2007年12月14日

6節 レアルマドリード対ラツィオ戦評

この試合、レアルがもし負けるようなことが
あれば、可能性は低いが決勝トーナメント進出が
なくなる・・・そんな一応大事な一戦である。

レアルのメンバーは、4バックにセルヒオラモス
カンナバーロ、ペペ、マルセロ。
ボランチにバチスタ、ディアラ。
左サイドハーフにロビーニョ、右にスネイデル。
ツートップにラウルとファンイステルロイ。
キーパーカシージャスという布陣。

どちらも、グループリーグ最終戦で、トーナメント
進出の可能性があるにもかかわらず、意外とでだしは
慎重であり、スタジアムも静観な雰囲気でした。

しかし前半13分にジュリオ・バチスタが左サイドから
中央に入りながら、ペナルティエリアのすぐ外あたり
から、シュートを放つと、それがきれいに決まった。

これで初めて、サンチャゴ・ベルナベウが沸いた!!

さらにすぐ2分後には、ショートコーナーから、
ロビーニョのクロスに、ラウルが合わせて、あっさりと
2点目が決まる!!

さらにサンチャゴ・ベルナベウが活気付く!!

これでレアルはずいぶんと楽になってしまった。

ここからラツィオは4点取らないと、進出できない。

もう、ラツィオは気持ちが切れてしまっているように
感じた。

因みにレアルがサンチャゴ・ベルナベウで、イタリアの
チームを迎え入れての対戦成績は、14勝3敗2分け。

この3敗は、インテルとユベントスとなんと、ローマだそう
です・・・余談でした(笑)

つまりはこの勝率を見ても、今日の試合は負ける要素が
なかった・・・ということだろう(笑)

レアルがいいようにゲームを支配していた。

そして前半36分にロビーニョからのスルーパスに、
ファニステルロイが受け、走りこんできたロビーニョに
パスすると、ロビーニョはがあっさりとこれを決めて、
3−0とした!!

前半で決まってしまいましたね!!

ラツィオの選手はアウェイで3失点で、目的を失い、
心が折れてしまったようだ・・・

後半に1点を取るも、3−1でゲーム終了!!
これでグループC組は、

1位 レアルマドリード     勝ち点11
2位 オリンピアコス      勝ち点11
3位 ブレーメン         勝ち点6
4位 ラツィオ          勝ち点5

レアルとオリンピアコスが、決勝トーナメント進出と
なった。レアルはともかく、オリンピアコスの2位は
意外な結果でしたね。

それにしてもブレーメンとラツィオには、もう少し
頑張ってほしかったなあ〜

posted by カザナミ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72855239

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。