2006年11月07日

06-07プレミア第10節 ウエストハム対アーセナル レポート

ウェストハム
 No選手名IN
 GK13グリーン先発
 DF3コンチェスキ先発
 DF4ガビアドン先発
 DF5ファーディナンド先発
 DF6⇒マッカートニー(45)
 DF17マリンズ先発
 DF18スペクター先発
 MF15ベン・アユン先発
 MF20レオ・コーカー先発
 MF29ボウヤー先発
 FW8⇒シェリンガム(63)
 FW11エセリングトン先発
 FW25ザモラ先発
 FW10⇒ヘアウッド(63)
アーセナル
 No選手名IN
 GK1レーマン先発
 DF5K・トゥレ先発
 DF10ガラス先発
 DF22グリシ先発
 DF31ホイト先発
 MF16⇒フラミニ(76)
 MF4ファブレガス先発
 MF7ロシツキー先発
 MF13フレブ先発
 DF27⇒エブーエ(71)
 MF19シルヴァ先発
 FW11ファン・ペルシー先発
 FW25⇒アデバヨル(62)
 FW14アンリ先発
 
 
アーセナルのあのグダグダ感はどうしたもんか!
 

今日の選手のコンディションはあきらかに悪い。
一人一人の反応が遅く、パスミスも目立った。


なにしろ、ここ最近、攻めるが点が入らないゲームが
続いている・・・

 

見ていて、苛立たしいと思うのは自分だけ
だろうか・・・

 

こういうときは、アンリ頼みなんだが、どうも
動きが悪い。


ロシツキの決定的なシュートも枠をはずれる・・・
ツキもないように感じた。

 

そんな、ダラダラと進んだ試合の流れとともに、
スタジアムが異様な雰囲気に包まれていく・・・


ロンドンダービーなのだから無理もないが・・・

そして試合も後半の終わり近くに、なんと
ウェストハムに得点が生まれた。

 

アーセナルの守備陣は、明らかにおかしかった。
集中力を欠いていたし、GKレーマンも同じだ。

 
これでまた、1試合少ないとはいえ、勝ち点18の5位。
首位マンUとは勝ち点差で10開いてしまった。
 
これ以上はもう、離されてはならないだろう・・・
 
posted by カザナミ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26977031

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。