2008年04月02日

CL準々決勝 ローマ対マンチェスターユナイテッド戦評

1年の間に違う国のリーグに属したチームが、
6回も戦うことになるなんて、もしかしたら
初のことではないだろうか!!

ここまで4戦戦って、ローマの1勝2敗1分けという
結果だが、ローマはホームではマンUに負けていない。

だからこの第1レグは、何としても分のいいローマ
としては、勝っておきたいところ。

なのに、この大事な一戦に、トッティとペロッタが
いない。

注目のローマのメンバーは、4バックに
カッセティ、メクセス、パヌッチ、トネット。
ボランチにピサロとデロッシ。右サイドハーフに
タッディ、左にマンシーニ。トップ下に
アクィラーニ。トップにヴチニッチ。
キーパードニという布陣。

ここで不安なのは、トップ下のアクィラーニである。

楽しみな面もあるが、何もこの大事な場面で
慣れないポジションで、プレーさせていいのか?
という疑問を感じた。

そしてマンチェスターユナイテッドは、4バックに
エブラ、ファーディナンド、ブラウン、ビディッチ。
ボランチに、キャリック、スコールズ。
右サイドハーフにパクチソン、左にルーニー。
トップ下にアンデルソン。トップにクリスチアーノ
ロナウド。キーパーファンデルサールという布陣。

ゲームは序盤は大人しい立ち上がりで、マンUは
ボールをゆっくり回し、様子を伺うアウェイな
立ち上がりを見せ、ローマもいつものような
両サイドバックが上がらず、攻撃に迫力の
なさを感じた。


ボールはややローマが支配していたが、あまり怖くは
ない持ち方だった。

アクィラーニはトップ下なのに、いつもの癖なのか
あまり前線で顔を出すこともなく、右サイドの
タッディは、逆の動きをしてしまい、ボールを
取られることも多かった。

攻撃として機能していたのは、マンシーニと
ヴチニッチの左サイドのところだけであった。

そこでチャンスを作ってもクロスを送っても、
中に入り込んでくる選手がいない・・・

本来ならアクィラーニやタッディが詰めなければ
ならないのに、そういう動きはなかった。

そういう状況では、アクィラーニのトップ下は、
期待できないと思う。

一方のマンUはというと、ローマほど前へ運ぶ
ことが少ないが、運んだときは、怖さを感じた。

そして前半39分、ゴール前でルーニーがサイドに
いたスコールズにパス。スコールズは、ゴール前に
クロスを上げると、どこからやってきたのか、
物凄い勢いでゴール前に飛び込んできた
Cロナウドが頭で押し込んで、アウェイのマンUが
先制する!!

それにしても、物凄い迫力でした(笑)

これでローマはまたしてもレアル戦同様に、
先制され、追う展開に・・・

そして前半は、1−0のまま後半に突入・・・

僕は点を取らなければならないローマが、
何か仕掛けてくるのかと思ったが、なんと
交代はなし。

だが、前半よりは前への意識が強くなったローマが
トネットやカッセティの両サイドも上がって、
ようやくローマらしいサッカーを始めた。


まず、デロッシからのゴール前やや左にパスすると
ヴチニッチが足で落として、そこにトネットが
走りこんでのシュートは、惜しくも枠の外・・・

またロングスローから、マンシーニが頭ですらして、
そこに、パヌッチが頭で合わせてシュートを放つが
これもバーの上・・・

後半15分には、ヴチニッチと途中交代で入ったジュリで
右サイドを崩し、最後、ジュリがキーパーの前にパスを
送り、アクィラーニが走りこむも、これはキーパー
にキャッチされてしまう・・・

さらに後半17分には、コーナーキックから
パヌッチがヘディングシュート!!

決まったかに見えたが、キーパーが好セーブし、
弾いた場所にメクセスがいたが、辛うじてディフェンスが
足先でボールの角度を変え、凌ぎきられてしまった・・・


ローマも、かなり多くのチャンスを作ったが、
得点ができない。

そんなローマとは対照的にマンUはアーリークロスを
粘ってパクチソンが頭で折り返し、そこにもつれながら
もルーニーが決めてアウェイながら、0−2とした!!

このへんが、経験の差とでもいうのだろうか・・・
でもロナウドやルーニーなんか、若いんですよ!!

ローマの選手となんら変わらないんですけどね・・・

その後、エスポージトを入れるも、流れを変える
こともできず、0−2でタイムアップとなった。

完全に力負けですね。

でもローマが勝てない相手ではないと思う。
今日は、マンUにはルーニーとCロナウドがいたが、
ローマにはトッティとペロッタがいなかった。

この2人がいれば、また結果は違ったと思う。

それにしても今日のスパレッティ采配には
疑問がたくさんある・・・

まずスタメンだが、ローマはホームで勝つ必要が
あった。相性的にもアウェイに勝つのは難しい。

ましてやトッティがいないとなれば、たくさんの
攻撃のバリエーションを作る必要がある。

それには、シシーニョを使うべきだと思う。

シシーニョとトネットの両サイドバックで、最初から
点を取りに行くサッカーをして欲しかった。

それとアクィラーニのトップ下起用???

僕は比較的ローマの試合は見ているけども、
アクィラーニのトップ下というのは初めて
見ました!!

もしやったことがあるにしても、あまりやらない
スタイルで、この大一番にのぞむことが
あるんだろうか!?

ジュリでよかったんじゃないかと思う。

それから交代のタイミングにも疑問が残った。

ホームで1点負けているのに、なぜ後半の頭から
機能していないアクィラーニやタッディに
代えて、シシーニョとジュリを入れなかったのか?

交代もトネットではなく、カッセティだと思うし、
何かこう、全てにおいて消極的に見えた。

まあでも、終わってしまったものは仕方がない。
まだ敗退が決まったわけではない。

次節アウェイのマンU戦に、3−0で勝てば
いいのだから・・・

それには絶対、トッティの存在は不可欠になる。
是非とも、間に合ってもらいたいものである!!


他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CL準々決勝 ローマ対マンチェスターユナイテッド戦速報

ローマ対マンチェスターユナイテッド


ローマ先発メンバー

            ヴチニッチ

   マンシーニ  アクィラーニ   タッディ


        ピサロ      デロッシ

 トネット                  カッセティ
        パヌッチ   メクセス


             ドニ



マンチェスターユナイテッド先発メンバー

          Cロナウド

   ルーニー         パクチソン

     アンデルソン  スコールズ

           キャリック     

 エブラ                      ブラウン
        ビディッチ    ファーディナンド   


           ファンデルサール

選手交代

ヴィディッチ→オシェイ(マンU)
アンデルソン→ハーグリーブス(マンU)
タッディ→ジュリ(ローマ)
トネット→シシーニョ(ローマ)
アクィラーニ→エスポージト(ローマ)
ルーニー→テベス(マンU)




イエローカード

アンデルソン(マンU)
ピサロ(ローマ)
メクセス(ローマ)


得点

前半39分 Cロナウド(マンU)
後半21分 ルーニー(マンU)


ローマ 0 − 2 マンU

posted by カザナミ at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。