2007年12月02日

横浜FCvs浦和レッズ

PO20071202_0010.JPGまたまたJリーグが最終節まで
もつれましたね〜。

昨日は、優勝を決する1戦のうち
日産スタジアムに行ってきました!

スタンドは、真っ赤に染められており
もうほとんど浦和のホームと化しており、
あとは、優勝を待つだけといった状況だったけど…


ここまでジュリオレアル就任後勝ちなし、PO20071202_0029.JPG
ここ20試合勝ちなしの横浜FCが
ここにきて、意地を見せてくれましたね!


攻める浦和、守る横浜FCの展開が予想されたけど、
前半は、意外にも横浜FCが中盤の細かなパスワーク、
カタタウのドリブル突破で攻勢に出ると、
(浦和のチェックも甘かった…)
安易な対応にきた阿部を交わしたカズが
DFとキーパーの間に絶妙なクロス。
それに長い距離を走りこんできら根占が
落ち着いて決め先制!!

その後前半終盤に、カズがゴール前どフリーを
右足シュートを自分の左足で止めるという
ミラクルを起こしたときには、
まだ浦和にも運があると思っていたが…


後半には、田中達也投入でさらに攻勢を
強めた浦和だったけど、
ラストパス、シュートの精度を欠き、
また横浜FCの粘り強い守りもあって
同点に追いつくことさえできず敗戦。

最終節にして、まさかの優勝を鹿島に
明け渡す結果に。。。


浦和は、疲れが蓄積していたのか
出足が悪く、ボールに対するチェックも甘く
運動量も少ないし、
まさに満身創痍といった感じ。

気持ちだけが前にいっているように見えた。
そのため、前線とDFの距離が空きすぎ、
横浜FCに中盤でパスをまわされてしまった。

今までターンオーバーを引かずに戦ってきた
ツケがまわって来たのか、
それともACLで燃え尽きてしまったのか…

いずれにせよ、切り替えがしっかりできないと
このままだと世界クラブ選手権でも
ACミラン戦どころか、
その前に足をすくわれちゃうんじゃないかな。


一方横浜FCは、気持ちの入ったゲームでしたね。
戦力外を受けている小村、岩倉が
ワシントンに厳しくあたり粘り強く守れば、
同じく戦力外の山口は危険なゾーンを埋めながらも、
中盤のパスワークの起点として機能。
またハーフウェイあたりからループで
ロングシュートを狙うなどこのシチエーションを
楽しんでいるようにみえた。

根占はシュートを決めたのも良かったが、
それ以外も中盤でのパスさばきやボール奪取
スペースへの飛び出し等も良かった。
来期はもう完全に主力として活躍するんじゃ!?

また、カタタウをはじめてみたが、
ボールを持ちすぎる帰来はあるけど、
スピードとテクニックがあり、ドリブル突破で
浦和DFと悩ませる一因となっていた。
来期もここでやるのだろうか…?

そしてキング・カズ。
このようなシチエーションでは何か
やってくれるのではと思っていたが、
スーパーなアシストで見せてくれたね!!
それに左右に流れてチャンスを作れば、
守備でも積極的なプレスで、チーム全体の
プレスを引き出すなどしっかり活躍。


横浜FCは、ほんと最後の最後にきて
良いゲームを見せてくれたね。

しかも消化試合じゃ無くなったおかげで
46697人も入って、こーいっちゃなんだけど
ホクホクじゃないかな。
入場料収入もかなり増えただろうし。

この浦和資金で来期は
どのようなチームを作っていくのだろう。

posted by カザナミ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。