2007年11月02日

ローマダービー

このローマダービーで10節を迎えるセリエA。
ローマは序盤の10試合がなんと、
強豪だらけの戦いであった。

開幕には、上位が狙えるパレルモ。
また、4節から早くも、ユベントス、
フィオレンティーナ、インテルとの
強豪3連戦があり、8節には、力のある
ナポリ戦、そして前節がミラン戦という
苦しい日程でした。

その日程を、ローマは5勝1敗3分の
2位で乗り越えてきた。

今日のラッツィオ戦を終えれば、残りは
強豪チームと対戦することはない。

だからこそ、このダービーに勝って、
2位を死守したいところだ。

ローマのスタメンは、前節ミラン戦と
ほぼ同じで、4バックにカセッティ、
ファン、メクセス、パヌッチ。

今日はシシーニョではなく、パヌッチを
起用したところだけが、前節と違う。

そして、ボランチにピサロ、デ・ロッシ
右サイドハーフに、マンシーニ、
左サイドハーフが、トネット
トップ下にペロッタ、そしてトップに
ヴチニッチという布陣。

ミラン戦に続いて、トッティ不在の構成だが、
スパレッティの戦い方が浸透しているので
心配はない。

トッティは早ければ、ラッツィオ戦には間に合う
という情報もあったが、あと一週間ぐらいかかり
そうとのこと。

さて試合は、意外にも先制はラッツィオだった。
ロングパスで裏を取られて、パンデフが決めて
まずはラッツィオがリードする。

しかし、ローマもすぐに、裏を取って、
ブチニッチが抜け出すと、キーパーと
1対1となるが、なんとこれを防がれて
しまう。

だが、その数分後に、マンシーニからの
折り返しのパスを、ヴチニッチが、難しい
位置から、ダイレクトでシュートして、
あっさりと同点においついた。

これでヴチニッチは2試合連続のゴール。
チャンピオンズリーグも含めれば、
3試合連続である!!

トッティの穴を見事に埋める活躍を
見せている。

この辺りが、今季のローマの強さでは
ないだろうか・・・選手層が今年は厚い。

前半はこのまま同点で終わるかと思いきや、
マンシーニが見せてくれました。

中央に入り込むマンシーニが、右にいた
メクセスにボールを預け、折り返した
パスを一度足で受け止めてから、シュート!!

それがキーパーの上を抜けて、ゴール!!
2−1と逆転に成功する。

色々と、お騒がせなマンシーニの逆転ゴール。
監督との不仲説。トッティとの不仲説。
そして移籍説と・・・

それらを黙らせる一発だった!!
そして前半終了・・・

さて後半、
一進一退のローマダービーは、両サポーターの
熱気に包まれていたが、徐々にペースは
ローマに傾いていく・・・

そして、速攻からペロッタが、相手
ディフェンスラインの裏を抜けると、
飛び出してキーパーを寸前で、かわすと
無人のゴールに冷静に押し込み、3点目!!

これで勝負は決まった!!

盛り上がりを見せていたダービーも
これで熱が冷めたように感じた。

このあと、フリーキックで1点を返すも
3−2でローマがダービーを制した。

今年は、両チームともチャンピオンズリーグに
出場しているという珍しい状況だけに、
ローマの街も熱い!!

しかしここまでリーグ戦2位と13位と
いう状況が、そのまま結果となって現れた
試合でした。

これでローマは、首位インテルの24に次ぐ
勝ち点21とし、2位をキープ!!

しかしすぐ下には、ユベントスと
フィオレンティーナが、勝ち点20で
ぴったりとついている。

昨季とは違い、優勝争いが熾烈な今シーズン!!
これからが、本当に楽しみである。

posted by カザナミ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。