2007年11月09日

CL4節 スポルティング対ローマ

ローマ視点で見ると、かなりフラストレーションが
溜まる試合内容だった・・・

まあそれ以上に、スポルティング視点では、
立ち直れないかなあ・・・

そんなストレスの溜まる内容となった一戦。

ローマは4バックにシシーニョ、メクセス、ファン
カッセッティ。ボランチにピサロとデロッシ。
右サイドにジュリ、左サイドにマンシーニ。
トップ下にペロッタ、トップがヴチニッチ。
キーパーがドニという布陣。

アウェイで戦う場合、まずシシーニョではなく、
守備的なパヌッチを入れるのだが、どうも寸前で
ケガをしたらしく、ここは不安要素である。

またトネットも突然の負傷。そしてメクセスだが、
出場するものの、前節のセリエAで、、あまりに
内容が悪かったことに、練習場でサポーターと
口論になったらしく、精神的ダメージの部分が
気になる・・・

ローマはけが人が多く、アウェイ仕様でメンバーが
組めないのが痛い。

そして精神的支柱のトッティの不在も大きい・・・

しかし意外にも、前半早々に、カッセッティが、
サイドから中へ入っていき、そのままシュートを
放つと、これがきれいに決まって、ローマが先制する。

だが鮮やかだったのは、ここまでだった・・・

とにかく寄せは甘いし、プレスもかけらない。
また、お互いの距離感も悪くパスミス連発・・・

しかも、危ない場面でのパスミスが多かった
ので、そのままシュートまで持ち込まれてしまう。

完全に守備のバランスは崩れていた。
ラインもずるずると下がっていき、
オフサイドが取れなくて、シシーニョの
裏を特に、狙われた!!

得点して数分後には、ペナルティエリア付近から
のシュートをドニが、キャッチミスし、こぼれ球
を詰められ、あわや同点という場面まで、作り
出されてしまう。

その後スロー再生では、明らかにドニのオウン
ゴールであったが、なぜか主審はキーパーチャージ
でノーゴールという判断!?

しかしスポルティングはこれで、勢いに乗り
出し、ローマをサンドバック状態に追い込んだ。

そして、前半22分に、右からのクロスに、
メクセスが体を張って、ボールに寄せてきた
選手を止めたが、キーパードニも前に出ていた
ため、交錯し、ボールはなんと、リジソンの元に
転がり、それを無人のゴールに押し込み、同点!!

メクセスはうつ伏せ状態のまま、数分その場
から立ち上がれなかった・・・

明らかにメクセスの調子がおかしい・・・
メンタルな部分が大きいように感じた。

前半はそれでも同点のまま凌ぎ切り、
後半で修正されることを期待した。

そして後半、メクセスに代えてフェラーリを
投入するが、守備は安定しない。

また、空回りする選手も多かった。
ヴチニッチは、ボールへの動き出しが遅いし、
ジュリは、シュートチャンスに打たない。
マンシーニは、トラップミスが多いし、
デロッシのロングシュートは、押さえが
効かず大宇宙。

カッセッティとシシーニョは、裏を取られる
ことが多く、危険なファールで、フリーキックを
与えることが多く、ファンはクリアが、ことごとく
相手の選手に渡してしまう。

こんなにも悪いローマを見たことがない・・・

そしてついに、コーナーキックから、またもや
リジソンに頭で合わされて、逆転を許してしまう・・・

この時点では、ローマはボコボコにやられて
敗戦するのではないかと、思うぐらいだった。

しかしここでスポルティングは不可解な
選手交代をした。

ローマにとって脅威であったジャロやイズマイロフ
を交代したのだ。まあ、守備に専念する交代だった
と思うのだが、これで逆にローマは攻めやすく
なった。

ここからは、ローマの良い攻撃が見られ始めた。

そして後半も45分、ついにいい場所でファールを
もらった。

蹴るのは、ピサロ。
ちょっとナポリ戦を思い出される場面である。
入る雰囲気も感じた。

ピサロの蹴ったボールは枠を捕らえていた。
相手デフェンダーが頭でクリアに行ったはずが、
逆に方向を変えてしまい、なんとこれが決まって
しまった!!

後半45分で起こったローマの奇跡!!
なんと2−2の同点となる!!

サッカーってこれだから怖いし、だから面白い。

そしてこの同点劇は、今後の決勝トーナメント
進出に対しても、大きな影響を与えるだろう。

これでグループFは、
1位  マンチェスターユナイテッド 勝ち点12
2位  ローマ              勝ち点7
3位  スポルティング         勝ち点4
4位  ディナモキエフ         勝ち点0

マンUは決勝トーナメント進出が決定!!

そして残り1枠だが・・・

残り2試合、スポルティングは2連勝しても
ローマしだい。逆にローマは1勝1分けでいい。

両チームともディナモキエフにはきっちり
勝っておくことが必須だろう。

そして、マンU戦がカギを握ることに
なりそうだ。

posted by カザナミ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。