2007年09月17日

ローマ寄りのセリエAのみどころ(笑)

セリエAの注目は、誰がなんと言おうと、

ローマの7年ぶりのスクデット獲得なるか、

でしょう!!

どうもローマに対する各ジャーナリストの

予想は厳しいものが多く感じる。


ローマの昨年からの躍進は素晴らしいが、

優勝はないというような内容が多い・・・

インテルを推す人がやっぱり多いが、

今年のインテルは、ビエラという不協和音が

いるので、昨年のように一つにまとまるかが

疑問である(笑)

ビエラはケガで戦列を離れているにもかかわらず、

フランス代表の試合に出場したことが、インテル

幹部を怒らせてしまったという。

またそのビエラは、昨夏のW杯決勝のジダン退場の

きっかけとなったマテラッツィの発言の全容が

明らかとなり、「一緒にはやれない」ということを

発言した。

まあそんなことが原因かどうか分からないが、

インテルに昨年ほどの勢いは感じられない。

自分は、ローマのスクデットを予想する(笑)

まだ、3節を終えたばかりだが、ローマは

3連勝で首位に立っている。

ローマがよくいわれる選手層の薄さは、カペッロが

今夏最高の買い物と言われたバルサのジュリの

獲得や、レアルからシシーニョやまた、エスポージト

や、インテルに移籍されたギブの代わりに、

ブラジル代表のファンを獲得した。

トッティを中心にまとまりもあり、イタリア代表の

新10番のデロッシや、ペロッタ、アクイラーニや

パヌッチ、トネットなど、今やローマは、代表の宝庫である。

死角はないと思うのは、自分だけだろうか・・・

さてそのほかのセリエAの注目選手をあげとくと、

ジェノアは、元代表のディバイオ。

ユベントスは、おなじみデルピエロ。

ナポリは、今季最大の注目株ハムシク。

トリノは、大黒と言いたいところだが、レコバ。

レッジーナは、昨季17ゴールのアモルーゾ

カターニャは、ヴェルディから完全移籍した森本。

リボルノは、バレンシアやローマにいたタバーノ。

ウディネーゼは、ディナターレ。

サンプドリアは、サッカー外での話題も豊富なカッサーノ。

アタランタは、ポルトガル代表のコスチーニャ。

フィオレンティーナは、輝きを取り戻して欲しい、ビエリ。

パレルモは、突破力あるミッコリ。

ミランは、ロナウドに注目したい。

ラッツィオは、エース、ロッキ。

ローマは、ジュリがどれだけはまるか、注目したい。

インテルは、移籍市場を賑わしたギブ。

まあ、こんな感じで選手に注目しながら、セリエAを

楽しみたいと思っています!!

posted by カザナミ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55825928

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。