2006年11月16日

06-07 06-07プレミア アーセナル対リバプール レポート

アーセナル
 No選手名IN
 GK24アルムニア先発
 DF5K・トゥレ先発
 DF10ガラス先発
 DF22グリシ先発
 DF27エブーエ先発
 MF4ファブレガス先発
 MF13フレブ先発
 MF16フラミニ先発
 MF19シルヴァ先発
 FW11ファン・ペルシー先発
 FW25⇒アデバヨル(86)
 FW14アンリ先発
リバプール
 No選手名IN
 GK25レイナ先発
 DF3フィナン先発
 DF4ヒーピア先発
 DF5⇒アゲル(82)
 DF6リーセ先発
 DF23キャラガー先発
 MF8ジェラード先発
 MF11ゴンサレス先発
 MF16⇒ペナント(62)
 MF14シャビ・アロンソ先発
 MF32ゼンデン先発
 FW15クローチ先発
 FW17⇒ベラミー(71)
 FW18カイト先発
 
 
アーセナルは完璧だった!!
 

ロシツキがケガで、リュングベリもいないこの
ポジションを、フレブと今季初スタメンの
フラミニが先発した。

 

ディフェンスは逆に、エブエが戻ってきたので、
これで、クリシーの左サイドバックに、
センターにトゥレとギャラスと、本職が出揃った。

 

今季のアーセナルは守備は安定している。
課題は、あれだけ攻めてるのに、点が入らない
得点力だ。

 
でもその不安も、今回のリバプール戦で解消した。
 

前半40分まで、無得点が続いたが、今日の
アーセナルには、嫌な予感はしなかった。

 

というのも、人がよく動いていたし、悪いときの
ボールを持たされているというイメージは
なかった。

 

そして、前半も終了間際に、フレブがボールを
持ってるときに、2列目からセスクが飛び出し、
セスクにボールが渡ると、そのままゴールライン
ぎりぎりから、横にいたフラミニにパスする。

 

フラミニは走り込みながら、難しい体勢であり
ながらも、ボールを前へ押し出して、ゴール!!

なんと、今季初スタメンの男が、
先制ゴールを決めた!!

フラミニはよほどうれしかったのだろう。
ゴール裏のサポーターとハイタッチしたりしていた。
もちろん、イエローである(笑)


前半は1−0で折り返す。

そして後半も、アーセナル優位で進んでいく・・・


リバプールは、なんかちぐはぐしてましたね。

クラウチがいるんだから、クロスでもっと
クラウチに当てるようなボールを上げれば
いいのに、それをしない・・・

ルイス・ガルシアやシソコがいないのも
影響してたかも・・・とにかくリバプールに
怖さを感じなかった。

ジェラードも消えていたし、シュートも
いい場所で打てない・・・ポジションにも
問題があるんじゃないだろうか・・・

そして後半15分過ぎ、アーセナルに待望の
追加点が入る。

カウンター気味に中央からなんとトゥレが
飛び出し、ファンペルシーからの縦パスに

反応して、キーパーと1対1に・・・
 
楽々これを交わして、なんとトゥレが
決めた!!
 
これでリバプールは、沈黙してしまった。

止めは、ファンペルシーからのコーナーキックに
ドフリーだったギャラスが、ヘディン

グで決めて3−0とした。
 

センターバックの二人がアベック
ゴールって、あんまり聞いたことがない(笑)

まあ、欲を言えば、アンリのプレーに少し、
苛立ちを感じたのと、トップに、点を決めて
欲しかった・・・

この両チームは、共にホームが勝つという
ジンクスがあるようで、今回もジンクスは
生きていた。

でも、ジンクス以上に力の差を感じずには
いられない。

それほどリバプールの出来は悪かった。

これでアーセナルは1試合少ないのに、
勝ち点21で3位につけた。

しかし、首位マンUは31、2位チェルシーは
28で、もうこれ以上は、離されてはならない。

 
posted by カザナミ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。