2007年03月05日

東京Vvs草津レポート(現場編)

特派員2号は現場(国立)に行ってきましたよ!
 
まず会場に行って驚いたのは、
選手自らが選手プロマイドを配って
ファンサービスをしていたことですね。
しかも、海本、菅原、飯尾といった主力級の選手もおり、
ベンチ入り以外の選手はみんないたんじゃないかな...
 
ここで、らしさを発揮してたのは、もちろん平本!
みんなスーツなのに一人だけジャージのいでたちで、
途中から面倒になったのか
プロマイドを1人に5枚くらいづつ配ってました。
 
会場では草津からのサポも結構来ており、
なかなか良い感じの雰囲気になってました。
 
試合の見所としては、
ヴェルディの強力攻撃陣は機能するのか?
昨年崩壊していた守備は?
策士・植木のヴェルディ対策は?
松浦、古巣に怒りに一撃を食らわす事ができるか?
といったところか。
 
また、主審が家本であった事から
荒れた試合も予想されるが...
(家本といえば、昨年山形での東京Vvs山形戦で
前半のうちに山形の2人の両FWを退場にしたという
ある種伝説の持ち主で有名)
 
 
結果はヴェルディの完勝でした!
詳しい内容は下記を参考にしてもらうとして、
印象としては、
とにかくフッキに個人技がスゴイ!
あれはフツーにJ1でも通用するよ。。。
1点目もフッキが左サイドを突破して生まれたものだし、
2点目の無回転FKなんてありゃ反則でしょ。
ディエゴが本調子になったら、
どうなってしまうんだ...
って感じの攻撃陣だね。
 
また、守備でも土屋・服部が入ったことで、
ボール際がより強くなった感があり、
昨年より強固になっている様に感じた。
 
と今日の試合はヴェルディの結果完勝だったけど、
前線でボールを奪われてのカウンター対策等
課題もある内容だったと思う。
また、フッキも松下と競り合ってる際、
イライラしてる様子で足を蹴ってるようにも見え、
今年もヴェルディはカードで苦労しそうな気が...
 
一方草津としては、
昨年獅子奮迅の活躍をした島田の放出は
やっぱり痛かった。
(GK高木も)
 
ただ、鳥居塚をリベロに置いた3バックは
粘り強く守っていたし、
何より技術の差を運動量でカバーしようと
無駄走りでスペースを作ったり、
素早いチェック、フォローといった動きには
共感が持てる感じでした。
 
ま、植木監督としては、
開始早々の1点と後半早々の直接FKが
完全な誤算だったんでしょうね。
あれでゲームプランが壊れた感じかな。
 
想像だけど、植木監督としては、
後半まで何とか0で押さえ、
最後氏原を使って、勝負!
って、感じじゃなかったでしょうか。
 
まだまだ1試合が終わったばかり。
他会場では福岡があの鳥栖に完勝してるようだし、
今後もJ2にも注視していきたい。
 
 
 
 
 
 
 
posted by カザナミ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 東京ヴェルディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35236634

この記事へのトラックバック

[続きを読む]
Excerpt: mixiを使った稼ぎ方を教えます!mixiを楽しみながら、○○○○するだけで、あとは、ず〜〜っとほったらかし状態。あとは、毎月毎月銀行口座にお金が振込まれるのをニヤニヤしながら確認するだけなんです。会..
Weblog: 40歳サラリーマン
Tracked: 2007-03-05 04:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。