2006年11月23日

06-07プレミア第12節アーセナル対ニューカッスルレポート

また今回も、悪いときのアーセナルを
露呈してしまった・・・


アーセナル
  No 選手名 IN
 GK 1 レーマン            先発
 DF 5 K・トゥレ           先発
 DF 10 ガラス            先発
 DF 22 グリシ            先発
 DF 27 エブーエ       先発
 MF 4 ファブレガス      先発
 MF 9 バプティスタ      先発
 FW 32 ⇒ウォルコット (64)
 MF 13 フレブ 先発
 MF 16 フラミニ 先発
 FW 11 ファン・ペルシー   先発
 FW 14 ⇒アンリ (45)
 FW 25 アデバヨル      先発


ニューカッスル
  No 選手名 IN
 GK 1 ギヴン         先発
 DF 18 ムーア        先発
 MF 20 ⇒シベルスキ (90)
 DF 19 ブランブル      先発
 DF 26 ラメージ       先発
 DF 27 タイラー       先発
 MF 4 ソラノ         先発
 MF 16 ⇒ミルナー (74)
 MF 8 ダイアー        先発
 MF 17 パーカー       先発
 MF 22 バット        先発
 FW 9 マルティンス      先発
 FW 11 ダフ         先発
 MF 14 ⇒ヌゾグビア (87)


アンリ、ロシツキ、ジウベルトシウバなど
主力選手を欠いての試合であるが、、相手が
不調のニューカッスルなので、このメンバーで
勝てれば非常に大きかった。

 

注目は、今季初先発のジュリオバチスタだ
ったんだけど、ボールはすぐに取られるし
パスはうまくつなげないしで、あまりいい
とはいえませんでした。

 

どうも、彼には覇気を感じられない。
そもそもレジェスとの交換で、レアルから
レンタル移籍してきた経緯を見ても、
モチベーションは低い・・・

 
個人的にイライラするのは、セスクだ。


彼はいい飛び出しや、判断能力があるのに、
打つべきところで、打たないときがある。

 

ペナルティエリア内でボールを受けても
まだパスコースを探しているときがある。


まだ若いので遠慮してるのかもしないが、
打てよといいたくなるときが、何度か

ある(笑)
 
失点は、本当にワンチャンスをニューカッ
スルが活かした見事なカウンターだった。
 

ニューカッスルも、けっこういい選手が
いるんだよね。ニッキーバットとか、
ダフとか、インテルにいたマルティンスとか!

これにケガからオーウェンが戻ってくれば、
けっこうタレントは出揃うんだけどね。

 

そして、前半終了間際に、ファンペルシーが
足を痛めてしまい、後半から、休ませていた
アンリを投入するはめに・・・なんと運のない。

 

しかし、やっぱりアンリは、頼りになる。
彼のフリーキックが、ピンチを救った。

 

壁を越えて、左サイドネットに、曲がって落ち、
それが、値千金の同点ゴールとなった!!

 

しかし、悪い内容のときは、逆転までいかない
のが、今のアーセナル・・・


結局攻め続けるも、守りを固められ、1−1の
同点に終わった。


これで首位マンUとは、勝ち点差で12に開いた。
1試合少ないが、もしそれに勝っても、勝ち点差
9の開きがある。3勝分の差がついてしまった。

 
しかも、ギャラスがケガしたとか・・・
ちょっと今シーズンは、きびしいかな〜
 


 

posted by カザナミ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。