2006年09月20日

ユベントス情報!

欧州サッカー情報いろいろ
 
トレゼゲ、無理やりユーベ残留を告させられた!!

ユベントスFWトレゼゲが、不正問題の処分でセリエBに
降格したチームに無理やり残留させられたと告白した。

フランス紙レキップに語ったもので、デシャン監督から半ば
強制的に残るよう通告されたという。

監督に『お前はここに残ることになる』と言われたそうです。

同じフランスの先輩でもあるデシャンに言われたら、
仕方がないのかなあ・・・

さて、そのユベントスだが、ようやくセリエBで初勝利を
収めることが出来た!!

開始直後こそやや苦しんだものの、すぐにユベントスが試合の
主導権を握った。それでもなかなかゴールは生まれず、ようやく
均衡が破れたのは前半45分。

キエッリーニが左サイドから上げた低いクロスにトレゼゲが
得意の形で合わせ、ゴールのすぐ前からボールを押し込んだ。


後半に入り、53分にはデルピエロがFKを直接決めて2点目。
これで試合は決まったかに見えたが、奮起したビチェンツァは
59分に1点を返した。

だが、そのままなんとか逃げ切り2対1で勝利を掴んだ・・・
 
posted by カザナミ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24028061

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。