2007年11月14日

レディング対アーセナル戦評

いまだ無敗のアーセナルが、いつ黒星がつくのか?
そしてそれはどんなチームが、黒をつけるのか?

アーセナル戦はまさに、それが見所だろう。
まるで昔のマンガのドカベンを思い出します・・・
ちょっと例えが古いですかね(笑)


思えば3年前に、49連勝を飾った無敗優勝が、
記憶に蘇る・・・


あのときはマンチェスター・ユナイテッドに
止められたんですね。


現在アーセナルは26戦無敗中で、全試合得点中
である。(カップ戦は除く)


アーセナルの素晴らしさはどこにあるのか?
それは、試合を見てもらえれば、すぐに
分かる。(当たり前か)

サッカーを詳しく知らない人でも、90分
楽しく見れるんではないでしょうか(笑)


さて、試合の方は、アーセナルの先発が、
4バックにサニャ、トゥレ、ギャラス、クリシー
ボランチに、セスクとフラミニ。
左サイドにロシツキ、右にエブエ。
トップ下にフレブ、トップにアデバヨール。
キーパーアルムニアという布陣。


ポゼッションはアウェイながら、70%近くを
占めている。これはレディングにとっては
屈辱だろうなあ。


それでもレディングは踏ん張っていたと思う。

アーセナルが得点したのは、前半40分過ぎ。

中盤でボールを取ると、アデバヨールから
スルーパスをフレブが受け、中央に走りこんで
きたフラミニにパスし、それを落ち着いて
決めて先制する!!


こうなると流れは完全にアーセナルとなる。

後半には、7分にアデバヨールから、ロシツキに
パスし、中央にいたセスクにあわせると、ワン
タッチでアデバヨールにパス。それをアデバヨール
が、きれいに決めて、2点目。


そして最後はフレブが、ペナルティエリア内で
パスを受けると、冷静にゴールを決めて、
3−0となる。


もうレディングはなすすべなし・・・ホームなのに
こうまで崩されると、お手上げである。


しかし最後に意地を見せて、1点を返す!!

そして試合は3−1でアーセナルの完勝となった。
スコア以上に余裕のある勝利でしょう。


これでアーセナルは首位をキープ。
2位には得失点差の総得点差でマンU。

3位にマンチェスターC、4位にチェルシーと
なった。


アーセナルは無敗記録を27に伸ばした。
まだまだこの勢いは続きそうである!!

posted by カザナミ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。