2006年11月27日

06-07セリエA第13節 サンプドリア対ローマ レポート

ローマは強かった!!
トッティは素晴らしかった!!

 
ローマの強さは本物だろう


先日代表入りを果たしたアクィラーニが
ケガで戦列を離れたが、今のローマには
問題ない。

 

ディフェンス陣にも、トネットとフェラーリが
ケガをしているが、それも今は問題では
ない。

 
先発メンバー&交代選手は御覧の通り
 
サンプドリア


  No 選手名 IN
 GK 99 ベルティ 先発
 DF 7 マッジョ 先発
 DF 14 サーラ 先発
 DF 19 ファルコーネ 先発
 DF 77 ゼノーニ 先発
 MF 4 ヴォルピ 先発
 MF 17 パロンボ 先発
 MF 18 パロラ 先発
 MF 27 クアリャレッラ 先発
 FW 10 ⇒フラキ (28)
 MF 40 デルヴェッキオ 先発
 MF 8 ⇒オリベラ (45)
 FW 20 ボナッツォーリ 先発
 FW 9 ⇒バッツァーニ (59)


ローマ


  No 選手名 IN
 GK 32 ドーニ 先発
 DF 2 パヌッチ 先発
 FW 23 ⇒ヴチニッチ (88)
 DF 5 メクセス 先発
 DF 13 キヴ 先発
 DF 77 カセッティ 先発
 MF 7 ピサロ 先発
 MF 11 タデイ 先発
 MF 16 デ・ロッシ 先発
 MF 20 ペロッタ 先発
 MF 28 ⇒ロジ (81)
 MF 30 マンチーニ 先発
 FW 10 トッティ 先発
 FW 9 ⇒モンテッラ (80)


ローマは開始前半13分に、早くもトッティが
パヌッチのスルーパスをほぼフリーで受取り、
そのまま、クロスを上げると見せかけて
シュートを放った。

 

これが決まってローマがあっさり
先制する。

 

このシュートもトッティだから簡単そうに
見えるが、はずす人は多いと思う・・・

 

1分後にすぐに、同点とされるが、すぐに
反撃して、コーナーを取ると、ペナルティエリアの
外ににいたカセッティにパスすると、横にいた
ペロッタにスライドした。

 

ペロッタは、これまたフリーでもらうと、狙いすま
して、ミドルシュートを決めた!!

 

さらに前半終了間際にも、パヌッチが、コーナーから
足で合わせて、3−1として、前半を終えた。

 

ローマは、先日行われたチャンピオンズリーグの
シャフタール戦の敗戦を全く引きずっていなかった。

 

サンプドリアは、ディフェンス陣がバラバラで、
オフサイドトラップが全く機能せず、自陣深く
まで、パスを通されていた・・・

 

これでは、点は入れられても仕方がない。
修正が必要である。


さて、後半・・・
後半は、もうトッティのシュートに尽きるでしょう。

 

彼でなければ、決められないシュート、年に何本も
見れないシュートを、いともあっさりと決めた!!

 

中央からカセッティが、サイドにボールを
送った。そこにいたのはトッティで、位置的に見ても
ワントラップして、クロスを上げる位置にいた。

 

だが、トッティは、迷わずノートラップで、
しかも効き足ではない左足で、ゴールに叩き込んだ!!

 
先日、中村俊輔のフリーキックにも
驚いたが、トッティのこのシュートは、
それ以上の驚きを感じた!!

ホーム、サンプドリアのサポーターも、この
シュートにはさすがに脱帽という感じで、
拍手を送る光景が見られた!!


それほど、美しく、圧巻だった!!


最後にPKを献上し、1点を取られたが、
4−2の完勝だった!!


これで、インテル対パレルモの首位決戦に、
パレルモが敗れたため、ローマは、インテルに
次いで2位に浮上した。


でも、まだ13試合消化しただけ、これから
でしょう。でもこの3チームが、優勝争いを
演じていくのは、間違いない!!

posted by カザナミ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28405475

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。