、
エメルソンのボランチがいたときと比べると、
どうしても見劣りしてしまう・・・

噂ではバルサに移籍したテュラムを呼び
戻すことを検討しているらしいが、真相は
いかに・・・

今後も目が離せない両チームである・・・
posted by カザナミ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

ローマ対ディナモキエフ戦評

遅くなりましたが、ローマ対ディナモキエフの
一戦のレポです!

昨年初のベスト8まで進出したローマも、
今年は更に上を目指せる補強をし、選手層の
薄さが原因だった昨年とはあきらかに今年は
違っている。

チャンピオンズリーグの第1戦となる
この試合から、ローマは、週末にユベントス戦が
あり、またその後フィオレンティーナ、インテル、
そしてチャンピオンズリーグ、マンU戦と、
恐ろしい過密日程が続く・・・

それだけにこのディナモキエフ戦は、重要な
試合である。

でもそんなに心配ありませんでした!!

ローマのサッカーは完全に相手を圧倒
してました。

左サイドから突破すると、折り返して
ペロッタの頭にどんぴしゃで、そのまま
ボールはネットに突き刺さり、まずは先制!!

そして後半は、スルーパスに抜け出したトッティが
落ち着いて決めて、2−0の勝利!!

危なげない試合運びで、完勝でした!!

ローマはなんといっても、アクィラーニの成長が
嬉しい!!

デ・ロッシと2人で、ローマを頼みます(笑)
posted by カザナミ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ情報

昨日ACLを戦った川崎フロンターレに対し、
Jリーグの犬飼基昭専務理事と川渕キャプテンが
苦言を呈しているらしい。

どうやら23日の柏戦に主力を休ませたのが問題との事。
また、そのためチャーターを飛ばしたとも。

でも、これってどうなんですかね〜?
フロンターレサポの反応は分からないし、
柏戦、ACLとも結果が出なかったけど、
個人的には、全然問題ないと思うんですけど。

リーグ戦では、すでに優勝の可能性はないし、
また移動距離等を考えたら
妥当な選択だったんじゃないでしょうか。

Jリーグも今年からACLを勝ち抜くために
全面協力すると言ってたはずじゃ...

過酷な日程を組んでおきながら、
チャーター飛ばすのが全面協力??

ま、昨日負けたからこれ見よがしに言ってるんだろうけど。

とにかく個人的には、今回の件に関しては、
関塚判断を全面支持です。
posted by カザナミ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

AFC 川崎F対セパハン戦

さて、昨日はAFCチャンピオンズリーグ準々決勝CIMG0833.JPG
川崎フロンターレVSセパハンに行ってきました。

平日開催にも関わらず、
Jリーグチームがアジアで勝ち抜くのを期待してか
はたまた富士通社員を総動員のためか
結構な観客がつめかけ(公式発表13,507人) 
良い雰囲気を作りだしていた。

さて、ゲームの方は序盤戦は、
フロンターレがミドルシュートとサイド攻撃で攻め、
セパハンがしっかり守り、スキを見て緩急を付けた攻撃で
対抗するような流れで進んでいくが、
前半の終わりくらいからジュニーニョの個人技が切れを見せ始め
徐々にフロンターレのペースになっていく。

後半に入ると、完全にフロンターレが押し込むようになり
セパハンはほぼ全選手が自軍に張り付く状況に。
ジュニーニョの個人技やサイド攻撃で
多数のシュートを放っていくが、
人数をかけた守りとGKの驚異的な反応で
なかなかゴールが割れないで進んでいく。

しかし、あれだけ一方的に攻めて、
シュートを放っても入らない時は入らないもんスな。

決定力不足とか言うんだろうけど、
シュート放ってるのが、
Jリーグ得点ランク2位のジュニーニョだからなぁ。
鄭大世だって、Jリーグで6得点ながら
90分平均得点は0.68とリーグ屈指だし。

話しがずれたが、ゲームの方は両チーム無得点のまま終了。
1戦目と合計スコアも0-0のため、ついに延長戦へ。

延長戦でもフロンターレが攻め続け、
さらに我那覇投入で流れを変えようとするも
やはりシュートは決まらず、
またセパハンの露骨な時間稼ぎもあってPK戦へ。

PK戦では4人目の谷口が外し、
またGK川島の読みのことごとく外れ、
4−5でフロンターレが敗れる結果となった。

あれだけ一方的に攻めながら、
1点が取れず敗れたフロンターレにとっては、
残念な結果となってしまった。

ただ、Jリーグとの過密日程のなかで、
選手層が決して厚くなくフロンターレは
よく頑張ったと思う。

これでAFCがなくなったため、
次はナビスコでこの経験を活かしていく事だろう。
posted by カザナミ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

アーセナル対セビリア戦評

アーセナル対セビリアの一戦だが、予想の大方が
セビージャ有利と見ているのに、腹が立つ!!

アーセナルに関してはプレミアでも4強の4番目
と位置づけられ、チャンピオンズリーグの展望で
も、セビリアより低い予想が多い・・・

そんな感じの予想が多い中、試合は完全に
アーセナルペースで進んでいく・・・

若手を中心に何年もかけてヴェンゲルが作ったのだ。
アンリ1人が抜けたぐらいで、全てが弱体化する
わけがない。

チームの完成度はプレミアでも群を抜いてる
と思う。

特にアンリに頼っていた昨季までと違い、
自分がやらなければという自覚がある選手が
たくさんいるのがいいではないか!!

アデバヨール・ファンペルシ・そしてセスク。
セスクは特に成長している。

この試合でも、オウンゴールを誘うシュートをして、
先制点を挙げている。

セスクに昨年のような遠慮がない。これがまたいい結果
を生み出している。アンリがいたらこうはいかなかった
のではないだろうか・・・

両サイドバックのサニャとクリシの上がりも
タイミングもいいし、サニャは、とって正解
でしょう!!

対するセビリアは、終始元気がないように
感じた。

UEFAカップを連覇したから、けっこう
持ち上げられているけど、所詮UEFAカップ
でしょ。

チャンピオンズリーグでは、ちょっとレベルが
違うと思うので、ベスト16はできるだろう
けど、アーセナルの次ぐらいかな!!

結局、後半に入ってファン・ペルシーが決め、
途中出場のダ・シウバが決めて3−0の快勝だった。

それにしてもヴェンゲルはいいチームを作ったね!!
posted by カザナミ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(1) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

横浜FM対浦和レッズ

CIMG0800.JPGさて、ブログも復活したとこでJリーグの観戦記も載せていきます。

まず、1発目は22日に行われた横浜VS浦和です。
見所としては、やはりACLの間に行われたレッズの体調と
山瀬(兄)を欠くマリノスの戦術といったとこでしょうか。
スポーツ新聞によっては、中澤VS闘莉王を
最強DF決定戦と記事にいてたとこもあったような。
(どんなあおりだよ...)

当日は両サポーターが結構入っており、
良い雰囲気を作り出した中スタート。

注目の山瀬の換わりには、那須を入れ、
河合とボランチを組ませ、中盤をボックス型にしていた。

那須が守備的である分、マルケス、清水が左右、中央にと
自由に動き、チャンスを作っていく。
特にマルケスが抜群のキープ力と突破力で
チャンスを作っていた。
また、いつもの前線からのプレスは健在で、
運動量を活かしたサッカーでレッズを脅かしていく。

対するレッズは、ボールへの出足は良かったものの、
攻めに関しては、前線の3人の個人技に頼ったものが多かった。
(それでもそこそこチャンスを作ってしますのはスゴイ)

決定機はお互いに何回か訪れるものの、
坂田(マリノス)、永井(レッズ)等が外していくなかで
ゲームが進んでいく。

そろそろ選手交代を視野に入れる時間になった後半20分。
GKからヘディングでつなぎ、裏に抜け出したポンテから
永井に絶妙に出されたマイナスのパスを
コントロールショットによって見事にゴ〜〜ル!!

そこからゲームは激しく動きだす。
更に30分、ボールを奪い抜け出したポンテを
清水が後ろからスライディングし、
2枚目のイエローで退場。

1人少ないマリノスであるが、坂田に換えて山瀬(弟)をいれ、
運動量が減ったレッズに対し、運動量を活かして攻め込んでいく。
怒涛の攻撃によって同点も期待されたが、
結局そのままタイムアップ。

結局ACLの狭間で難しいゲームを、少ないチャンスを
きっちり活かしたレッズが勝ち点を手に入れた。
こういう試合をものにできるのが、
優勝を狙っている強いチームなのだろう。

一方のマリノスも敗れはしたが、山瀬の不在はあったものの
やっているサッカーの方向性にブレがなく、
今後期待できるものであった。


ちなみに写真の緩衝ゾーンって変な気が...





posted by カザナミ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

バルセロナ対リヨン

金曜の夜にようやくバルサ対リヨンを見ました。
土曜日は、アーセナル対セビージャ、
ローマ対ディナモキエフ、そして、J2の
水戸対東京ヴェルディと、まさにサッカー三昧の
日でございました(笑)


今日はバルサ対リヨンの試合の感想を

させていただきます!!
今季のバルサを見るのは、実はこの試合が

初めてだったけど、イイチームを作ってるなと
いう印象!!

ただロナウジーニョにいいときの輝きを
感じられない・・・

そしてもう一人の注目選手、アンリも、
アーセナルのときのような、輝きは感じられ
なかった。

逆に輝きを放っていたのは、メッシである。
バルサは確実にロナウジーニョから、メッシの
チームになりつつあるような感じがした。

そしてリヨンだが、アビダルが抜け、マルダも
いなくなり、かわいそうなぐらい、弱体化して
しまった・・・

結果は3−0でバルサの勝利

得点はオウンゴールにメッシにアンリ。

バルサは決勝トーナメント進出は間違い
ないだろう!!

posted by カザナミ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

CL レアル対ブレーメン戦評

チャンピオンズリーグが開幕しました!!
32チーム16試合が9月18日・19日に行われ、
早速レアル対ブレーメンの試合を見た。
自分の場合、プレミアとセリエは見れるが、
リーガは見れない環境にあるため、
レアルの試合はチャンピオンズリーグでしか
見れない・・・
さて、スタメンは、GKにカシージャス
最終ラインは、右からセルビオラモス、
カンナバーロ・メッツェルダー・マルセロ
中盤に、ガゴとグティ・スナイダーにイグアイン
そしてツートップはラウルとファンニステルロイ
の布陣・・・ロッペンは残念ながらサブでした。
ジダンやフィーゴがいたときとずいぶんと様変わり
してしまったね。
対するブレーメンはクローゼが抜け、フリングスは
ケガで欠場でかなり苦しいオーダー・・・
ジエゴが孤軍奮闘していた感じだった。
試合は2−1でレアルが勝った。
ラウルとファンニステルロイがそれぞれ、
1得点1アシスト・・・2人の連携はとても
良かった。
途中からドレンテとロッペンが入って、
ファンニステルロイとスナイダーで
合わせて4人もオランダ人になったときは
笑った・・・昔のバルサか(笑)
ロッペンは、まだまだコンディションが上がって
いないように思えた。
ロッペンがレアルに入団する前は、事前にドレンテ
やスナイダーに聞いていたそうである。
ファンニステルロイに聞かなかったのは、やっぱり
仲が悪いからなんでしょうかね(笑)
1失点は、レアルにとっては必ずついてくる
おまけみたいなもの(笑)
新生レアルは順調な滑り出しを見せたが、
強いかどうかは、この試合だけでは
分かりません!!
posted by カザナミ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

チャンピオンズリーグいよいよ開幕!!

気がつけば、チャンピオンズリーグも開幕です!!
16試合を全て見るのは、無理なので、
選んで見るしかない!!
あなたならどの試合を見ますか!?
自分はもちろん、ローマとアーセナル戦は
全試合見るつもりだ。
他は、リーガがWOWOWに加入してないため、
見れないので、レアルとバルサは、個人的に
見てみたい。
その4チームを中心にお伝えしていきたいと
思う。
まず、アーセナルだが、どのジャーナリストの
予想も、アーセナルの評価が低すぎるのが、
腹立ちますね。
理由はいたって簡単、アンリが抜けたこと
である。
アンリの移籍がアーセナルの評価を下げる
ことなら、シロウトでも分かりそうなもん
である。もっと、他に理由はないのか!!
そう、他に理由はないんです。
アンリが抜けたから、戦力ダウンで、優勝
候補からも脱落してしまうというのが、
大抵の予想である。
だが、現在アーセナルは、プレミアリーグの
首位を走っている・・・それも1試合消化が
少ないのにである。
アンリがいないので、みんな遠慮せずに、自分の
プレーをしている。セスクなんかは、ゴール前
まできても昨シーズンなら、それでもパスの
出しどころを見つけて、パスしていたが、
今年は、遠慮せずにどんどんミドルを打っている。
そしてそれが、決っている。
簡単にいえば、アンリがいなくなったことで、
アーセナルには良い風が吹いているということだ。



そのアンリが入ったバルセロナは、お寒い状況が

続いているようだ。代表戦の疲れがあるみたいです。
でも、これからスペクタクルなサッカーを見せて
くれるでしょう。



レアルも、ロッペンやスナイダーの新戦力に期待したい。

ファンニステルロイもいるので、何気にオランダ化して
いますね。第1戦がブレーメンなのもおもしろい。
レアルの監督シュスターはドイツ人だしね。


そしてローマも、これからどんどんとチャンピオンズ

リーグの常連チームになってほしい。
特にトッティはあと2〜3年が勝負だと思うので、
頑張ってほしい。


そして何気にインテル対フェネルバフチェ戦も、

興味深いですね。
昨年圧倒的強さでセリエを制したインテルに、
ジーコ率いるフェネルバフチェがどう戦うか・・・
アッピアやロベルトカルロス、ケジュマン、アレックスと
タレントは揃っているので、とても楽しみである。
さて、もうすぐ始まるチャンピオンズリーグが
待ちきれない!!
posted by カザナミ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ローマ寄りのセリエAのみどころ(笑)

セリエAの注目は、誰がなんと言おうと、

ローマの7年ぶりのスクデット獲得なるか、

でしょう!!

どうもローマに対する各ジャーナリストの

予想は厳しいものが多く感じる。


ローマの昨年からの躍進は素晴らしいが、

優勝はないというような内容が多い・・・

インテルを推す人がやっぱり多いが、

今年のインテルは、ビエラという不協和音が

いるので、昨年のように一つにまとまるかが

疑問である(笑)

ビエラはケガで戦列を離れているにもかかわらず、

フランス代表の試合に出場したことが、インテル

幹部を怒らせてしまったという。

またそのビエラは、昨夏のW杯決勝のジダン退場の

きっかけとなったマテラッツィの発言の全容が

明らかとなり、「一緒にはやれない」ということを

発言した。

まあそんなことが原因かどうか分からないが、

インテルに昨年ほどの勢いは感じられない。

自分は、ローマのスクデットを予想する(笑)

まだ、3節を終えたばかりだが、ローマは

3連勝で首位に立っている。

ローマがよくいわれる選手層の薄さは、カペッロが

今夏最高の買い物と言われたバルサのジュリの

獲得や、レアルからシシーニョやまた、エスポージト

や、インテルに移籍されたギブの代わりに、

ブラジル代表のファンを獲得した。

トッティを中心にまとまりもあり、イタリア代表の

新10番のデロッシや、ペロッタ、アクイラーニや

パヌッチ、トネットなど、今やローマは、代表の宝庫である。

死角はないと思うのは、自分だけだろうか・・・

さてそのほかのセリエAの注目選手をあげとくと、

ジェノアは、元代表のディバイオ。

ユベントスは、おなじみデルピエロ。

ナポリは、今季最大の注目株ハムシク。

トリノは、大黒と言いたいところだが、レコバ。

レッジーナは、昨季17ゴールのアモルーゾ

カターニャは、ヴェルディから完全移籍した森本。

リボルノは、バレンシアやローマにいたタバーノ。

ウディネーゼは、ディナターレ。

サンプドリアは、サッカー外での話題も豊富なカッサーノ。

アタランタは、ポルトガル代表のコスチーニャ。

フィオレンティーナは、輝きを取り戻して欲しい、ビエリ。

パレルモは、突破力あるミッコリ。

ミランは、ロナウドに注目したい。

ラッツィオは、エース、ロッキ。

ローマは、ジュリがどれだけはまるか、注目したい。

インテルは、移籍市場を賑わしたギブ。

まあ、こんな感じで選手に注目しながら、セリエAを

楽しみたいと思っています!!

posted by カザナミ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ再開します!!

気がつけば、半年間も動いていませんでした!!

気がつけば、Jリーグは佳境をむかえています!!

気がつけば、各国リーグ07-08シーズンが始まっています!!

これから、バンバンと勝手な記事を掲載していきますので、

よろしくお願いしますね(^・^)


posted by カザナミ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。