2006年11月09日

06-07欧州CL第4節 アーセナル対CSKAモスクワ レポート

 
アーセナル
 No選手名IN
 GK1レーマン先発
 DF5K・トゥレ先発
 DF10ガラス先発
 DF22グリシ先発
 DF31ホイト先発
 MF4ファブレガス先発
 MF16⇒フラミニ(89)
 MF7ロシツキー先発
 MF11ファン・ペルシー先発
 FW30⇒アリアディエール(82)
 MF13フレブ先発
 FW32⇒ウォルコット(71)
 MF19シルヴァ先発
 FW14アンリ先発
CSKAモスクワ
 No選手名IN
 GK35アキンフェイフ先発
 DF4イグナシェヴィッチ先発
 DF6ベレズトスキ先発
 DF24ベレズトスキ先発
 MF2セムベラス先発
 MF17クラシッチ先発
 MF22⇒アルドニン(40)
 MF18ジルコフ先発
 MF20イラン先発
 MF25ラヒミッチ先発
 FW7カルヴァーリョ先発
 DF39⇒タラノフ(92)
 FW11ヴァグネル・ロヴェ先発
 FW9⇒オリッチ(85)

 
 
アーセナルサポからしてみれば、ため息の出る
試合である。どんだけ、外せば気が済むのかと
言いたいぐらい、外していた・・・
 

相手は、前線のブラジルトリオ以外は、完全に守備の
役割を黙々とこなし、アーセナルの攻撃を、90分間
防いでいた。

 

今日の試合に関しては、アーセナルのいつもの
こねくりまわして、得点できないという悪い癖
ではなく、自滅状態だった・・・

 

アンリは3度、4度とゴールシーンがあったのに、
相手GKのセーブに阻まれたり、枠外に外したり・・・


ファンペルシーも、無人のゴールがそこにあるのに、
軸足が崩れて、枠外にボールは転がった・・・

 

ジウベルト・シルバの強烈なヘディングは、GKの
ナイスセーブに阻まれる・・・

 
セスクも、決定機を逃した・・・
 

極めつけは、ロシツキだ・・・アンリからのパスを、
ただ、足を出すだけで入るようなシュートを、なぜか
とんでもない方向に蹴ってしまい、相手GKの腕の中に
すっぽりと、収まってしまう・・・

 

呪われてるのかな・・・と思うほどのひどい、
ありさまだった!!


そして結局スコアレスドローに終わった。


これで、グループGは、大混戦になってしまい、
1位CSKAモスクワの勝ち点8に続いて、
2位アーセナルと3位ポルトが勝ち点7で
これを、追う展開になった。

 
残り2戦に、トーナメント進出がかかっている。
posted by カザナミ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27112075

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。