2007年12月18日

リバプール対マンチェスターユナイテッド戦評

リバプールの本拠地アンフィールドは、マンU戦
ということもあり、お馴染みのリバプールの
応援歌を歌いながら、素晴らしい雰囲気を
作り出していました。

2位マンU、4位リバプール。この両チームの
対戦をナショナルダービーと呼ぶらしい・・・

アーセナル以外のプレミアはあまり見ない
のだが、この試合は外せないでしょう(笑)

アーセナルのときと違って、どちらが勝っても
いいので、気持ち的にゆっくりと楽しめました(笑)

注目のスタメンは、リバプールが4バックに
リーセ、キャラガー、ヒーピア、アルベロア
ボランチにジェラード、マスチェラーノ。
左サイドハーフにキューエル、右にベナユン。
ツートップにカイト、フェルナンドトーレス。
キーパーという布陣。

シャビアロンソが間に合わなかったのが、痛い。
キューエルは久しぶりの復帰です。

対するアウェイ、マンUは、4バックに
エブラ、ペディッチ、ファーディナンド、ブラウン
ボランチに、ハーグリーブス、アンデルソン。
左サイドハーフに、ギグス、右にロナウド。
ツートップに、ルーニー、テベス。
キーパーファンデルサールという布陣。

マンUはルーニー以外は前回のチャンピオンズリーグ
でローマと戦った選手ではないのが、すごい!!

試合は序盤から、ホームのリバプールが、
観客の後押しもあって、ガンガンと攻めてきた。

ベニテスになってから、強くはなったが、あまり
面白いサッカーはしなかったのに、今日は、
素晴らしいサイド攻撃を繰り広げていました!!

対するマンUも、少し様子を見ながら、ペースを
上げたかったのだろうが、相手が攻めてきた
ので、その対応に追われていた。

しかし、徐々にペースを掴むと、テベスが
縦横無尽に走りながら、形を作っていく。

テベスはサハを押しのけて、すっかりルーニーの
相棒となりましたね。今日もいい動きをして
ました。

前線で目立っていたのはこのテベスでしょう。
ロナウドやルーニーは消えていたシーンも
多かっただけに、目立ちましたねえ。

しかしそれ以上にリバプールの攻撃は
素晴らしかった。

ジェラードの大きな精度の高いロングパスや
ベナユンやキューエル、リーセのサイド攻撃、
トーレスのスペースへの走りこみから
チャンスを何度も作っていた。

またマンUのGKファンデルサールの飛び出し
のタイミングが悪く、2度ほどピンチに
なっていたが、辛うじて失点を防いでいた。

ここで点が取れなかったことが大きい。

これで流れがマンUに移った!!

前半43分、ショートコーナーから、中央外から
シュートを打つと、ゴール前にいたテベスが、
それをちょこんと角度を変えて決まり、先制!!

マンUのしたたかなシュートが決まって、
アンフィールドにどよめきが起こる・・・

後半に入ると、より攻撃的に攻め立てる
リバプールに、必死に耐えるマンUという
図式がほぼ、試合終了まで続いた!!

ルーニーやロナウドはあまり目立たないが、
ここというときには、体を張って守ったり、
ボールを前線に運んだりしていた。

マンUで効いていたのは、攻めはテベスだが
守りはファーディナンドが、立ちはだかった!!

トーレスをことごとく、潰していた(笑)

全く前も向けなかったですねえ・・・

あとアンデルソンもすっかり、スコールズの
穴を埋めていた。これでまだ19歳ですからねえ。

なんとなく、東京ヴェルディのディエゴに似て
いるのも、個人的には嬉しい(笑)

リバプールは、バベルやクラウチを入れて、
攻撃的に攻めるが、なかなか決まらない。

ここ最近はマンUに勝てていないという相性の
悪さがもろに出ていた・・・

結局、1−0でアウェイのマンUが貴重な
勝利を収めた!!

リバプールはジェラードをもう少し前目で
使わないと厳しいだろうねえ。

シャビアロンソがいないのも、大きく響いた。

マンUも決して安泰な試合ではないけどね。
特に前半は危ないミスが多かったし、後半も
作戦もあるだろうが、攻め手が少なかった。

でも勝ってしまうから、マンUは不気味なんだよね。
アーセナルの敵は、やっぱりマンUですね・・・
そう感じた試合でした!!

posted by カザナミ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグアウォーズ

昨日Jリーグアウォーズが行われ、
アンフェアなプレーに対する反則金
というのがあったが、J1では得てして
浦和、ガンバ等上位チームは罰金なし
となっている傾向にあった。
(鹿島、川崎は別だけど。)

その中で降格が決まった横浜FCも
なんと罰金無し!
フェアプレーが貫かれていて素晴らしい!!
が、もう少しガツガツ行ってもって気も…


J2では、東京ヴェルディが40万、
モンテディオ山形が100万になっている。
でも、ヴェルディはあと1ポイント、山形は
あと4ポイントでそれぞれ60万、150万に
なってるとこだったんだよね。
(逆に徳島はあと1ポイント低かったら
 50万減になっていた)

特に山形は、たかが50万とは言え、
ファンクラブ90人分くらいになるからなぁー。
正直良かった。
posted by カザナミ at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移籍情報(噂)

昨日のスポーツ報知によると
 ・G大阪が山形のMF佐々木勇人(25)の
  獲得に動いている
 ・神戸FW近藤祐介(23)が来季
  FC東京に復帰有力
 ・神戸が甲府のFW須藤大輔(30)を獲得へ
らしい。


佐々木は、その能力からいっても、いつかは
J1からオファーがあるだろうなぁと思っていたが…
今年は出場機会も減った感があったけど、
やっぱ天皇杯のガンバ戦での活躍から
ガンバに目を付けられたんかなぁ。
大島がマリノスに行ったのも
そのパターンだった気がするし。。。

ただ、ガンバは佐々木を獲る前に、
家長を引きとめないと!!
そっちの方が優先順位上では??


近藤は当時J2だった神戸に移籍した事で、
出場機会が増え、一時は代表候補まで
上り詰めたんだけど、ここにきて東京復帰とは?
確かにレアンドロ、大久保の2トップは鉄板だし、
大分の松橋にも声かけてるみたいだしなぁ。
それに加え、須藤も獲るようだし、
祐介が浮いてしまう可能性が高いからな。

東京としては、和製ビエリ復帰はかなりうれしい!
特にガンバがルーカス獲得を狙ってる様だし。

とにかくここ数日は、移籍情報には目が離せない!!

posted by カザナミ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 移籍・退団情報(Jリーグ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。