2007年12月17日

CL決勝トーナメント進出チーム決定

A組

ポルト(ポルトガル)
リバプール(イングランド)


B組

チェルシー(イングランド)
シャルケ(ドイツ)


C組

レアルマドリード(スペイン)
オリンピアコス(ギリシャ)


D組

ACミラン(イタリア)
セルティック(スコットランド)


E組

バルセロナ(スペイン)
リヨン(フランス)


F組

マンチェスターユナイテッド(イングランド)
ASローマ(イタリア)


G組

インテルミラノ(イタリア)
フェネルバフチェ(トルコ)


H組

セビージャ(スペイン)
アーセナル(イングランド)


1回戦の組み合わせは、グループリーグ1位と
2位が対戦する。また同グループの対戦はなく、
同じ国のチームとの対戦もない。

つまりアーセナルでいえば、同グループの
セビージャと同国1位のチェルシーやマンUとの
対戦はないことになる。

そうなるとイタリア勢(ミラン・インテル)か
スペイン勢(レアル・バルサ)との対戦の
可能性は高い。

ローマは、同グループのマンUと同国1位の
インテルやミランとの対戦はない。

そうなると、スペイン勢(レアル・バルサ・セビージャ)
か、チェルシーとの対戦の可能性が高いのだ。

さてさて、どうなるのやら、楽しみではある!!
posted by カザナミ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6節 アーセナル対ステアウアブカレスト戦評

グループリーグもこの試合で見納めです。
もう、決勝トーナメント進出は決定している
アーセナル。

しかしここ2戦は1分1敗、プレミアリーグでも
ミドルズブラに敗れるなど、不安な内容が
多い・・・

ここは消化試合といえど、いい形で終わりたい。

中盤のケガ人が多いのが、大きく影響が
出ている。セスク、フラミニ、フレブを欠いては
アーセナルのサッカーはできない。

不調の原因はケガ人の多さもあるだろう。

さて今回のメンバーは、4バックにサニャ、ギャラス
センデロス、トラオレ。ボランチにデニウソン、
ソング。左サイドハーフにディアビ、右にウォルコット。
ツートップにベントナー、ファンペルシー。
キーパーレーマンという布陣。

ずいぶんと久しぶりの名前もあるし、若手も
使ってきた。

レーマンは3ヶ月ぶりくらいになるんでは
ないだろうか・・・カーンのコメントで
試合に出てない選手を代表で使うのはいかが
なものか!?などと言われてましたね。

そして、ファンペルシーである。
1ヵ月半ぶりのケガからの復帰である。

開幕から7試合7発のゴールを決めた男が
帰ってきました!!

またディアビも久しぶりの復帰と、この試合、
久しぶりの選手が名を連ねていました。

また、トラオレ、ベントナー、デニウソン、
ウォルコットなど、まだ10代の選手が多かった
のも、今回のメンバーの特徴である。

果たしてうまくいくのかどうか・・・

しかし不安は開始早々に吹き飛んでしまった。

中央からファンペルシーが矢のようなスルーパスを
出すと、ウォルコットがほぼフリーで受け取り
シュート!!惜しくも外れたがいい動きだった。

ファンペルシーはケガのブランクを感じさせない
動きを見せた。またウォルコットやベントナーも
キレていて、非常に美しいサッカーをしていた。

そして開始8分、ウォルコットに負けてられない
逆サイドのディアビが、サニャからの低いクロスを
思いきり叩き込んで、先制する!!

ディアビは今季、フラミニと並んでもっとも
成長している若手ではないだろうか!!

フラミニはそんなに若くはないが(笑)

さらに後半42分に、ファンペルシーからの
スルーパスに、ベントナーがペナルティエリア内で
受取ると、ワンタッチからシュートを放ち、
これが決まって2−0とする。

前半は完璧だった!!

後半は手を抜かせてもらいますが、1点取られ、
結局2−1で終了となった。

レーマンにとっては、痛い失点となってしまったね。
とりあえず勝てたのは大きい。
これでグループHの最終順位は、


グループH組

1位 セビージャ     勝ち点15
2位 アーセナル     勝ち点13
3位 スラビアプラハ   勝ち点5
4位 ステアウアブカレスト勝ち点1


結局2位フィニッシュとなったアーセナル。
これがどんな影響が出るだろうか!?

posted by カザナミ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。