2008年02月24日

バーミンガム対アーセナル戦評

ここのところ運がない試合が多いアーセナル。

FAカップでは、エブエの退場で、マンUに
大敗し、その試合中、アデバイヨールとベントナー
が大喧嘩するなど、最悪な試合だった・・・

そしてチャンピオンズリーグ1回戦のミラン戦。
圧倒的にゲームを支配しながらも、なんと引き分け
に終わった・・・

なんとかここで、運のない状況から抜け出したい
そんな相手は、バーミンガム。

かなり荒い印象のあるチームなので、ちょっと
このタイミングでは嫌なチームだねえ・・・


アーセナルのメンバーは4バックにサニャ、
ギャラス、センデロス、クリシー。
ボランチにセスク、フラミニ
左サイドハーフにフレブ、右にウォルコット。。
ツートップにアデバヨール、ダシウバ。
キーパーアルムニアという布陣。

注目はウォルコットでしょう。
久しぶりの先発だね。エブエが出場停止で出られない
ために、回ってきた出番。モノにできると
いいけどね。

さてゲームはというと、開始早々に、またもや
アーセナルに不運が訪れる・・・

いきなりバーミンガムのテイラーに、ダシウバが
ファールされた。テイラーは一発レッドで退場だった。

だがそんなことよりも、ダシウバがその場から全く
動けなくなり、すぐに担架が呼ばれた。

事態は思った以上に重く、ダシウバには酸素吸入を
つけ、その場で簡単な応急処置をしている
ようだった。

結局、約10分も中断となり、ようやくダシウバが
運び出されたが、明らかにアーセナルの選手に
動揺が走っていた・・・

相手が少ないにもかかわらず、ワンチャンスのフリー
キックを、簡単に決められて、リードを許してしまう。

その後も、ワンタッチで崩す得意の戦術が、全く
できず、最終ラインから、アデバイヨールに当てる
ロングパスや、サイドからアーリークロスを上げる
という実に単調な試合運びをしていた。

バーミンガムは、一人いないことで、逆に守備を
厚くしていたため、全く攻撃の形が作れなく
なってしまったのである。

注目のウォルコットも、スピードに乗ったドリブルが
持ち味なのに、精度の低いクロスを何度も上げていた。

結局前半は0−1で折り返すことに・・・

前半はダシウバの中断があったため、なんとロスタイム
が9分でした(笑)これは僕の経験上、見たことも
ないロスタイムの時間だと思う・・・


後半の入り方は、前半とは違い、ワンタッチパスが
増え、ようやくアーセナルらしいサッカーが見られる
ようになってきた。

そのもっとも象徴的だったのが、ウォルコットである。
彼がようやく思い切ったドリブルを見せてくれたので
ある。

その甲斐あって、後半早々にフリーキックから、アデバイ
ヨールがキーパーに競り勝って(笑)ヘディングすると
無人のゴールに、ウォルコットがボレーで決めました!!

もうこうなるとアーセナルのペースである!!

ワンタッチを絡めたプレーで、ゴール前まで接近すると、
そこからフレブが、ミドルシュートを放つが、これは
惜しくもキーパーに防がれてしまう。

また、フレブからアデバイヨール、そしてウォルコットに
渡り、最後は2列目から飛び出してきたセスクに渡ると、
そのままシュート。これも惜しくもバーの外・・・

しかしその直後、セスクからのロングパスに、相手の選手が
トラップミス、それを逃さずウォルコットがボールを拾う
と、そのままドリブルして、一人交わして、シュート!!

これが決まって、2−1と逆転に成功する!!

それからもアデバイヨールがキーパーと1対1となり、
シュートをするも、惜しくもキーパーに当たってノーゴール。

このとき横にフリーでベントナーがいたんだけど、
まだわだかまりがあるのか、出さなかったねえ〜

このままいけば、ウォルコットがダシウバの悪夢を打ち消す
ヒーローになれるはずだった。

アウェイゴール裏で、アーセナルのサポーターが、ダシウバ
の9番のユニフォームを掲げながら応援していたのが、
感動を誘った・・・

途中でダシウバの様態の報告が入る・・・足首の骨折という
最悪の報告が・・・これでダシウバの今季は終わったでしょう。

そのダシウバのためにも、なんとしても勝ちたかった!!
しかし、しかし、神はアーセナルに試練を与えた・・・

後半もロスタイムという所で、攻め込まれ、なんとかフラミニ
とセンデロスが体を張って防いだこぼれ球が、クリシーのところ
に転がった。

クリシーはただそのボールをクリアすればよかった。なのに、
なのにである・・・信じられないことに、彼はそのボールを
ゆっくりと見送ったのである。

そのボールに反応したバーミンガムの選手にクリシーが慌てて
対応するが、それがファールとなって、なんとPK・・・

ギャラスは信じられないといった表情で、愕然と肩を落とし、
戦意を喪失・・・ライン上でこぼれ球に反応する身構えを
することもなく、すごすごとベンチの方へ引き上げていく・・・

結果は2−2の同点で終了・・・

悔しくて悔しくてしょうがない、なんとも後味の悪いゲームと
なってしまった・・・

ちょっとドーハの悲劇に近い感じかな・・・

アーセナルのサポーターはもう気持ちが抑えられないのでは
ないだろうか!?

そして今後だが、ダシウバのケガにより、アタッカー陣が
アデバイヨールとベントナーしかいなくなってしまった・・・
この仲の悪い2人だけで、やっていけるのだろうか・・・

ファンペルシーはしばらく戻れないし、ロシツキも戻れない。

もうウォルコットに頼るしかないと、僕は思う。

今日みたいな活躍ができれば、ダシウバの代わりはおさまる
だろうと思うし、期待したい。

それにしても、クリシーの考えられないプレー・・・
どうこれを消化すればいいのか・・・

試合後ヴェンゲル監督は、クリシーの背中をポンと叩いていた。
この態度には、きちんとこの結果を受け止めたのだと思う。
そして次の試合を見つめているのでしょう。

さすがはヴェンゲルさんですねえ・・・

それにしてもバーミンガムは大きな、ホント大きな結果でしょう。
バーミンガムの戦う心が、こういう結果につながったのだと
思う。

バーミンガムの選手の健闘を讃えたい、そんな試合でした!!
posted by カザナミ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。