2008年02月28日

注目の首位攻防戦インテル対ローマ戦評

インテルとローマの首位攻防戦
現在勝ち点差9の開きがあり、これは
もしローマが負けるようだと、セリエAは
終わったようなもんである。

勝ち点差9とはいえ、唯一食らいついている
2位ローマが、なんとしても勝ってもらって
勝ち点差を縮めて、セリエAの灯りを消さない
ようにしてもらいたい。

注目の一戦の両チームの先発メンバーは、

インテル
4バックにマイコン、ブルディッソ、キブ、
マックスウェル。ボランチの底にサネッティ、
右にヴィエラ、左にカンビアッソ。
右サイドハーフにフィーゴ、左にスタンコヴィッチ
トップにクレスポ。キーパージュリオセーザル
という布陣。

ローマ
4バックにカッセッティ、フェラーリ、メクセス、トネット。
ボランチにデロッシ、ピサーロ。右サイドハーフに
タッディ、左にヴチニッチ。トップ下にペロッタ。
トップにトッティ。キーパードニという布陣。

インテルにはイブラヒモビッチやフリオクルスがいない。
前線に速さと強さを兼ねたこの二人がいないのは、
ローマとしては、助かるんじゃないかな。

逆にローマにはマンシーニやファンがいない。
インテルからすれば、左サイドをスピードでかき回される
心配はない。

ゲームは、序盤はインテルが少し押してたように思う。
中盤ヴィエラやカンビアッソに制圧され、そこから前線
のクレスポに渡ってのシュートが何回か見られた。

しかし少しずつローマも攻め出し、前半37分に、
左サイドでヴチニッチとトネットで切り崩し、トネットから
の早いクロスに、トッティがダイレクトで合わせて、
シュート!!

これが決まって、ローマが先制する!!

大舞台に強いねトッティさんは(笑)
このシュートも本当に難しいのを、いとも
簡単に決めてしまう・・・さすがです!!

これでローマが勢いに乗ったように思う。
今回のインテルの右は、ヴィエラやフィーゴなど、
運動量がそれほど多くはない。

そこを対峙するヴチニッチやトネットが攻め上がる
チャンスが多く感じた。

インテルはこれだけ、タレントが豊富だとはいうが、
イブラヒモビッチがいないだけで、前線が貧弱に
感じる。

今日は引き分けでもいいと思ったんだろうが、
クレスポのワントップって、それほど攻撃的な
布陣ではない。

そこをローマがつけ入るスキはある。
アウェイではあるが、攻撃的にいくべきでしょう。

それが前半のトッティのゴールにつながったんだと
思う。

前半は1−0でローマのリードで折り返す・・・

そして後半、スタンコビッチに代えてスアソを投入。

ようやくインテルも攻撃的にしてきた。

それでもローマが押していたように思う。
1点を守ることなく、攻め上がり、ヴチニッチから
トッティに渡り、さらに右にいたタッディにパス。
そして、タッディのシュート。
しかし惜しくもこれは外れてしまう・・・

インテルは攻撃的に交代し、カンビアッソとフィーゴ
を交代させ、後半17分には早くも交代の3枠を
使い切ってしまう。

そんな矢先に、マックスウェルが足首をひねり、
退場となってしまう。

相手が10人となってからはローマの攻撃がさらに
冴え渡る。

まずはトッティの鮮やかなヒールパスからペロッタに
渡り、中央に走りこんできたアクィラーニにパス。

これをほぼフリーの状態でシュートするも、惜しくも
キーパーの足に当ててしまい、ゴールにはならない。

それからもインテルゴール付近で、中央にいた
ヴチニッチが、頑張ってマイボールにし、ペロッタへ
パス。ペロッタが走りこんでシュートを放つが、
ディフェンスの足に当たり、惜しくもゴールならず・・・

こんな展開が続くと、嫌な予感がしてしまう・・・
ローマペースで進んできたが、メクセスが、イエロー
2枚をもらって退場となってしまう・・・

インテルには有利な笛が吹かれるという噂があるが、
まさにこの退場は、そう見られても仕方がないような
イエローである。

これで息を吹き返したインテルは、後半42分には
マイコンからのアーリークロスにクレスポが頭で
シュートを放つが、これは惜しくもキーパーに
阻まれる。

そしてコーナーとなるが、これが一度ははじき返した
ローマも、ペナルティエリア付近にいたサネッティが
はじかれたボールをトラップして、シュート。

これがなんときれいにゴール左隅に入る劇的な
同点ゴールとなる!!

インテルは本当にしぶとい!!

唖然とするローマの選手たち・・・

その横を喜びに沸く、インテルの選手・・・
サネッティは今季初得点でした・・・もの凄く
喜んでましたねえ(笑)

これで1−1の同点、人数も10対10。
これでおもしろくなってきた。

最高の山場を迎えた・・・のに、発炎筒が投げ込まれたり
さまざまに物が投げ込まれたり、ジャッジにも不可解な
判定が多く、テンションが下がってしまった。

結局、1−1の引き分けで終了・・・

ローマにとっては、非常に痛い、黒星に近い引き分け。
インテルにとっては、勝ち点3を取ったに等しい引き分け。

セリエA的には、もう秋風が吹くような結果となって
しまった・・・

インテルは今日負けるようなことがあると、先日リバプールに
負けたり、ヴィエラのような不協和音を抱えているだけに、
チームとして崩壊する可能性もあったと思う。

そうすれば、セリエAの優勝争いは、また混沌とした状態に
なって、盛り上がる可能性もあったが、その可能性も
これでなくなってしまった・・・

ローマファンとしても、残念な結果であったが、
セリエ的にも残念な結果であったのではないだろうか!!

25節終了時点

1位 インテル      勝ち点61
2位 ローマ       勝ち点52
3位 ユベントス     勝ち点48
4位 フィオレンティーナ勝ち点44
5位 ミラン        勝ち点42

posted by カザナミ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。