2006年11月20日

06-07セリエA 第12節 ローマ対カターニャ レポート

ローマ
 No選手名IN
 GK32ドーニ先発
 DF2パヌッチ先発
 DF13キヴ先発
 DF21フェッラーリ先発
 DF77カセッティ先発
 MF7ピサロ先発
 MF11タデイ先発
 MF16デ・ロッシ先発
 MF8⇒アキラーニ(50)
 MF20ペロッタ先発
 FW9⇒モンテッラ(50)
 MF30マンチーニ先発
 FW23⇒ヴチニッチ(75)
 FW10トッティ先発
カターニャ
 No選手名IN
 GK1パンタネッリ先発
 DF2サルド先発
 DF4ソッティル先発
 DF6ストヴィーニ先発
 DF7ヴァルガス先発
 MF8エデュセイ先発
 MF17バイオッコ先発
 MF26カゼルタ先発
 MF18⇒ルチェンティ(73)
 FW9コローナ先発
 FW11⇒デル・コーレ(81)
 FW10マスカラ先発
 FW23コルッチ先発
 MF14⇒ビゾ(45)
 
 

こんな試合は、滅多にないでしょう。
相手が1人少ないとはいえ、取りも取ったり
大量7点!!

 
得点者を順に上げると、パヌッチ・マンシーニ・

ペロッタ・ペロッタ・パヌッチ・モンテッラ
そして最後にトッティ!!


1点目は、まだ11対11のときで、コーナーから
パヌッチが合わせた。

 

このときのパヌッチのプレイが、反則だと
カターニャはアピールしたが、認められ
なかった。

 

それで、カターニャはキレてしまった・・・
そのわずか数分後に、マスカラが肘打ちして、

一発レッド・・・彼は、復帰したばかりだった(笑)


そこからはローマのショータイムだった。

 

トッティがワントップの、通称ゼロトップが
機能し、トッティにボールが収まると、一斉に
トッティを追い越していく・・・

 

左サイドを駆け上がったデ・ロッシに絶妙な
スルーパスが通ると、ワントラップして、
中央に走りこんできたペロッタにパスという
流れるような攻撃を再三作っていた。


ローマはこういうだらけてしまいそうな
試合でも、しっかり完封し、取れるときに
点をしっかりと取っている。

 
気がつけば7−0という大差で勝利!!


ローマはセリエの中では、今一番おもしろい
サッカーをしているのではないだろうか!!

ローマのサッカーは、お薦めです(笑)
 
1位・・・インテル 勝ち点30
2位・・・パレルモ 勝ち点27
3位・・・ローマ  勝ち点26
 
posted by カザナミ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。