2008年02月21日

CL1回戦 ローマ対レアルマドリード戦評

大方の予想を裏切って、ローマがやってくれました!!

直近のユベントス戦では良い所なく敗れ、
心配されていたが、見事レアルに勝利することが
できた!!

しかし、レアルマドリードは負けてしまった・・・
当ブログは両チームを応援しているだけに、
複雑ではありますねえ・・・

だが2−1という結果は、レアルからすればアウェイ
でもあり、負けたことよりも、アウェイゴールを
奪えたことが、逆に有利だということもいえる。

戦力的にはレアルが優勢なので、この結果は、
次のゲーム的には、おもしろい展開になるでしょう。

さて今回のメンバーは4バックにパヌッチ、メクセス
ファン、カッセッティ。ボランチはピサロ、デロッシ。
左サイドハーフにマンシーニ、右にジュリ。
トップ下にペロッタ。トップにトッティ。
キーパードニという布陣。

対するレアルは4バックにセルヒオラモス、
カンナバーロ、エインセ、トーレス。
ボランチにディアラ。右サイドハーフにグティ、
左にガゴ。3トップにロッペン、ファンニステルロイ、
ラウル。キーパーカシージャスという布陣。


実はローマはホームでレアルに3連敗中で、
分が悪い。

しかしそのデータは当てにならないでしょう。
なぜなら、スパレッティになってからは、
レアルとは対戦していないから・・・

そのときのローマと、今のローマでは全然違う
チームだから、データは当てにならないと思う。

とか言っているうちに、開始わずか8分で、ロッペン
に、左サイドを突破され、戻し気味のクロスに
グティがシュート。それを前線にいたラウルが
ボールの角度を変える絶妙なワンタッチを入れた、
ためにゴールとなり、レアルが先制(笑)

この時間帯は、ローマの選手が緊張していたのか、
明らかに動きが悪く、レアルのペースで進んでいく。

ローマのGKドニは、特に動きが悪く、前に出てきて
ほしいときに、出てこなかったり、ゴールキックが
サイドラインを越えたりと、精彩を欠いていた。

とにかく全体的にリズムが悪く、左サイドはロッペンが
対峙するパヌッチを簡単に抜き去り、決定的なシーンを
何回も作っていた。

ピサロもユベントス戦同様、相変わらずパスミスが
多かった。

だがローマもピサロもホームの意地がある。

前半24分に、そのピサロがマンシーニからのパスに
トッティがつぶれたスペースに、思いきり蹴りこんだ。

これがカシージャスの手を弾いて、ゴールに
突き刺さり、ローマが同点に追いついた!!

これでローマが勢いづくかと思ったが、
ボールはレアルが支配し、前線の3人には
ローマディフェンス陣は、捕らえることができない。

オフサイドで助かったが、ファンニステルロイの
裏への飛び出しから、ゴールを揺らされたシーン
や、ロッペンのドリブルは止められなかった。

ローマもときおりカウンターがはまって
ゴール前まで行くが、決定的なとこまでは
いかず、前半は1−1で折り返す。

後半に入っても、レアルの攻勢は続く。
中盤をガゴやディアラに支配され、前線に
簡単にボールを入れられる。

しかし前半で慣れてきたローマ守備陣が、少しずつ
修正をし、2人で囲むような守備で、相手に
チャンスを与えないようになってきた。

また、ロッペンを抑えきれていなかったパヌッチを
交代して、サイド攻撃のできるトネットに代えたことも
功を奏した。

次第にローマもリズムがでてくると、中盤で
ボールを奪ったメクセスが前線にパスを送り、
トッティがディフェンス陣に囲まれながら、
きれいにボールを足元に収めた。

トッティを追い越し、前に飛び出してきた
マンシーニに絶妙なスルーパスを送ると、
それを受け取って、キーパーカシージャスを
交わしてシュート!!

これが決まって2−1と逆転した!!

契約延長の問題を引きずっているマンシーニが、
大舞台で大きな大きな仕事をしました!!

そして、トッティはやはりキーマンですね。
きっちりと決定的な仕事をしてくれる!!

今回、カンナバーロとの対決は楽しみで、トッティの
ワンタッチパスを読んで、パスカットをしたりして、
ここまではよく抑えていたが、ここでしっかりと
お返しをしてくれました!!

レアルはアウェイでも攻撃に人数をかけているので、
この失点シーンでは2対2という状況だったのが
痛い(笑)

逆転に成功すると、ローマはあまり手をかけずに守って
スキがあればカウンターで点を取りに行くという
イタリアらしいサッカーに徹する。

後半も終盤になると、レアルはロッペンを下げて
バチスタを入れてきた。

でもこれは逆にローマにとっては助かったのでは
ないか!!
ロッペンは捕まえきれてませんでしたからね。

ボール支配率はアウェイながらレアルが56%と
支配し、シュートもローマの倍を打ちながらも、
点が入らない・・・

ファンニステルロイの決定的なシュートはポストに
跳ね返されたりと、ツキもなかった。

最後はお互い疲れきってしまい、前にボールが
運べなくなってしまうほど、消耗していた。
そして試合終了の笛が鳴り、ローマのスタジアム
スタディオオリンピコは、大歓声となって
スタジアムに響き渡った!!


ローマがホームで初めて白い巨人に勝った
瞬間だった!!

内容的にも見ごたえのあるゲームでした!!

ローマのスピードある速攻を、レアルの中盤が、
きっちりと抑え。又、レアルの超攻撃陣を、
初めこそ、いいようにボールを回されていたが、
最終的には、見事1失点で抑えきった!!

2−1でローマが勝利したが、第2レグはレアルの
ホームであり、この結果はどちらが有利ともいえない。

レアルはホームで1−0で勝てばいいのだから、
アウェイゴールを取ったのは大きい。

今回欠場したロビーニョ、マルセロあたりが復帰すれば、
さらに強力な攻撃ができるでしょうが、セルヒオラモスが
イエローをもらったため、次節出場停止なのが、どう響くか・・・

ローマは逆にレアルのホーム、サンチャゴベルナベウでは
勝利したこともあり、気負いはないでしょう。

1点を先に取って、レアルにプレッシャーを
かけられれば、かなりベスト8に近づけるのでは
ないでしょうか!?

3月5日に行われるサンチャゴベルナベウでの
レアルマドリード対ローマの一戦は、まさに
見逃せないゲームであることは、間違いない!!

posted by カザナミ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。