2007年03月04日

2007Jリーグ開幕V

さて、今回は、J2であるが、
東京ヴェルディ対ザスパ草津!!
ラモス率いるヴェルディが、J1並みに
補強した戦力が、どれだけ力を発揮
するか!
 
発揮しすぎましたね・・・
 
ヴェルディは、先発に平本ではなく、
船越が入り、右サイドバックには、
海本ではなく、新人の福田を起用。
 
なぜか、広山、菅原あたりは、
メンバー外で、永井がベンチ入り。
正直、ラモス采配に納得できなかった。
 
しかし、身近で選手を見ている方が、
私の意見よりもラモス監督の方が
正しいことが、試合で分かった。
 
今年のヴェルディは、自信が感じられる。
それは去年にないものである。
 
それは前半始まってすぐに、船越が
フッキからのパスを、頭ではなく、
足で決めて、先制する。
 
昨年のヴェルディなら、1点取ると、なぜか
それを守るために、弱腰になってしまう
ところがあったが、今年は違った。
 
後半に入ってすぐに、フッキのフリーキックが
決まり、加点すると、コーナーから、土屋が
角度のないところから、決めて3-0とする。
 
そして、大野に代わった永井がすぐに、
右サイドから崩して、ディエゴにあわせて、
4−0!!
 
最後は、新人の井上平から、フッキへと渡り、
冷静にゴールを決めて5−0とした。
 
連係で崩したというよりは、個の力で点を
取ったイメージはある。
 
しかし逆に、これで連係面がマッチしてくれば、
期待はさらに膨らむでしょうね!!
 
ディエゴは、まだ体が重そうであったが、
中盤でボールに絡むシーンは多かった。
 
フッキはJ2では反則ですね!!
ちょっとボールを持ちすぎる面があるが、
取られても、取り返しに行くのがいい。
 
でも実はこの二人よりも、ゼ・ルイスが一番
輝いて見えました。地味に良かった。
相手のチャンスの芽を確実に潰していた。
 
名波は、スピードや動きは少ないが、数少ない
展開力のある選手なので、今のヴェルディには
貴重である。
 
あと、服部と土屋の加入で、ディフェンスも少しは
安心して見れるようになりました!!
 
戸川も奮起してカバーリングしてたし・・・
 
それと、福田と井上の新人二人にも触れねば
ならない。
 
とても新人とは思えぬ動きをしていました。
今後が楽しみな逸材である。
 
そういうわけで、ヴェルディを中心に、お伝えさせて
いただきました!!
posted by カザナミ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヴェルディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35225682

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。