2008年02月22日

CL1回戦 アーセナル対ACミラン戦評

ミランの術中にはまってしまい、アーセナルは
ホームで勝てませんでした・・・

当ブログはアーセナルを応援しているだけに、
この結果は非常に残念でならない・・・

だが0−0という結果は、アーセナルからすれば
1点取れば、引分け以上で突破できるのだから、
逆に有利だということもいえる。

力的にはアーセナルの方があるので、この結果は、
次のゲーム的には、おもしろい展開になるでしょう。

さて今回のメンバーは4バックにサニャ、トゥレ
ギャラス、クリシー。ボランチはセスク、フラミニ。
左サイドハーフにフレブ、右にエブエ。
ツートップにアデバヨール、ダシウバ。
キーパーレーマンという布陣。

対するミランは4バックにマルディーニ、
ネスタ、カラーゼ、オッド。
ボランチにガットゥーゾ、ピルロ、アンブロジーニ。
左サイドハーフにカカ。右にセードルフ。トップに
パト。キーパーカラチという布陣。


試合は開始わずか8分で、アーセナルのトゥレが
相手の蹴ったボールが足に当たってしまい、
思いのほか、重傷をおってしまった。

ここでトゥレは無念の交代となり、センデロスに
代わった。

でもこの時間帯は、アーセナルの選手の動きが、
ミランを上回っており、序盤はアーセナルのペースで
進んでいく。

ローマのGKレーマンは、スローインのコントロールが
よく、トップのアデバヨールにキレイに渡って、
そのままシュートまで持ち込むなど、精彩を華っていた。

とにかく全体的にリズムが良く、サイドからエブエやフレブが
中央に切れ込んでいき、アデバヨールのポストプレイから
2列目のセスクやフラミニが絡んで、ゴールを脅かしていた。

アデバヨールはトラップもいいし、スペースに飛び込む
動きもいいし、本当に成長したなあ!!

だがミランにも意地がある。
マルディニやネスタなど経験を積んでいるディフェンス陣が
勢いのあるアーセナルの攻撃を、老練なテクニックで
押さえ込んでいた。

圧倒的に攻め込んでいたアーセナルだが、前半を
終わって0−0でした・・・

後半に入ってもアーセナルが勢いづき、その勢いは
徐々に増していく。

中盤でボールを支配し、ミランは全くといって
いいほどボールが取れない。

中盤をセスクやフラミニに支配され、前線に
簡単にボールを入れられる。

ダシウバの惜しいシュートや、中に切れこんでの
エブエの惜しいシュートもあり、セカンドボール
を全てアーセナルが拾う状況が続いた。

この時間帯に、一つでもゴールを揺らしていれば
アーセナルの3−0なんて展開もあったでしょう。

それをさせなかったのは、ミランの守備陣とキーパー
カラチである。特にカラチは当たってたねえ。

ミドルシュートはほとんどキャッチしていました。
ボールを前にこぼしてピンチになることもなかった。

劣勢に回っていたミランだが、ときおりカウンターが
はまってゴール前まで行くが、決定的なとこまでは
いかない。

ミランはパトとカカのスペースさえ消してしまえば
攻撃の手段がなくなるので、アーセナルのディフェンス
陣はかなり楽だったのではないでしょうか!!

サイドバックの上がりもほとんどなく、
マルディニとオッドでは仕方ないとも思うが、
攻撃に厚みはない。

交代して入った選手も、ケガしたネスタの交代に
ヤンクロフスキが入って、中央にマルディニを
入れ、疲れの見えたセードルフに代わって
エメルソンを、限界まで走らせたパトに変わって
ジラルディーノを入れたが、攻撃的になった感じは
しない。

せいぜい、ジラルディーノの高さを生かす戦術
ぐらいである。それもあまり効果はなかった
けど・・・

しかしいくらアーセナルの攻撃が良いといったって
点が入らなければ意味はない。

若さを生かして、後半の終盤に入っても、サイド
バックのサニャやクリシーがどんどん前へ出て行く。
だが、ミランの守備は固い!!

そして迎えた後半ロスタイム。

右サイドから突破した途中出場のウォルコットが、
無理をしながらも、ゴール前まで運び、そして
フリーで待っていたアデバヨールにパスをした。

アデバヨールはただ頭で押し込むだけでよかった。
なのに、なのにである・・・ボールはなんと
ゴールポストに当たってしまったのである・・・

そして試合終了の笛が鳴り、アーセナルのスタジアム
エミレーツは、ため息となってスタジアムに静寂が
包んだ・・・

内容的には見ごたえのあるゲームでした!!
アーセナルのスピードあるパス回しを、
ミランの経験豊富な守備陣が、きっちりと抑え。
又、ミランの攻撃の要であるカカを、勢いのある
パトを封じ込めたアーセナル。


0−0で引き分けたが、第2レグはミランの
ホームであり、この結果はどちらが有利ともいえない。

ミランはホームで1−0で勝てばいいのだから・・・
アウェイで無失点だったのは大きい。

アーセナルは逆にミランのホーム、サンシーロだが、
実はミランは、リーグ戦ではホームであまり勝てて
いないので、気負いはないでしょう。

1点を先に取って、ミランにプレッシャーを
かけられれば、かなりベスト8に近づけるのでは
ないでしょうか!?

3月4日に行われるサンシーロでの
ACミラン対アーセナルの一戦は、まさに
見逃せないゲームであることは、間違いない!!

posted by カザナミ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85633742

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。