2007年03月04日

2007Jリーグ開幕U

特派員2号は、FC東京の開幕戦を観に行ってきました!
 
開幕らしく、東京のゴール裏とバック側は結構人が入ってましたね。
発表では、25257人。
 
FC東京開幕戦恒例のゲストは、岡林信康。
って、リアルタイムで知ってる人は何人いたのかな。。。
ま、東京ゴール裏では唄った歌にかぶせて、
ネタにしてたけど。
 
試合は、成熟度とコンデションで上回った広島の完勝でしたね。
東京は、チャンスは作ってるものの決めきれず、
広島の効率の良い攻めに屈した感じでした。
 
それぞれのチームの印象としては、
東京はまずコンデションが悪そうだった。
このような展開では、必ず一人気を吐く今野でさえ、いつもの動きではなく、
若武者・柏木の突破を許してしまったりしてた。
また、ゴール前まではボールを運べるものの
シュートに至らぬ場面も多々あり(得に平山)
もっと強引にでもシュートを打っても良い感じがした。
CBに新人・吉本が先発に関しては、
賛否両論あると思うが、結果論だと思うし、
個人的には今後も期待したい。
 
広島はほんとやる事がはっきりしてた感じでした。
 
抜群のキープ力でタメを作れるウエズレイと
絶妙のポジショニングから最高のタイミングで
裏に抜け出し、高い決定力を誇る寿人の
2トップはスゴイね!
得に寿人は、動きの緩急のつけかたがうまく、
あれは吉本じゃなくてもやられてると思う。
しかもゴールを狙えるポジショニングが絶妙で
決定力もある。
ホント得点王も現実的に感じた。
 
また日本屈指のサイドアタッカーである
駒野、服部が両サイドに大きく張り出してるのも
印象的でした。
それによって、東京両SBもサイドに引っ張られ
その隙間を柏木とかがうまく使ってました。
 
今期上位争いに絡む可能性も感じられる
しっかりした戦いでしたね。
ただ、不安点は寿人、ウエズレイが
不在になったときの戦いでしょね。
ま、あの監督だからその辺も十分考えてると思うけど。
 
今日は広島の良さが出た試合だったが、
次節以降に向け、
広島はこの勢いを維持できるか?
東京は体調を整え、連携を高めたれるか?
いずれにしろ今後も注目していきたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by カザナミ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35167634

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。