2007年12月03日

Jリーグ移籍・退団情報(東京V編)

東京ヴェルディ1969は下記の4選手が
今シーズンで契約満了とのこと!!


齋藤 将基(さいとう まさき) 選手

大橋 正博(おおはし まさひろ) 選手
※川崎フロンターレへ期限付き移籍中

藤田 泰成(ふじた たいせい) 選手

室 拓哉(むろ たくや) 選手

上記選手には、今までありがとうと言いたい!!
特に斉藤と藤田は、今季も試合に出ていたし、
二人とも素晴らしい選手でした。

しかし、思ったより戦力外は少なく思えた。
でもまだ、これからあるのかな!?

ついにストーブリーグも始まりましたね・・・
posted by カザナミ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 移籍・退団情報(Jリーグ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンピオンズリーグトーナメント進出チーム

5節時点のチャンピオンズリーグ
決勝トーナメント進出チーム


B組

チェルシー(イングランド)

D組

ACミラン(イタリア)

E組

バルセロナ(スペイン)

F組

マンチェスターユナイテッド(イングランド)

ASローマ(イタリア)

G組

インテルミラノ(イタリア)

H組

セビージャ(スペイン)

アーセナル(イングランド)


1次リーグ1試合残して、半分の
8チームが進出を決めた。

まあ、予想通りのチームが順当に
勝ち抜けているのはさすがである。

しかし、8チームがいずれも
イングランド・スペイン・イタリアの
チームだというのが、やっぱりというか
さすがというか・・・

ドイツ勢やオランダ勢、フランス勢の
突破に期待したい。

それと、レアルマドリードとリバプール、
頑張って突破してね!!

posted by カザナミ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5節 ブレーメン対レアルマドリード

チャンピオンズリーグを通して、レアルを見ると、
なんと安定感のないことか・・・
そう思ってしまう。

名前だけは強そうだが、実際の試合内容は
強さが感じられない。

この試合もそうでした(笑)

メンバーは、4バックに、セルヒオラモス、
ペペ、メッツェルダー、マルセロ。

ボランチにガゴ、右にグティ、左にロビーニョ
トップ下にディアラ、ツートップが、ラウルと
ファンニステルロイ。キーパーカシージャス
という布陣。

中盤は、グティとガゴのダブルボランチの
ようにも見えた。

試合は、ブレーメンも前半4分に、右サイドの
フリッツの上がりから、サノゴに送り、トラップパス
のようになって、これがロ−ゼンベリの所に転がり、
それを当たり損ねてしまうが、逆にそれがよかった。

ボールはゴールに入り先制する。
あまりにも早い得点でした。

しかし、前半14分に動きのいいロビーニョが左サイドを
切り裂き、角度のないところから、シュートを放つ。

これが決まって、同点とした。

今日は打ち合いになりそうな感じがした。

その打ち合いにきっちりと決めないチームが
負けるのではないかと思った。

今日のファンニステルロイは、戻りオフサイドは
取られるわ、トラップは乱れるわ、決定的なシュートは
ありえんくらい外れるわ、なんだか試合に集中
できていない感じだった。

1点取ったあとも、チャンスはあったのに、そこで
決められなかったのが痛い。

そうこうしているうちに、ブレーメンが、前半40分に
ローゼンベリのドリブルから、中央にいたサノゴが
ダイレクトで決め、2−1とし、ファンニステルロイが
決定的なシュートをはずした2分後の後半13分に
ハントが決めて、3−1と大きくブレーメンがリードした。

レアルはカウンターのケアができていない。
ボールへの反応が遅い・・・
そしてツキがない(笑)

後半26分に、グティからのパスに、ファンニステルロイが
抜けて、クロスぎみのパスがそのまま入って、1点を
返すものの、そこまででした・・・

まさかのレアルの敗戦で、グループCは大変なことに
なってきました!!

1位 レアルマドリード 勝ち点8
2位 オリンピアコス  勝ち点8
3位 ブレーメン     勝ち点6
4位 ラツィオ      勝ち点5

5節終了時点でまだどこも、突破できていません!!

次節はオリンピアコス対ブレーメンと
レアルマドリード対ラツィオ戦。

試合的にはレアルが有利でしょうね。
2位と3位が潰しあってくれるので・・・

さてさて、どんな6節が待っているのか!
今から楽しみです!!

posted by カザナミ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5節 リヨン対バルセロナ戦評

ほとんど決勝トーナメント進出が決定
しているバルセロナと、あとがない
リヨンとの戦い。

バルセロナはここのところ好調のようで、
本来の実力を発揮しはじめているようだ。

今回のメンバーに、アンリとロナウジーニョと
デコとエトーといったところが、不在では
あるが、それでもメンバーが組めてしまう
のが層の厚いバルセロナだからこそ・・・

4バックはザンブロッタ、プジョル、ミリート、
アビダル。ボランチにヤヤ・トゥレ。

左サイドにイニエスタ、中央シャビ、右にメッシ。
ツートップにグジョンセンとクルキッチ。

対するリヨンはベンゼマがいないぐらいで、
あとはベストな布陣である。

試合はアウェイのバルセロナが、流れるような攻撃
でメッシから、クルキッチへパス。クルキッチはノータッチ
で走りこんできたイニエスタに合わせて、あっさりと
先制する。

しかし、負けられないリヨンは、ジュニーニョの
フリーキックで、同点に追いつく!!

主審の試合コントロールが悪いらしく、試合は
荒れ始める。

そんな状況から、ライカールトが退席を命じられ、
荒れに荒れ始めた(笑)

その結果、両チームともに、PKをもらい、
それをメッシもジュニーニョも決めて、仲良く
痛み分けのドローで試合は終わった!!

それにしてもメッシとイニエスタはボールが
足にくっついているかのようなテクニックで、
素晴らしい!!

途中からロナウジーニョが入ってきたけど、
全然目立たなかったねえ〜

バルセロナほどのチームでもアンリを
外から獲得したりとかするけど、メッシや
クルキッチのように、若い選手を育てることも
している。

こういうバランスが、いいのだろう。
さてこれで、グループEは

1位 バルセロナ    勝ち点11 ☆
2位 レンジャース   勝ち点7
3位 リヨン        勝ち点7
4位 シュツットガルト 勝ち点3

バルセロナは決勝トーナメント進出を決めた。

残る一つのイスを、レンジャースとリヨンが
次節、直接対決で決めることになる。

迫力のある戦いが見られそうだ!!
posted by カザナミ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ移籍・退団情報(仙台編)

契約満了選手
・GK小針清允(30)  ・DF白井博幸(33)
・DF中田洋介(26)  ・DF左山晋平(20)
・DF丸山良明(33)  ・MF熊林親吾(26)
・MF大橋良隆(24)

期限付き移籍期間満了
・MFロペス(28)   ・MFジュニウソン(29)


・DF菅井直樹(23)の獲得にガンバ大阪が乗り出す
      (日刊スポーツより)
・FW萬代宏樹(21)の獲得をジュビロ磐田が目指す
      (スポーツ報知より)
・その萬代の穴埋めとして、鹿島アントラーズの
 FW田中康平(21)の完全移籍での獲得が確実
      (スポーツ報知)




ロペスは、J1数チームが関心を
寄せてるって情報が流れるくらいだし、
ジュニウソンも終盤は永井にレギュラーを
譲っていたものの、すごく良い選手なのだが。

サンスポによると1人1億といわれる
年棒がネックになったらしい。
って、いくら強力助っ人とは言え、
2人に2億も使ってたの〜!!
何気にそっちの方がビックリした。
ま、ホントの情報かわからんけど。

あと、今回退団になった選手の中では、
右SBの中田なんかは、
今期右SBで泣いた山形には、
欲しい選手だなぁ。
でも、菅井が狙われてるのに、
大丈夫なのかいな…

また、萬代の変わりに田中康平を獲得するとの
情報もあるが、田中の山形時代の印象は、
萬代とは全く違うタイプのFWに見えたけど。。
posted by カザナミ at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 移籍・退団情報(Jリーグ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ移籍・退団情報(山形編)

契約満了選手
・DF鷲田 雅一(29)   ・DF前田 和也(23)
・MF鈴木 亮平(24)   ・DF須田 興輔(27)
・FWグスタヴォ(23)

引退
・FW林 晃平(27)

期限付移籍期間満了
・FW横山 拓也(22)

契約満了スタッフ
・樋口 靖洋監督
・島根聡一コーチ
・南省吾GKコーチ



退団選手は、正直予想通りって感じだが…
CB、SBが手薄で、レオナルドまで狙われている?
現状では、CB、SBをこなす鷲田は
残しておいても良かった気が。。
ま、園田の成長もあるんだろうけど。
また、個人的には駒澤で10を背負った亮平には
ムチャクチャ期待してたんだけど。
あと、こういっちゃ何だけど、
グスタヴォって何で獲ったんだろう??

どの選手も新天地での活躍を祈るばかりです。
羽地(甲府)、原竜太(湘南)の例もあるし。

林は、まだまだできると思うんだけどなぁ〜。
山形のスピードスターとして、高速ドリブルや
労をいとわぬ前線からの守備と
個人的にはかなり好きな選手でした。


スタッフは、監督はじめ一掃されたね。
今期は、最終的な成績が昨年以下という事で
仕方がない面もあるが、
健二、太田が引退に加え、得点源のレアンドロや
主力の永井、内山が移籍、
また、期待された豊田や臼井のケガもあり
少しかわいそうな気も…
また、継続したチーム作りのためにも
コーチは残して欲しかった。
特に南さんは、愛されるコーチだったし。

次期監督には、小林伸二氏(前福岡統括グループ長)
や西村昭宏氏(前C大阪GM)、副島博志氏らが
候補に上がっているらしいが(情報源・・・日刊スポーツ)
何か山形の監督らしくないような。。
確かに小林氏の能力は、かってるんだけど…
さて、どうなる事やら。

あとフロントには、とにかくレンタル選手の引きとめと
主力選手が流出しない様ガンバッてもらいたい。
posted by カザナミ at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 移籍・退団情報(Jリーグ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。