2008年02月25日

ローマ対フィオレンティーナ戦評

レアルに勝ち、気を良くしてのぞんだ4位フィオレンティーナとの
一戦!!ローマは気の抜けない試合が続く・・・

前回の対戦では2−2のドローに終わっている。


さて、ローマのメンバーは4バックにシシーニョ、メクセス、
フェラーリトネット。ボランチにはデロッシ、アクィラーニ。
左サイドハーフに今日はヴチニッチ、右にタッディ。トップ下に
ジュリ。トップにトッティ。キーパードニという布陣。

この上位チーム同士の戦いは、激しい展開が予想された。
お互い正念場を、迎え今後の展開を考えても、絶対負けられない
チーム同士である・・・


ローマはアクィラーニとデロッシが中盤で圧倒的な存在感を示した。
ボールも持てるし、ゲームも組み立てられる。トッティが安心して、
得点ができるのも、この2人の成長は大きい。

前半はローマらしさを出させない、見事なフィオレンティーナの
守備が光ったが、デロッシもアクィラーニも、同じくローマの
守備に貢献していたように思う。

ボールはほとんどローマが支配していたけど、ムトゥがいた
時間帯は、かなりローマも押し込まれていたシーンがあった。
特にサイドからのクロスには、守備に不安を感じた。

だがムトゥがケガで交代してからは、フィオレンティーナの攻撃力は
半減した。決定的なチャンスも、ほとんど作れない・・・

それまでは、フリーキックからのヘディングや、カウンターから
ムトゥが決定的なところでの空振り(笑)またビエリの強烈な
ミドルシュートなど、惜しいシーンがあった。

ローマもシシーニョが攻撃では効いていて、右サイドからゲームを
作ることが多かったように思う。まあ今日はお休みのマンシーニに
代わって、左サイドに入っていたのが。ヴチニッチだったからとも
言えるが・・・

前半はシシーニョがミドルレンジからドライブのかかった強烈な
シュートが印象に残った!!

前半は0−0で終了。

そして後半は1分に早くもヴチニッチが中央をドリブルで切り裂い
てシュートをするが、これは惜しくもキーパーに阻まれる。

後半はヴチニッチの動きが良かった。なるべくサイドで張って、
いい受け方をして、そこから中央に切れ込んでいく動きが、
良かったですね!!

それが実ったのが、後半9分。中央でデロッシがボールを持つと、
左サイドにいたヴチニッチにパス。ヴチニッチはエリア内に侵入
すると、シュートを放つが、相手ディフェンダーに当たり、前へ
こぼれたボールに、シシーニョが反応してシュート!!

これが決まって1−0とローマが先制した!!

それからも左サイドに張るヴチニッチにボールを集め、そこから
チャンスを作り出していく。後半13分にはそのヴチニッチから
中央を抜け出してきたトッティにパスすると、きれいにとおり
トッティはシュートするが、これはキーパーに阻まれた。

ローマはときおりカウンターを食らって、危険なシーンは
あったが、何とか凌ぎきり、1−0でローマが勝利した!!

ローマが勝ち点3をしっかりと取ったことは大きい。
これでローマは15勝目51ポイント。

今日は多少のターンオーバーをひき、ピサロやパヌッチや
ペロッタ、マンシーニを休ませたことは大きい。

そして次節はいよいよ無敗インテルとの戦いが待っている。
ここは絶対に勝たなければならないでしょう。
たとえアウェイであっても・・・

ここで負けたら、スクデットはほぼインテルで決まって
しまう。そんなつまらないリーグにしてはいけない。

そのためにも是非、ローマには勝ってもらいたい!!

そう強く思います(笑)


24節終了時点

1位 インテル      勝ち点60
2位 ローマ       勝ち点51
3位 ユベントス     勝ち点47
4位 ACミラン     勝ち点41
5位 フィオレンティーナ 勝ち点41


インテルとの差が少し縮まったかなあ・・・
あれ、ミランが4位にいますねえ・・・
ちょっと気になる存在です!!

posted by カザナミ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。