2007年10月08日

ラッツィオ対レアル戦評

オリンピコでは負けたことがないレアルに
対し、ホームでぜひとも勝利したラッツィオの
一戦。

ラッツィオは03-04シーズン以来のチャンピオンズ
リーグで、ようやくこの舞台に戻ってきた。

一方のレアルマドリードは、毎年出場している
ものの、3年連続決勝トーナメント1回戦負け。

ラッツィオはトップの二人、ロッキとパンデフに
注目し、レアルでは、両サイドのスナイダーと
ロッベンに注目した。

さて試合はというと、前半8分に、ファンニステルロイ
の足に、偶然当たって、入ってしまい、先制(笑)

前半30分までは明らかに、ラッツィオはレアルとの
試合に、飲まれていた。

しかし明らかにレアルの選手の動きが悪かった。
ミスが多かった。

特になぜかセンターバックに入ったエインセと、
左サイドバックのマルセロ。

それだけでなく、ボランチのディアラとグティも
パスミスを連発していた。

今のサッカーはボランチが重要で、ここでボールを
落ち着かせたり、攻撃の芽を摘むプレーと、
攻守において、安定してないといけない。

しかし、レアルのボランチは、ヨレヨレだった(笑)

そんなミス連発に、ラッツィオも息を吹き返し、
前半32分に注目のパンデフがゴールして
同点とする。

このときのオリンピコの雰囲気は凄かった。
地鳴りのような響きで、サポーターもまるで
優勝したかのようだった。

サポーターも、レアルとやれる感触を持ったん
でしょう。

そして、後半、相変わらず、中盤で不用意な
パスを取られ、ピンチになるレアル。

そんな中盤に不安に思ったのか、ラウルが
中盤まで下がり、パスカットすると、
ファンニステルロイにスルーパス!!

抜け出したファンニステルロイがそのまま
冷静にシュートを決め、一瞬で勝ち越しに
成功する。

これで決りかと思った。

しかし後半30分、疲れは見えてきたラッツィオが
一瞬の輝きを見せて、またもやパンデフが決め
またもや同点とした。

結果は2−2のドローに終わった。

注目したスナイダーとロッベンだが、スナイダーは
ボールはもてるが、消えていた時間が多かった。

またロッベンは、まだコンディションが上がって
ないように見えた。

移籍してきた新チームに認めてもらうよう、
無理してプレーしているように見えた。

なんだかレアルの布陣は、そんなに無理しなけ
ればいけないのかというような感じ。

ロッベンではなく、ロビーニョでいいと思うし、
ディアラのところも、ガゴを入れた方がいいと
思う。

エインセも、センターバックに入れなければ
ならないほど、駒が足りないとは思えないし・・・

なんらかの意図はあるんだろうけどね・・・

これで、グループCは、

オリンピアコスとレアルが1勝1分けで勝ち点4
得失点差でなんとオリンピアコスが1位。

ラッツィオは2分けで勝ち点2の3位、
そしてブレーメンは2敗で勝ち点0の4位となった。

オリンピアコスの快進撃は意外だった(笑)

posted by カザナミ at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇杯3回戦の結果

明治大学 1 - 0 京都 (西京極/1,663人)
得点者:88' 林(明治大学)

東京V 0 - 1 Honda FC (味スタ/2,428人)
得点者:106' 鈴木(Honda FC)

水戸 1 - 0 ツエーゲン金沢 (笠松/1,054人)
得点者:44' 村松(水戸)

鳥栖 1 - 0 筑波大学 (佐賀/1,606人)
得点者:73' 高地(鳥栖)

草津 0 - 0(PK 5 - 4)アローズ北陸 (群馬陸/2,056人)

C大阪 4 - 2 ホンダロック (長居2/2,201人)
得点者:35' 香川(C大阪)、36' 木下(ホンダロック)、50' 森島(C大阪)、69' 森島(C大阪)、86' 谷口(ホンダロック)、89' 香川(C大阪)

仙台 1 - 2 順天堂大学 (ユアスタ/6,546人)
得点者:117' 岡本(順天堂大学)、118' 田ノ上(仙台)、119' 岡本(順天堂大学)

沖縄かりゆしFC 0 - 1 愛媛 (愛媛陸/1,161人)
得点者:113' 三木(愛媛)

札幌 1 - 1(PK 9 - 10)TDK SC (札幌厚別/4,177人)
得点者:4' 石井(札幌)、16' 松ヶ枝(TDK SC)

福岡 4 - 0 栃木SC (博多球/1,965人)
得点者:44' アレックス(福岡)、53' リンコン(福岡)、61' リンコン(福岡)、76' 林(福岡)

湘南 3 - 0 V・ファーレン長崎 (平塚/1,591人)
得点者:28' 原(湘南)、78' 石原(湘南)、89' 石原(湘南)

山形 3 - 0 鹿屋体育大学 (NDスタ/1,924人)
得点者:3' 根本(山形)、17' 根本(山形)、76' 本橋(山形)

徳島 2 - 0 FC岐阜 (鳴門大塚/1,479人)
得点者:68' 長谷川(徳島)、76' 小林(徳島)

佐川急便SC 4 - 0 バンディオンセ神戸 (佐川守山/837人)
得点者:6' 山根(佐川急便)、16' 御給(佐川急便)、61' 冨山 (佐川急便)、64' 嶋田 (佐川急便)



毎年、アップセットがある天皇杯。
今年はJ2上位4チームが敗れるという異例の事態。

昇格争いに絡んでると、この重要なこの時期に、
過密日程を嫌い、控えメンバー中心に挑むのは理解できるし、
本質的にはフロンターレ問題と一緒だと思う。

しかし、控えメンバーと言えど、大学生に負けちゃいかんでしょう。
控えメンバーとは言え、プロでやってるんだし。
控えメンバーというのは、言い訳にはならないっしょ。

これからは、総力戦となってくるため、
控えメンバーがかなり重要になってくるというのに...

この結果を見る限り、J2リーグはまだまだ
セレッソ、福岡にもチャンスがありそうかも。。。
posted by カザナミ at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京vs横浜Fマリノス

PO20071007_0004.JPG
ナビスコカップの準々決勝でもあたったこの一戦。
(その際はマリノスの逆転勝利)

試合は、山瀬兄→山瀬弟の兄弟ホットラインから
豪快なシュートでマリノスが先制したものの、
途中出場の平山がヘディング、石川がループシュートで
ゴールを決め東京が逆転を飾った。

東京は、石川に替わって右サイドに
スタメンで入ったリチェーリが良かった。
確かにシュートミスや持ち過ぎの帰来があったが、PO20071007_0006.JPG
それ以上に積極的な仕掛けは、
相手の脅威になっていた。

また、途中出場の平山も待望のヘディングでの
ゴールに、それ以外のプレーでも
今後に期待を抱かせるものだった。

一方横浜はこれで3連敗。
しかも3試合で1点して取れていなく、
完全に悪い流れとなっている。

大島・坂田・山瀬で30点取っており、
単純な決定力不足というより、
試合を見た感じでは、良い守備が出来ていないため、
得点が奪えていないように感じた。

とにかくまずは、この悪い流れを断ち切らないと、
フロンターレが7戦勝ち無し(ACL含)だった
のと同様に負のスパイラルに
陥ってしまう気がする。

水曜日にはナビスコ準決勝もあるし、
気持ちを切り替えてやるしかないだろう。
posted by カザナミ at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。