2008年04月28日

東京ヴェルディ対名古屋グランパス戦評

前々節の東京ダービーに逆転負けを喫し、おまけに
フッキも3試合出場停止となり、前節柏には、1−5と
大敗を喫してしまい、暗雲立ち込める状況と追い
込まれてしまったヴェルディ・・・

そんな次の対戦相手は、今6連勝で絶好調の
首位名古屋グランパスをホームに迎えての一戦。

両チームのメンバーは以下のとおり。

東京ヴェルディ                                 名古屋グランパス

GK1土肥 洋一先発GK1楢崎 正剛
DF4和田 拓三DF30竹内 彬
DF5那須 大亮DF3バヤリッツァ
DF17土屋 征夫DF34吉田 麻也
DF22服部 年宏DF6阿部 翔平
MF23福西 崇史MF29小川 佳純
MF6菅原 智MF7中村 直志
MF11大野 敏隆MF14吉村 圭司
MF10ディエゴMF8マギヌン
FW16飯尾 一慶FW11玉田 圭司
FW7レアンドロFW9ヨンセン


名古屋はメンバーは変わらず、逆にヴェルディは
システムを少しいじってきた布陣となった。

今までワントップの4−2−3−1としてきたが
今回はツートップの4−4−2と変えてきたのだ。

中盤はダイヤモンド型だが、恐らく3ボランチ
にして名古屋のサイド攻撃を封じ込めるシステムに
したのだと思う。

作戦は成功したといっていいだろう。
雨でピッチがスリッピーなこともあるが、名古屋の
サイド攻撃は抑えていたと思う。

ボールを動かして、チャンスを作っていたのもヴェルディ
の方が多かったように思うが、どちらも決定的な
ところまではいかずに前半を終えた。

一度だけ、雨の影響でフリーで名古屋の玉田に縦パスが
きれいに渡ってしまったピンチがあったが、ボールを
効き足に切り替えている間に、那須がスライディングで
ピンチを防いだところは冷や冷やもんでした(笑)

しかし名古屋からすれば、あれは玉田に決めて欲し
かっただろうなあ・・・

そして後半・・・少し前がかりで攻めてきた
名古屋に対し、ボールを奪ってサイドから
攻撃を仕掛け、福西から中央にいたディエゴへ
渡る。

ディエゴは前線のレアンドロに縦パスを送るが、
跳ね返され、またボールは巡ってディエゴの所に・・・

今度は左サイドにボールを送ると、服部が中央に
アーリークロスを送ると、それがディエゴの足元に
きれいに渡った。

ディエゴはワントラップしてから、ゴール左サイド
ネットに丁寧に決めて、なんとヴェルディが先制する!!

このときのディエゴのくしゃくしゃの顔は、これまでの
悔しさを晴らしてのものだろう・・・

ディエゴからはチームに対する愛を感じる・・・

しかしここからピクシーは、3戦連続得点中の杉本を
入れて、攻撃を開始する・・・

でもヴェルディの守備陣は安定していた。

守備的ボランチの菅原の影響も大きかった。

攻撃的な交代をした名古屋に対してヴェルディも
飯尾に代えて河野という攻撃的な交代をする。

この采配が当たり、サイドから攻撃を仕掛け、
レアンドロが倒されてファールになると、リスタートから
和田が中央に放り込むと、それに反応した河野が
165センチしかない河野が頭で押し込んで2−0とした!!

今日のヴェルディは守備が終始安定していたと思う。

大野と菅原を入れての福西との3ボランチがきちんと
機能していたのが良かった。

しかし福西は今日イエローもらってしまい、次節が出場停止
になってしまった・・・

ここまで必ず得点していた名古屋も、この日のヴェルディ
の守備陣からは、得点を奪うことはできず、そして
初の黒星をつけられたのである・・・

しかしヴェルディというチームは分からないチームである。

不調の柏に1−5で大敗したかと思えば、絶好調の
名古屋相手に2−0で完封勝利をしてしまう・・・

しかし波のあるチームは強いのかというと、強くはない。
安定した力を見せてこそ、強豪といわれるのである。

そうなるためには連勝が必要となる。

中2日での次節新潟戦でも、このような安定した戦いが
できれば、ヴェルディは徐々にだが必ず強くなる。

次節からフッキも復帰するし、今後が非常に楽しみである・・・
posted by カザナミ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヴェルディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさに死闘!チェルシー対マンU戦評

同チームのファンならずとも注目したい一戦です!!

そしてこの両チームは、チャンピオンズリーグ準決勝
第2レグを控えている・・・

すごく難しいなかで迎えた首位争いの直接対決!!

ここでマンUが勝てば、得失点差もあるが、ほぼ優勝!!
だがチェルシーが勝てば、勝ち点81で並びます。

そんな両雄のメンバーは、ホームチェルシーが
4バックにAコール、テリー、リカルド・カルバーリョ。
パウロ・フェレイラ。中盤ボランチに、マケレレ、
バラック、ミケル。ウイング左にカルー、右にジョーコール。
ワントップにドログバ、キーパーツェフという布陣。

そしてマンUのメンバーは4バックに、
ロズ・ブラウン、リオ・ファーディナンド、ヴィディッチ、
シルベストル。中盤ボランチにキャリック、フレッチャー、
アンデルソン。ウイング左にナニ、右にギグス。
ワントップにルーニー。キーパーファンデルサール
という布陣。

温存の高さからいったら、Cロナウド、エブラ、
ハーグリーブスなどを温存したマンUの方が
この試合の位置づけをよく表していると思う。

逆にチェルシーはそんなこといってられない!!
ランパードは母親の死去でいなかったが、あとはほぼ
ベストな布陣だ。

試合は序盤から激しい戦いが繰り広げられた!!

特にチェルシーのスピードある攻撃は、迫力を感じた。

サイドからジョーコールやカルーが流れて、中央の
バラックやエッシェンにクロスを送る。

また前線で張るドログバに、縦パス一本で勝負に
出る!!

ドログバも、リバプール戦のときのような、すぐ
倒れてしまうのではなく、体を張ってマイボール
にしていた。

マンUはナニが独りよがりなプレーをしてみたり、
ボールを持てる選手が少なく、サイドからの攻撃も
なく、ただチェルシーの攻撃を耐えているような
展開となっていた。

その波状攻撃に、マンUの守備の要、ヴィディッチが、
負傷してしまい、なんと途中交代となってしまう。

温存していたハーグリーブスを使わなくてはならない
のは、ファーガソンにとっては大きな痛手であろう。

そして試合はあっという間に前半が終わろうとして
いたとき、サイドからのクロスに、フリーでいた
バラックの、ドンピシャのヘディングシュートが
決まり、ホームチェルシーが先制した!!

スタンフォードブリッジは、歓喜に包まれ、その中を
バラックは誇らしげにユニフォームを脱いで、
歓声に応えていた!!

そして他の仲間たちはランパードのユニフォームを
掲げて喜びを表していた!!

いい時間帯での得点だったので、後半がまるまる
あるとはいえ、これですんなり終わると思っていました!!

しかし後半に入ると、前半以上に試合は激しさを増し、
見る側にとっては、面白いゲームになっていった!!

ここまで劣勢に追い込まれながらも、それでもマンUは
冷静だった。ルーニーは冷静だった・・・

ここまで体を張って守ってきたチェルシーの
リカルド・カルバーリョが、セットプレイから、
集中力を欠いてしまい、パスされたボールに反応
できず、ルーニーに奪われてしまう。

ルーニーはその一瞬のスキをキチッとものにして
シュートを放つと、チェルシーのゴールを突き破り
貴重な同点ゴールとなる!!

勝利の女神はどちらに微笑みかけるか全く分からない。
まさにお互いが女神の微笑みを手繰り寄せる
展開となる。

それでも気落ちしないで攻めたチェルシー・・・

試合経過とともに、激しさもエスカレートし、
敵同士ならともかく、味方同士でも言い争う
シーンがありました(笑)

ルーニーはわき腹を痛めていたが、ついには動けなく
なり、Cロナウドと交代する。

こんな豪華な交代があるのだろうか(笑)

チェルシーも勝たなければならないため、アネルカや
シェフチェンコまで投入して、勝ち越しを狙う。

その強い思いが通じたのか、後半41分になんと
PKをゲットすることに成功する!!

蹴るのはこの日、得点しているバラック!!

この大事な局面でのPK・・・僕はここ最近そんな
大事な局面でのPKを4回見ている。

一つはチャンピオンズリーグ準々決勝マンU対ローマの
デロッシのPK・・・オールドトラフォードで、追撃体制
が整う大事なPKをデロッシは、外してしまう・・・

次が、同じくチャンピオンズリーグ準々決勝リバプール対
アーセナルのジェラードのPK・・・アンフィールドで、
これを決めれば、準決勝進出という大事なPKを、
見事に決めた!!

そして次に、プレミアリーグでのマンU対アーセナルの
CロナウドのPK・・・オールドトラフォードでのPKを
ここで決めれば、3強争いが2強になるという大事なPKを、
見事に決めた!!

そして最後が、前回のチャンピオンズリーグ準決勝の
バルセロナ対マンUのCロナウドのPK・・・カンプ
ノウでのPKを決めれば、貴重なアウェイゴールを取れる
という大事なPKを、外した!!

この4つの大事なPKを振り返ると、ホームでのPKは
100%成功しているが、逆にアウェイでのPKは
100%外しているということ・・・

つまりはバラックのPKは成功するということである。

その通りこの重圧のかかるPKをバラックが見事に
決めて、勝利に大きく前進した!!

ここから残りの時間を、フォアードも含め全員で守った。
シェフチェンコも点は取れなかったが、ゴール前で
体を張って、ゴールを死守した!!

そして2−1でタイムアップ!!

チェルシーがこの大事な大事な試合で、見事
勝利して、勝ち点差でマンUに並んだのである!!

得失点差で辛うじて首位をキープしているマンUだが
追われるもののプレッシャーは計り知れない・・・

残り2試合、どういう結果が待ち受けているのか、
今後の展開が非常に楽しみになってきました!!

アーセナルもがんばれ(笑)

36試合終了時点

1位 マンU     勝ち点81
2位 チェルシー  勝ち点81
3位 アーセナル  勝ち点74
4位 リバプール  勝ち点70
5位 エバートン   勝ち点62


他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうなる、CL マンU対バルサ戦予測

ローマもアーセナルも負けてしまった僕としては、
あとは残されたチャンピオンズリーグを楽しみたい
ということ(笑)

とにかくプレミア勢の調子がいい!!

しかし決勝戦は、同リーグのカードは避けたいところ・・・

それは僕の勝手なイメージだが、手の内を知り尽くして
いるチーム同士の決勝戦は、点が入らない印象がある。

02-03のミラン対ユベントスなんかいい例であるが、
勝敗は結局PKだった。

イングランドで毎年開催されるFAカップの決勝も、
点が入らない試合が多い印象がある。

つまり決勝は、勝ちたいという気持ちよりも、
負けたくない気持ちの方が強く、戦術的にも、
手の内を知っているため、それが守備に生かされて
しまう印象がある。

なので、マンUファンには申し訳ないけど、
僕はバルサに決勝に行ってもらいたい!!

先におこなわれたカンプノウでの第1レグを0−0で
終えたことは、バルサにとって不利だともいえる。

その見方は正しいし、実際僕もその時点では、マンU
が決勝進出するものと考えていた。

しかし、週末に行われたスタンフォードブリッジの
チェルシー戦を見たとき、その考えが変わった。

そのときのマンUの選手たちの疲労感を感じたのだ。

ファーガソンもその辺を考慮して、Cロナウドなど
メンバーから外してはいたが、明らかにパフォーマンスは
落ちていた。

しかもディフェンダーの要のヴィディッチを負傷交代し、
ルーニーもわき腹を負傷し交代していた・・・

そしてこの激しい試合を、敗戦したことによるメンタル的な
部分も、微妙に影響するように思う。

第1レグのバルサ戦、そしてチェルシー戦の内容を
見る限り、一時の勢いはなくなっている。

オールドトラフォードといえど、バルサにチャンスは
あると思う。そしてバルサには、アンリという切り札も
持っている。

アンリはオールドトラフォードをよく知っている。
むしろカンプノウより、知っているでしょう(笑)

二束のわらじを履くことのないバルサは、ここに全力を
注ぐことができる。

アウェイとはいえ、1−1でもいいわけで、僕はバルサが
有利と見ている。

まあどうなるか、楽しみである!!


他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうなる、CLチェルシー対リバプール戦予測

リバプールのリーセのオウンゴールは、どのくらい
リバプールの選手たちにとって、ダメージがあるか?

このメンタルな部分が、大きく勝敗に左右される
ことはあるでしょう!!

ホームを1−0で終えるのと、1−1で終えるのでは、
全く違うのだから・・・

運というものがあるのなら、それは明らかに
チェルシーに向いているだろう。

アーセナルを応援している僕個人が思うには、
リバプールばかりが決勝に行くのは、あまりにも
面白くない・・・ここはチェルシーに初の決勝
進出をしてほしい・・・

さて試合のみどころは、第1レグでは、リバプールの
良い面だけが引き出される試合となった。

アンフィールドで行われたこともあるが、あまりにも
チェルシーの連携のなさに、大丈夫!?と
思えずにはいられない内容だった。

しかし週末のマンUとの大一番では、素晴らしい
プレーを見せていたので、問題なさそうに思う。

特にドログバの好不調がカギを握るでしょう。

守備はもともと悪くない。第1レグで出場できなかった
エッシェンも戻ってくるし、マンU戦でいなかった
ランパードも戻ってくるので、万全だ。

あとは不調のマルダなどを使わずに、調子のいい
選手をここにぶつけていけば、ホームスタンフォード
ブリッジという利点も合わせて、かなりの確率で
チェルシーが勝利するのではないかと予想する。

リバプールは、Fトーレスが、チェルシーのディフェン
ス陣にかなりこづかれていたのが気になる(笑)

内容的には引き分けはしたが、第1レグのような
戦い方ができれば、もしかしたら、もしかするかも
しれないですね!!

アーセナルファンであっても、この試合は
注目です!!

他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。