2007年11月19日

FC東京vsガンバ大阪

昨日はガンバ戦に行ってきました。

ガンバにとっては、レッズを追いかけるために、
絶対に勝ち点3が必要な試合。PO20071119_0003.JPG
一方東京は、いつもの終盤での上位イジメ。
と、昨年もみたようなシチエーションで行われた一戦。


結果は、マグノアウベスの素晴らしい個人技で
先制され、しかも後半に茂庭が一発退場で
一人少なくなったものの、ケガ明けのユウタ、梶山を
早い時間に投入し、そこから粘りを見せ、
後半31分にルーカスのゴールで追いつきPO20071119_0013.JPG
1対1の引き分けに持ち込むという
相変わらずのKYぶりを発揮した東京。


注目は、サテライトで2得点と結果を出し、
先発の座を勝ち取った池上と
石川欠場に伴いチャンスが巡ってきた森村だったが、
二人とも良かったと思う。

特に池上は両CBと連携しながら守備をこなし、
ボールがない所でも、
危険なスペースをしっかり埋め、
また攻撃でも両サイドにパスをさばいて、
今の東京のボランチ勢とは違った特徴を出してた。

森村もまだ当たりの弱さ等課題もあったが、
前線からのプレスをはじめ、とにかくよく動き、
前線を活性化させていた。


また、ケガ明けで入ったユウタ、梶山も
試合勘等の不安もあったが、
持ち前のキープ力を発揮し、
パス交換からボールを支配。
両サイドバックの上がりを促し、
一人少ないなかでの同点劇の原動力となった。

あと、今野がすごく良かった。
特に一人少なくなってCBに入ってからが
凄かった。
ガンバ強力FWをしっかり抑えてたし。


と、収穫もあった試合だったが、
個人的にノリオと茂庭はちょっと…だった。

ノリオは連続得点してた一時の勢いがなく、
持ち味の強引さが影を潜めてる気が...
積極的な失敗は良いけど、
消極的なミスはね〜。

茂庭は、退場は微妙で厳しい判定で
不幸な面もあったが、
問題は失点シーン。
1対1の局面で毎回ズルズル下がって、
やられてるような。
マグノ、ジュニーニョ等にこのパターンで
よく失点してたと思う。


次節は今野、茂庭が出場停止になるから
どのようなメンバーになるかが、また楽しみである。
(森村に続き、吉本登場か!?
って、五輪組が帰ってきて伊野波が入るのが
現実的か。。。)

posted by カザナミ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67656096

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。