2007年10月28日

ローマ対スポルティング戦評

ローマはここ最近、パルマ戦こそ勝ったものの
ユベントス戦から、ドロー劇にはまっている。

しかも、リードしていてのドローだから、
応援する側からすると、フラストレーションが
溜まる・・・

思えばユベントス戦で、2−1を守りきれずに
2−2のドローを演じたあと、続くフィオレン
ティーナ戦でも、2−1からPKで追いつかれ
またもや、ドロー・・・

チャンピオンズリーグのマンU戦では、
0−1と惜敗し、パルマ戦では勝利したものの
前回ナポリ戦は、なんと3回追いつかれての
4−4のドローだった(笑)

もう笑うしかない。

そんな中で迎えたスポルティング戦。

メンバーは、トッティをトップに、
トップ下にジュリ、左マンシーニ、右カセッティ
ボランチにピサロとデ・ロッシ、
4バックは左からトネット、ファン、メクセス
パヌッチの布陣。

ペロッタがいなくて右にカセッティを入れている
ところに、一抹の不安が残る。

さらに、開始すぐに、ローマのフリーキックに、
トッティが蹴ったが、そのとき、相手ディフェンダー
のブロックに、足首を痛めてしまい、早々に交代
となり、さらに不安な展開になってしまった。

しかも、コーナーからファンがヘッディングで
先制するも、すぐに相手もコーナーからヘディング
シュートを決められ、またもやドロー劇にはまる
かのような展開・・・

しかもこの日のローマは、速攻ができず、パスミスが
目立ち、スポルティングの方が、良い展開をしていた。
しかし、チャンスはローマに訪れる。

ペナルティエリア内でスポルティングの選手が
ファールして、ローマのPKとなる。

いつもならトッティなのだろうが、交代したため、
マンシーニが蹴ることとなる。

マンシーニには絶えず移籍の噂があり、ローマの
サポーターからの信用を落としていた。

ここは名誉挽回のチャンスだったが、なんと
PK失敗・・・

同じチームの選手なのに、マンシーニに対し、
以後ブーイングが起こるという、状況となってしまう。

また、このPK失敗で、雰囲気も悪くなり、
またもドローで終わるのかという空気に
なっていた。

しかし後半、途中で交代で入ったヴチニッチが大きな
大きな仕事をしてくれました。

左サイドでボールをもらうと、一直線にゴールへと
切れ込んでいく、ゴールエリア付近まで接近して、
ターンして、ディフェンダーを振り切ると、角度のない
ところから、シュートを決めて、2−1と勝ち越しに
成功した。

これにはローマサポーターも狂喜乱舞となり、
ブチニッチ自身も、興奮したのか、ユニホームを
脱いでしまい、イエローとなってしまった(笑)

とにもかくにも、この苦しい状況をなんとか、
逃げ切り、チャンピオンズリーグ2勝目を飾った。

これで、F組は、マンチェスターユナイテッドの
勝ち点9に次いで、勝ち点6で2位につけた。
3位はスポルティングの勝ち点3
そして4位はディネモ・キエフの勝ち点0となった。

まあ、順当な結果ですね〜
posted by カザナミ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

壮絶テクニック
Excerpt: サッカー選手として世界中の注目の的ロナウジーニョの壮絶テクニックの一部始終をあ...
Weblog: 仕事の合間にフットサル|サッカー無料動画
Tracked: 2007-10-28 02:07

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。