2007年10月25日

東京ヴェルディ J1昇格へ〜第1章

ファイナルカウントダウンJ1昇格へ〜第1章

もう、この季節がやってきたんですね〜

昨季のヴェルディは、残念ながら昇格を
逃し、寒い思いをしたもんです。

入れ替え戦で戦う神戸の姿を見て、羨ましい
視線を送っておりました(笑)

しかし、今年は、ウチの番だ。

しかも、入れ替え戦ではない、自動昇格を
目指します!!

さて、10月24日(水)に行われた平日の
ナイトゲームは、苦手のサガン鳥栖との一戦。

この試合を含め、残り5戦を、どう戦うか
これからが、正念場である。

前にも書いたが、ヴェルディがJ2に落ちるまで、
J2を意識したことがありませんでした。

いわば、J2のカテゴリーは新参者である。

しかし、去年、今年と2年間浸かっていると、
J2も悪くはないな、なんて思ってしまう。

J2はスカパーが安いんでね(笑)

でも、やっぱりJ1がいいです。
絶対今年は、上がりたい!!

奇しくも同じ日に、浦和がACLを戦っていた。

華やかな舞台で、感動的な試合、そして平日
開催では史上最多となる5万1651人万人という
大観衆!!

一方のヴェルディ対鳥栖の試合は、同じ関東なのに
3.991人という観衆だった・・・

今のフッキとディエゴを絡めたヴェルディの攻撃は
魅力あるんだけどね・・・

さて、スタメンは、フッキをワントップに置き、
その下にディエゴ、左サイドに広山、右にシウバ。
ボランチに大野と菅原、4バックは、左から
服部、戸川、土屋、海本の布陣。

ここ最近のヴェルディは前半の早い時間に
得点し、攻めてきた相手に対し、カウンターで
追加点を上げていく展開が多い。

この試合も、まだ始まって2分で、いい場所で
フッキがファールを受け、フリーキック。

これをまた、簡単に決めてしまうんです。
フッキていう選手は!!
まるでPKのように。

これで完全にヴェルディの得意パターン!!

ここからは鳥栖の時間があったり、ヴェルディの
時間があったりと、一進一退の攻防が繰り広げ
られた。

1点の余裕からか、いくぶんヴェルディペースにも
感じた。そして前半終了間際に、フッキがエリア内に
進入すると、中央から飛び込んできたディエゴに、
強いパスを送った。

それがディエゴと併走して走ってきた鳥栖の
ディフェンダーにあたり、オウンゴール!!

2−0という理想的な流れで、前半終了する。

さて、後半・・・始まってすぐに、前半同様に
ヴェルディが得点する。

中盤で奪ったディエゴが、フッキの動きを見て、
必殺のスルーパス。これにドンピシャの
タイミングで、フッキが抜け出し、冷静に
決めて、3−0とした。

2点では京都の例もあるとおり、安心は
できないが、3点あればセーフティリード
である。

実際、この後鳥栖も反撃に出て、2点取られた
のだからね。

鳥栖は藤田が怖いが、土屋がマンマークして
いたので、それほど脅威ではなかった。

鳥栖のレオナルドにゴールを許してしまったが、
確かパスはヴェルディが持っている選手だった
と思う。

この調子で鳥栖で成長して、一柳みたいに、
ヴェルディに戻って、活躍してほしい。

結局試合は、3−2でヴェルディの勝利!!
これで第4クールは負けなしの8連勝!!

順位は、上位チームが全て勝ったため、差を
広げることはできなかったが、首位札幌に
勝ち点1差の83と、伸ばした。

残り4戦、この後にはどんな展開が待っているの
だろうか!!

ラベル:サッカー
posted by カザナミ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヴェルディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。