2007年12月06日

ローマ対ウディネーゼ戦評

スパレッティ監督の教え子ダービーとでも
いうのでしょうか!!

スパレッティ監督にとっては古巣との対決
となる。ピサロなどもそうだ。

そして、この試合からようやくローマの王様
トッティが帰ってきました!!

といっても、ベンチですけど(笑)

パヌッチと談笑していたのが、微笑ましい。
何を話していたんだろう・・・案外イタリア代表
のことだったりして・・・

イタリアはユーロのグループは、フランスと
オランダとルーマニアというとんでもない
グループに入っちゃいましたからね!!

さてトッティとパヌッチをベンチに置いた
ローマのスタメンは、

4バックにカセッティ、メクセス、ファン、トネット。
ボランチにピサロとデロッシ。右サイドハーフに
タッディ、左にマンシーニ、トップ下にジュリ。
ワントップにヴチニッチ、キーパードニという布陣。

ペロッタもいないんだよね・・・

ここ最近勝ってはいるが、あまりいい内容ではない。
もっとローマらしいポゼッションで、スペクタクル
なサッカーを期待している僕には、少々不満である。

対する相手ウディネーゼは、ユベントスやフィオ
レンティーナに勝って、じわじわと順位を上げて
きた。

勝ち点25はローマと並んで、3位である。
まあローマは1試合少ないんだけど・・・

ここでウディネーゼを蹴落としておかないと、
今後が厳しくなる重要な一戦は、開始2分に
カセッティからタッディへと繋いでシュート!!

これは入らなかったが、オープニングとしては
上々の滑り出し。

対するウディネーゼも、アウェイに強いという
データがあり、イタリア代表に定着した
ディナターレや、クアリャレッラがいい動きを
見せていた。

しかしホームのローマも負けることは許されない。

前半10分にコーナーから後方にいたジュリに渡り、
ゴール前にいたファンと繋いで、ファンがシュート。

これが決まって、まずはローマが先制した!!
しかし喜びはわずか1分だった!!

すぐにウディネーゼも反撃すると、
クアリャレッラの芸術的な反転シュートが
決まって、1−1の同点!!

どうやら打ち合いの様相になりそうだ。

21分には、コーナーからデロッシのヘッドがゴール
ポストぎりぎりに飛ぶが、惜しくもバーの上。

そして前半26分、ジュリの突破からタッディが
今シーズン初の得点となるシュート。

これが決まって、2−1と勝ち越しに成功する。

前半40分、なぜかカセッティに代わってパヌッチ
を投入。最近調子の良いカセッティなだけに
ケガだったら嫌なんだが・・・

そしてあっという間の前半が終了・・・

前線に強力な選手をそろえる両チームだけに、
エキサイティングな内容となった。

だが後半はぐだぐだとなってしまう。

まず審判のカード乱発がひどい。
これによりデロッシが次節出場停止に
なってしまった。

しかしそれ以上に、ウディネーゼは
1回のプレーで、2人が一発レッドで
退場になるという、珍事が起きてしまう・・・

プレーじたいはカードもらっても仕方がない
ものだが、こういう審判なんだから、
選手も気をつけなければいけないだろう・・・

その判定に対して抗議したために、ドッセナ
も退場となってしまう・・・

これ以降、それまで盛り上がっていたプレーも
なんだか、冷めてきてしまい、やる気が
感じられなくなってしまった。

それと前半お互い動きすぎたため、
後半に入って、極端に運動量が落ち、
お互い攻めの形が作れなかった。

こんなとき、トッティでも交代で出場させたら
盛り上がるんだろうけど、堅実なスパレッティ
さんが、やるはずはなく、タイムアップと
なってしまった・・・

2−1でローマが大事な同勝ち点のウディネーゼに
勝利して、1試合少ない状況で、単独2位に浮上した。

セリエA 順位表

1位  インテル      勝ち点31
2位  ローマ       勝ち点28
3位  ユベントス     勝ち点26
4位  ウディネーゼ   勝ち点25
5位  フィオレンティーナ勝ち点24


今季は昨季と違って、優勝争いに絡んでくる
チームが多くておもしろい。

でも最終的には昨季と同じ、インテルと
ローマの争いになるのではないだろうか!!
この2チームが突出しているのは言うまでもない。

それにしても、ミランはどうしちゃった
んでしょうなあ・・・

posted by カザナミ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。