2007年12月05日

ラモスが監督を勇退した理由って!?

J1昇格を果たしたヴェルディが動いた。

来期の布陣に、ラモス監督がエクゼクティブディレクターに
そして柱谷コーチを監督に昇格させたのである。

この人事は前々から決まっていたことではないらしい。

確かにラモス監督が疲れていたのは間違いない
だろうけど、7連敗しても辞めなかった監督が、
昇格という目標を果たして、一番喜びを表現
できる時期に、自分から辞めたいと言うだろうか・・・

でもラモス監督の記事を読む限り、悔しそうには
感じられない。

むしろ、自分からは監督を辞めるつもりはなかったが
より良いポストを用意してもらったので、じゃあ
辞めようと、思ったのかもしれない(笑)

ラモスの役割としては、広告塔のようなものだろう。

それと、今季の名波や服部、土屋といったJ1でも
働ける選手を獲得するという、人脈や人望というのにも
期待してるだろう。

そのような動きになったのは、ここ最近のことでは
ないかと思う。

真相は分からないが、少なくても現場では、来期も
現体制でのぞむ動きをしていたからだ。

現時点では後任のコーチも未定だが、OB路線で
探すようだ!!

これが吉と出るか凶と出るかは、神のみぞ知る
といったところだろうか・・・

posted by カザナミ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヴェルディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アストンヴィラ対アーセナル戦評

前回チャンピオンズリーグで今季初黒星と
なってしまったアーセナル

そのアーセナルがどう立て直してくるのか
注目の一戦!!

メンバーは4バックにサニャ、トゥレ、
ギャラス、クリシー。ボランチにフラミニ
ディアラ。右サイドハーフにエブエ、
左サイドハーフにロシツキ。トップ下に
フレブ、トップにアデバヨール。
そしてキーパーアルムニアというベスト
メンバーできました!!

対するアストンヴィラはアウェイ3連勝で、
ホームに戻ってきたという、好調同士の対戦
となる。

序盤は完全にアーセナルペースだった!!

スペースをついたパスサッカーは美しい。
見ていて、唸るような場面が、随所に見られ、
楽しくなってくる!!

解説者も言っていたが、まるでゲームをやっている
かのようである。

しかし、さすがは好調アストンヴィラである。

左サイドからのクロスに、ギャラスが頭で
カットしたが、それがガードナーの所に運悪く
行ってしまい、シュートを決められる。

なんと、先制はアストンヴィラ!!

だが、前半23分に、右サイドからフレブが切れ込み、
低い強いクロスを上げると、ロシツキに通った。

しかし、シュート体制が取れないロシツキは、
フラミニへ、足を伸ばしなんとかパス。

それをフラミニが豪快に決めて、同点とした!!
フレブまでのパスの繋ぎも素晴らしかった!!

これで波に乗り、またもフレブとサニャの突破
から、クロスを送り、中央で待ち構えていた
アデバヨールが、頭で合わせて、逆転に成功する。

なんとも早い逆転劇でした(笑)

前半を終えて、後半15分ぐらいまでは、アーセナル
のペースだったが、徐々にアストンヴィラも
攻撃的に仕掛けてきた。

フレブが負傷交代し、ロシツキもジウベルトシウバ
に交代してからは、防戦一方となる。

選手交代に関しては守備的布陣を敷くような、起用
だったが、まさかここまで押し込まれるとは、
思っていなかったろう。

それぐらい、アストンヴィラの動きは良かった。

しかし結果は2−1でアーセナルの勝利!!

これで順位表は、

1位  アーセナル   勝ち点36
2位  マンU      勝ち点33
3位  チェルシー   勝ち点31
4位  リバプール   勝ち点30

しかし、アーセナルとリバプールは
1試合少ないときている。

完全にアーセナル優位ですね(笑)

posted by カザナミ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。