2007年11月19日

Jリーグ移籍情報(噂)

FC東京は、原博実監督(49)、長沢徹ヘッドコーチ(39)、
三浦文丈コーチ(37)と来期の契約を結ばない方針と伝えた。

来季の新監督にはU−17代表監督を務めた
城福浩氏(46)の就任が確実。

また、GK土肥洋一(34)、MF福西崇史(31)と
来季の契約を結ばない方針を決めた。
            (情報源・・・東京中日スポーツ)



原監督退任、城福氏内定は前にスポニチ?でも
出ていたが、今回は情報源が
トーチュウだから、間違いなさそう…

しかも、土肥、福西放出って。
完全に現場と大物選手をスケープゴートに
フロントは責任をあいまいにするのが
見え隠れする人事だよなぁ。

ま、福西の放出は、皮肉にも自らの
補強の失敗を認めてるような人事だけど。

今期は1年で結果を出す(優勝を目指す)と言うことで
スタートをきったけど、
来期も同じ方針で後任に城福氏??

完全に明確な方向性が不明であり、
今後の体制も不安が。。。
posted by カザナミ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 移籍・退団情報(Jリーグ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京vsガンバ大阪

昨日はガンバ戦に行ってきました。

ガンバにとっては、レッズを追いかけるために、
絶対に勝ち点3が必要な試合。PO20071119_0003.JPG
一方東京は、いつもの終盤での上位イジメ。
と、昨年もみたようなシチエーションで行われた一戦。


結果は、マグノアウベスの素晴らしい個人技で
先制され、しかも後半に茂庭が一発退場で
一人少なくなったものの、ケガ明けのユウタ、梶山を
早い時間に投入し、そこから粘りを見せ、
後半31分にルーカスのゴールで追いつきPO20071119_0013.JPG
1対1の引き分けに持ち込むという
相変わらずのKYぶりを発揮した東京。


注目は、サテライトで2得点と結果を出し、
先発の座を勝ち取った池上と
石川欠場に伴いチャンスが巡ってきた森村だったが、
二人とも良かったと思う。

特に池上は両CBと連携しながら守備をこなし、
ボールがない所でも、
危険なスペースをしっかり埋め、
また攻撃でも両サイドにパスをさばいて、
今の東京のボランチ勢とは違った特徴を出してた。

森村もまだ当たりの弱さ等課題もあったが、
前線からのプレスをはじめ、とにかくよく動き、
前線を活性化させていた。


また、ケガ明けで入ったユウタ、梶山も
試合勘等の不安もあったが、
持ち前のキープ力を発揮し、
パス交換からボールを支配。
両サイドバックの上がりを促し、
一人少ないなかでの同点劇の原動力となった。

あと、今野がすごく良かった。
特に一人少なくなってCBに入ってからが
凄かった。
ガンバ強力FWをしっかり抑えてたし。


と、収穫もあった試合だったが、
個人的にノリオと茂庭はちょっと…だった。

ノリオは連続得点してた一時の勢いがなく、
持ち味の強引さが影を潜めてる気が...
積極的な失敗は良いけど、
消極的なミスはね〜。

茂庭は、退場は微妙で厳しい判定で
不幸な面もあったが、
問題は失点シーン。
1対1の局面で毎回ズルズル下がって、
やられてるような。
マグノ、ジュニーニョ等にこのパターンで
よく失点してたと思う。


次節は今野、茂庭が出場停止になるから
どのようなメンバーになるかが、また楽しみである。
(森村に続き、吉本登場か!?
って、五輪組が帰ってきて伊野波が入るのが
現実的か。。。)

posted by カザナミ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誤射による死亡事件、どうなるセリエA

ラッツィオとユベントスのサポーター同士の
小競り合いでは、鎮圧のため出動した警官の
誤射で、ラツィオの男性サポーター1人が死亡。

警察当局者は「悲劇的な過ち」に遺憾の意を
表明した。

この発砲死亡事件騒動で、イタリア
サッカー界が、大揺れに揺れてますね。

イタリアでは最近ネガティブな事件が多い。

そのことで、カカなどが、セリエAに絶望
したとのコメントが、波紋をよんでいる・・・

カカーはイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・
スポルト』の独占インタビューに対し、
次のように語った。

「このような状況が続くのであれば、僕も
イタリアを去るかもしれない。僕の妻や両親も
頻繁にスタジアムを訪れており、家族の身に
危険が及ばないか心配だ」

と危機感を募らせている

これについて、今冬にもカカは移籍するのでは
ないかと、にわかに囁かれている。

またこのコメント後に、ローマのパヌッチは

「カカーよ、金を積めば誰もイタリアから
逃げないよ」

などと大胆なコメントを出し、またインテルの
イブラヒモビッチは、

「僕はカカーのようには考えていない。イタリ
アでプレーすることに満足だ」

と発言している。

この発砲死亡事件で、インテル対ラッツィオの他、
ローマ対カリアリの試合が中止となり、
12月5日に組まれることが決定した。

ローマ対カリアリ戦を見る予定をしていた
私は、その晩、暇になってしまいました(笑)

イタリアはそもそもが、州とはいっても、その昔は
独立国家だったために、ちょっとややこしい関係
にある。

極端にいえば、国対国の戦いともとれるのだ。
だから、ときおりこういう、たかが試合という
レベルから外れてしまうこともあるのだろう。

でもそれは決していいことではない!!
こんなことが続けば、セリエAというリーグは、
有能な選手が離れていき、カカのような発言も
増えてくる可能性もある。

是非とも安全なリーグとして、早急な対策を
考えてもらえればと、心から願うばかりである・・・

posted by カザナミ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。