2008年01月28日

ローマ対パレルモ戦評

開幕にぶつかった両チームの、今度はホームを
入れ替えてのゲーム。

先日イタリア杯で、ローマで200ゴールを
達成したトッティの表彰が、行われてました。

ローマでは初の快挙だそうです。

そのトッティをワントップに置いた布陣で
今回も挑む。

4バックにカセッティ、メクセス、フェラーリ、
トネット。ボランチにピサロとブリーギ。左サイド
ハーフにマンシーニ、右にタッディ。トップ下に
ペロッタ。キーパーはドニという布陣である。

ペロッタとトッティが入ると、ようやくいつもの
ローマという感じがする。ヴチニッチやジュリも
いいが、やはりトッティとペロッタの方が馴染む。

デロッシが出場停止でいないのが痛い。
ブリーギではなく、アクイラーニを使いたい
ところであるが、ケガがまだ癒えてないのだろう。

いつの間にかローマも層が厚くなったもんだ。

控えに、アクイラーニ、ジュリ、パヌッチ、
シシーニョなどがいるわけだからね。

試合は、ミッコリをターゲットにカウンターを
狙うパレルモに対し、あくまでダイレクトパスで
攻撃展開をするローマという構図。

それにしてもローマの攻撃は多彩だ。
中央からダイレクトパスで崩してみたり、
サイド攻撃を仕掛けてみたり、遠目から
ミドルシュートを放ってみたり・・

しかしなかなかパレルモの牙城は崩せなかった。

得点したのは、後半に入ってからである。

ローマ得意の素早いセットプレーにより、
相手がマークにつく前に、マンシーニが
頭で合わせて、貴重な先制を上げた。

契約問題で何かと騒がしいマンシーニであるが、
この得点には、ローマのサポーターもマンシーニの
大合唱だった(笑)

確執の噂もあったトッティがマンシーニの頭を
ポコポコ叩いて祝福してたのが、印象に残った。

まあもっとも、トッティはマンシーニに対して
悪く思っていないし、ローマに必要な選手と、
コメントしている。

そしてこの貴重な1点を守りきって、ローマが
勝利した!!

セリエAのスクデット争いは、インテルの独走を
唯一止められる可能性のあるローマだけであり、
この勝ちは、スクデット争いを盛り上げる意味でも
大きい勝利である。

そしてインテルはというと、ウディネーゼに引分けた
ため、勝ち点差を5差まで縮めたのである。

まだまだ優勝争いはこれからである!!
 

20試合終了時点

1位 インテル  勝ち点50
2位 ローマ   勝ち点45
3位 ユベントス 勝ち点40

posted by カザナミ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

ローマ対カターニャ戦評

今年初めて、ローマの試合を見た。
前節アタランタ戦は2−1で勝利し、
首位インテルを7差で追っている。

インテルとの差は、これ以上引き離されては
厳しい。もう負けられない。

そんな状況で迎えたカターニャ戦。
今年最初の観戦なのに、なんとトッティが
インフルエンザで欠場・・・

なにやっとんじゃ、トッティは・・・
これで楽しみの一つが消えた。

さらに、ここ評価が急上昇のファンは、
ケガで1ヶ月の長期離脱。パヌッチと
トネットは出場停止。ペロッタも欠場。

久しぶりのローマ戦なのに・・・

さらに、カターニャの森本も膝をケガして
欠場と、楽しみがどんどん減っていって
しまった。

そんなローマのメンバーは4バックに
シシーニョ、フェラーリ、メクセス、カセッティ。
ボランチはデロッシ、ピサロ。
左サイドハーフにマンシーニ、右タッディ。
トップ下にジュリ、トップにヴチニッチ。
キーパードニという布陣。

試合前にカターニャのサポーター3人が、
ナイフで刺され、うち1人は背中を刺され、
重傷となる事件が発生した。

ここ最近は何かと事件が起こるイタリア・・・
もうこういう話しは聞きたくない。

この事件で試合は中止になるかと思ったが、
無事に試合は始まった。

前半20分までは完全にローマが支配していた。
トッティやペロッタがいなくても、おもしろい
サッカーをしていた。

注目はジュリである。もう完全にローマに
フィットしたね。ヴチニッチよりも染まっている
感じがした(笑)

そのジュリが前半10分にもならないうちに、
タッディのバーに当たるシュートの跳ね返りを
詰めてゴールに押し込んで、先制した。

ローマはホームでカターニャに相性がよく、
一度も負けていないとのこと。

しかし、前半何度かあった決定的チャンスを
ものにできずに、逆にカターニャに押し込まれ
デロッシとメクセスがそれぞれイエローを
もらってしまう。

だが、なんとか持ちこたえて1−0で前半終了。

もっとローマに点が入っててもおかしくはない
内容だった。

そして後半だが、ピサロを起点にボールを回し、
サイドからシシーニョやカセッティが上がって
チャンスを作るが、ヴチニッチと合わない・・・

今日のヴチニッチは周りと合っていなかった。
またマンシーニも、決定的なチャンスを
ことごとくキーパーに阻まれてしまう。

そんな中、タッディがペナルティエリア内に
進入したところで、相手ディフェンダーに
つぶされ、それがPKとなった。

それをデロッシが思い切りよく決めて、
どうにか2−0とした。

ヴチニッチやマンシーニやジュリのような存在感は
なかったが、全得点に絡むタッディの働きは
素晴らしい。マンシーニなんていくつもチャンス
を潰したのとは対照的だった(笑)

後半にアクィラーニ、アントウネス、エスポージトが
登場したが、注目はアクィラーニでしょう。

まだ調整しながらの出場だったが、彼の復帰は
嬉しい。早くデロッシとのコンビで、中盤を
構成してもらいたい。

試合は2−0でローマの勝利!!

勝ち点を伸ばすことはできたが、インテルも
勝ったため、差は縮まらなかった。
インテルも負けませんなあ・・・


19試合終了時点

1位 インテル      勝ち点49
2位 ローマ       勝ち点42
3位 ユベントス     勝ち点37
4位 フィオレンティーナ 勝ち点34
5位 ウディネーゼ    勝ち点32

次節のローマはパレルモとの一戦

スカパーではローマ対パレルモ戦
1月28日(日)朝4:20〜6:55 パーフェクトチョイス 180
で放送します。お楽しみに〜
posted by カザナミ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

フルハム対アーセナル戦評

前回悔しい引分となってしまったバーミンガム戦。
これで得失点差で首位を、マンUに明け渡して
しまいました。

ということで、今回は引き分けも許されない
状況となった。

またチェルシーから獲得したディアラは、
出場機会を求めて、ポーツマスに移籍して
しまった。そんなに影響はないから
いいんだけど、来てまだ4ヶ月だよ。

諦めが早すぎる〜
そんなんで代表を目指せるのかと!!

さて今回のメンバーは、4バックに
サニャ、センデロス、ギャラス、クリシー。
ボランチにセスク、フラミニ。
左サイドハーフにロシツキ、右フレブ。
ツートップにダシウバ、アデバヨール。
キーパーアルムニアという布陣。

ダシウバは完全に定着したね。

ゲームは相変わらずポンポンとダイレクトで
パスを繋いでいくアーセナルが、ポゼッションを
高く保ちながら、優勢に進めていく。

ボールが流れるように前へ運ばれていける
チームは、アーセナルしかないでしょう(笑)

そして前半19分、サイドを突破したクリシーの
あげたクロスを、アデバヨールがほぼフリーで
頭で合わせて、先制する。

また前半38分には、今度は右サイドからフレブが
突破し、あげたクロスにまたもやアデバヨール
が頭で合わせて、2−0とする。

後半に入っても、アーセナルの攻撃は手を
ゆるめない。

止めは、ペナルティエリア内で、ダシウバが
突破し、相手数人をひきつけたところから
クロスを上げると、そこにロシツキが
飛び込んできた!!

ボールはロシツキのつま先に当たり、ネットを
揺らした!!これで3−0となる。

ロシツキは本当にいい!!

展開力もあるし、ボールも持てるし、
それでいて、ボールを取られれば、
取り返しにしつこくチェックしたり・・・

そして3−0でアーセナルの完勝!!

しかしマンUも勝ったため、首位奪還には
ならなかった。

ファンペルシーはカーリングカップでまた
ケガしてしまい、全治2週間とのこと・・・

まあ今はダシウバが調子いいので、大きな
ダメージとはなっていないが、チャンピオ
ンズリーグが始まれば、息抜きのできない
戦いが続くので、早く復帰してほしい。

23試合終了時点

1位 マンチェスターユナイテッド 勝ち点54
2位 アーセナル             勝ち点54
3位 チェルシー             勝ち点50
4位 エバートン              勝ち点42
5位 マンチェスターシティ      勝ち点40

勝ち点では並んでいるが、得失点差が6差があるのが
痛いなあ〜

次節のアーセナルはニューカッスルとの一戦

スカパーではアーセナル対ニューカッスル戦
1月30日(水)朝4:39〜7:15 Jスポーツプラス 308
NHK-BS1では2月2日(土)0:10〜2:00
で放送します。お楽しみに〜

posted by カザナミ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

2007ベストイレブン アーセナル、ローマから選出0

インターネット・サイト『Uefa.com』で、2007年の
ベスト・イレブンを選出するファン投票が行なわれた。

以下が選出選手。

GK:イケル・カシージャス(レアル・マドリード)
DF:ダニエル・アウベス(セビージャ)、
     アレッサンドロ・ネスタ(ミラン)、
     ジョン・テリー(チェルシー)、
     エリック・アビダル(バルセロナ)
MF:クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)、
     スティーブン・ジェラード(リバプール)、
     カカー(ミラン)、
     セドルフ(ミラン)
FW:ズラタン・イブラヒモビッチ(インテル)、
     ディディエ・ドログバ(チェルシー)

監督:アレックス・ファーガソン(マンチェスター・U)


こういうファン投票で選ぶのは、だいたいレアル・バルサと
ミラン・インテルから選ばれることが多い。

メッシが外れたのは意外だが、それにしても
なぜ、アーセナルから誰も選ばれないのかなあ・・・

セスクやロシツキやトゥレやフレブあたりは選ばれても
おかしくない活躍だったと思うけどね。

ローマなんてかすりもしない・・・

ローマだってトッティやデロッシ、渋いところではピサロ
あたりだって、活躍してるんだけどねえ。

やはり在籍しているチームの影響は大きいんだろうね。
ちょっと残念な結果でした・・・
posted by カザナミ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

アーセナルVSバーミンガム戦評

元旦以来のゲームに、ワクワクしながら
見させてもらいました。

やっぱりサッカーはおもしろい!!
特にアーセナルは(笑)

今回はアフリカネイションズカップの開催の
関係で、アフリカの選手が1月はいなくなって
しまう。

アーセナルはトゥレ、エブエ、ソングがいない。

これは少し影響が出そうではあるが、そんなに
心配するほどではないでしょう。

さて、メンバーは4バックにサニャ、センデロス
ギャラス、クリシー。ボランチにセスク、フラミニ。
左サイドハーフにフレブ、右ウォルコット。
ツートップにアデバヨール、ダシウバ。
キーパーアルムニアという布陣。

ここ3試合連続で得点しているダシウバは注目です。

彼がここにきてアーセナルにフィットしてきてる。
クロアチアリーグ得点王で、アンリの代わりに
移籍してきた、期待の選手だ。

そのダシウバは、前半21分に、早速ペナルティエリア
内でボールを受けると、前を向いてシュート体勢に
入った。

そこで後ろからタックルを受け、PKをゲットする。
蹴ったのはアデバヨールでシュートも決まったが、
ダシウバのおかげだろうね。

ボールはほとんどバーミンガム側で行われ、ギャラス
なんて、画面にほとんど出ていませんでした(笑)

アーセナルは、少しバタバタした時間帯もあったが、
素晴らしいパスワークで、ワンタッチできれいに
繋いでいた。

ウォルコットも、先輩に遠慮することなく、
ガンガン前を向き、テクニックでボールを前へと
運んでいく。

彼には小さくまとまってほしくないなあ。
まだ18歳だし、思い切ったプレーをしてほしい。

そして前半終了・・・

そういえばベッカムが、息子と試合を見に来てました。
彼は今、アーセナルで練習しているからでしょう。
久しぶりに見たけど、またボーズ頭にしてるのね。

さて後半ですが、打って変わって、いきなりピンチ
となるアーセナル。

コーナーキックからなんと同点ゴールを奪われる。

アーセナルの弱点でもある横からの攻撃・・・
アデバヨールは頭をすくめてたら、守れませんよ・・・

その後、パワープレイに走るも、点が奪えない・・・
バーミンガムの守備に、アーセナルの良さが消えて
ました。

ホームでバーミンガムに引分はまずいでしょう。
交代選手も、ベントナー、ディアビと入れるが、
なかなか点に結びつかない・・・

固い鍵をかけられたバーミンガムディフェンダー陣に
最後の最後までかけられて、試合終了・・・

1−1のドロー・・・

シュートはバーミンガムはたったの2本に対し、
アーセナルは17本・・・でも引分けは引分け・・・

もう今日は・・・こればかり・・・

トゥレとエブエの欠員と、ロシツキの不在の影響は
大きいかも・・・

ここは踏ん張って、なんとか踏ん張って、とにかく
踏ん張ってほしいもんである(笑)

posted by カザナミ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

揺れるローマ、マンシーニ移籍問題!!

冬のメルカートにおける注目株の1人で、欧州各地の
ビッグクラブから獲得を狙われているローマMF
アマンティーノ・マンシーニ。だが同選手本人は交渉に
関するいかなるコメントも控え、ローマへの忠誠を誓っている。


同選手は、契約延長の実現に多少の問題を抱えている
と認めながらも、自身の希望を明確にしている。

「起こり得る事だけど、残念ながら延長の合意に達せていない。
でも、僕らはサイド会談するだろう。僕の願いは残留だ」


マンシーニはローマにはなくてはならない存在だ。
絶対出て行ってほしくないのだが、この移籍か残留かの
問題も、ずいぶん長いこと、やってますなあ・・・

早くすっきりと、残留を決めてくれ、マンシーニよ!!
posted by カザナミ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーマン、一転アーセナル残留!?

アーセナルGKイェンス・レーマンは、ドルトムントへの
移籍を断ったようだ。

同選手はドイツ代表としてユーロ2008に出場するため、
出場機会を求めて新天地を探していた。

しかし、契約条件に納得できなかったようで、
今回の話は破談に終わっている。

あれ・・ドルトムント断ったんですね。
契約条件が合わないって、ユーロに出場するには、
多少のことは目をつぶらないとと思うけど・・

よっぽど条件が悪かったのかな!!
posted by カザナミ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

ジウベルトシウバは残留、ディアラは移籍!?

アーセナルの二人の控えの大物が、
全く逆の結論に達しようとしてますね。

今季控えにいることの多い二人だが、
ジウベルトシウバは、アーセナルで
ポジション争いすると、コメントした
ようだ。

また今季チェルシーから移籍してきた
フランス代表ディアラは、使われない
ことに不満を持ち、ニューカッスルへ
移籍する可能性が高いとのこと。

どっちの気持ちも分かるけど、今の
調子のいいアーセナルなだけに、
出番は少ないかもね。

それなのに残留を明言したシウバには
嬉しい限りだ!!

posted by カザナミ at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

アーセナルGKレーマン、ドルトムント移籍か?

ドイツ紙『ビルト』の報道によれば、アーセナルGKイェンス・
レーマンのドイツ復帰が決定する目前のようだ。
 行き先は古巣のドルトムントになる模様。同クラブの
スポーツディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏の
コメントが『ビルト』に掲載された。

ついに決めたようですね。

アーセナルとしては、残念だけど、これだけ実績の
あるキーパーが、ずっと控えにいることは
できないでしょう。ユーロもあるしね。

これでアーセナルのベテランと呼ばれる選手も
ジウベルト・シウバだけになってしまった・・・

posted by カザナミ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

トッティ、引退までローマ!!

サッカー・セリエAの名門ローマの主将フランシスコ・トッティが
1月中に、2010年までの現行契約を2012年末まで延長する
――2日付のスポーツ専門紙コリエレ・デロ・スポルトが報じた。

トッティは現在31歳で、最近になって35歳まで現役でプレーを
続けたいと話したとも報じられており、契約延長はローマで選手
生活を終える決心をしたことを意味する。

同紙によると、トッティは昨年のクリスマスにクラブのオーナーと
会談し、契約延長で合意したという。


まあ、一生ローマでやるだろうなあとは、思っていたけど、
改めて契約延長すると、実感が湧きますね。
しかも2012年とあと5年もトッティが見られる!!

つい先日までマンシーニがミランへ移籍濃厚とか、
ローマにあまりいいニュースがなかっただけに、これは
嬉しいニュースでした!!
posted by カザナミ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

新年初ゲーム アーセナルVSウエストハム

新年からリーグ戦が見られるのは、嬉しい!!
日本には天皇杯というのがあるが、それは決勝に
進出した2チームのみ。

プレミアリーグは元日も、普通に試合があるという
特殊なリーグだが、見る側からすると嬉しい限り
である!!

さて、ウエストハムは前節、首位マンUに逆転勝ち
して調子が上向きである。

しかも昨季アーセナルのホームで唯一黒星をつけて
いるという相性の良さもある。

アーセナルとしては、やっかいな相手である。
しかも昨季までチームメイトだったリュングベリの
存在も嫌だしねえ・・・

さてアーセナルのメンバーは、4バックに、ホイト
トゥレ、ギャラス、クリシー。ボランチにセスク、
フラミニ。左サイドハーフにロシツキ、右にエブエ。
ツートップにダシウバ、アデバヨール。キーパー
アルムニアという布陣。

サニャ、フレブはお休みというところでしょう・・・

試合は、なんと立ち上がり1分に、中盤からロシツキが
前を走るセスクに、スルーパスを送り、セスクが、
中央フリーでいたダシウバにクロスを上げると、
ダシウバは胸トラップからきれいにゴールネットを
揺らし、あっさりと先制する!!

アーセナルらしいきれいなゴールでした!!

これでアーセナルはかなり楽になったでしょう・・・

それにしてもペナルティエリア内のダシウバの、決定力は
半端じゃないな・・・

さらに後半17分には、クリシーからのロングパスに
アデバヨールが反応し、ワンタッチでキーパーをも抜くと
難しい角度から、ゴールを決めて、2−0とした!!

前節からこのロングパスを多用するようになり、しかも
それが点に結びついているのは、パスでつなぐだけの
アーセナルにとって、大きな武器になるのではないだろうか!

欲を言えば、ここで終わらずもっと点が取れるはずだった。
結果は2−0でアーセナルの勝利!!

でもまあ、贅沢はいえんでしょ・・・

アーセナルはカップ戦も勝ち進んでいて、週2試合ペースで
こなしているわけです・・・疲れも当然あるでしょう。

その中で、2−0で勝ったんだから、完勝といっていいのでは
ないだろうか!!

個人的にはロシツキが素晴らしいと思う。

狭いスペースを見つけては正確なパスを送り、そうかと思えば
スペースに飛び出して、チャンスを作る。

そして献身的な守備もする・・・

ロシツキ自身もコメントしてたが、今、すごくサッカーが
楽しいようで、アーセナルの水が合っているようです。

でもロシツキじゃなくても、あれだけきれいに、正確にパスが
つながれば、そりゃ楽しいだろうなあ(笑)

これで上位4チームの勝敗表は、

1位 アーセナル           勝ち点50         
2位 マンチェスターユナイテッド 勝ち点48
3位 チェルシー           勝ち点44
4位 リバプール           勝ち点37
*リバプールは2試合少ない

しかしマンUはしぶといなあ!!
posted by カザナミ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。