2008年03月10日

Jリーグ開幕! 川崎フロンターレ対東京ヴェルディ戦評

Jリーグがいよいよ開幕しましたね。
横浜M対浦和レッズの試合を少し見たけど、
ワシントンと長谷部の不在は大きかったよう
に思えた。

さて、昨日は、川崎フロンターレと東京ヴェルディの
旧川崎ダービーをヴェルディ寄りで見ました(笑)


    川崎フロンターレ                            東京ヴェルディ

GK1川島 永嗣 GK1土肥 洋一
DF4井川 祐輔DF4和田 拓三
DF13寺田 周平DF17土屋 征夫
DF2伊藤 宏樹DF5那須 大亮
MF19森 勇介DF22服部 年宏
MF14中村 憲剛MF23福西 崇史
MF29谷口 博之MF14富澤 清太郎
MF8山岸 智MF20廣山 望
FW16鄭 大世MF10ディエゴ
FW10ジュニーニョMF16飯尾 一慶
FW11フッキFW7レアンドロ

昨年はJ2だったので、開幕戦で心配だったのは、
「J1で通用するのか?」
この心配の一言でしょう!!

フッキがヴェルディにいたら、少しは期待もあった
けど、やはりフッキの穴は心配でしたね。

ところが、そんな不安は、立ち上がり15分で消し
飛んでしまった。

攻撃陣では日本最強の川崎に対し、一歩も
引かない攻撃を仕掛け、オフサイドながら、
2度もゴールを揺らしたのである!!

伝統的には早いパスワークで、中央を崩して
点を取るというのが今までであったが、今年の
ヴェルディは、サイド攻撃が特徴である。

特に飯尾と廣山はスピードもあり、運動量もある
ので、前半は対峙する森と山岸が、対応に戸惑って
いたように思えた。

ヴェルディは昨年はフッキ頼みのサッカーと揶揄
されたが、実はこの飯尾と廣山のサイド攻撃が
あって、そしてディエゴというフッキを生かさせる
プレーのできる選手がいて、フッキは得点王になれた
のだ。

だからこそ決定力のあるFWがいたらと思うが、
新加入のレアンドロはそういうタイプではない。

点を取るというところでは、ディエゴや平本に
頑張ってもらうしかない。

でもレアンドロもうまい!!
川崎からすれば、充分脅威になっていたと思う。

しかし、それでも均衡を破ったのは、川崎だった。
たった一本のフリーキックに、一瞬集中力を欠いた
ヴェルディのディフェンス陣の対応が遅く、
反応していた森に決められ、1−0で川崎が
先制!!

なんかオフサイドっぽかったけどねえ・・・

ヴェルディが2本ともオフサイドでノーゴール
になってしまったのとは対照的でした・・・

それでも、その後は集中を切らさずに、2点目を
取られることなく、前半は終了した・・・

意外とヴェルディの選手は落ち着いてるように見えた。
むしろ見ている方が、落ち着かなかったんじゃない
でしょうか(笑)

少し川崎の方にも触れておきたい。
前半で1点リードしてはいるが、戦前の予想で
多く聞かれた爆発的な攻撃陣は、まだ連携不足なのか
影を潜めていた。

だが前にスペースがあるときは怖い。
だから前を向かせる前に潰しにかかるヴェルディ
のディフェンス陣の対応はよかったと思う。

特に福西はよかった!!
逆に川崎は中村が、空気になってましたねえ。

そして後半、徐々に川崎も前線にボールが入る
ようになっていき、枠内シュートの数が増えてくる。

シュート数は多いが、ほとんどがキーパー正面の
それも弱いシュートばかりだった。

点を取らなければいけないヴェルディは、飯尾に
代えて河野。廣山に代えて平本と、前へ仕掛ける
選手を起用する。

河野は17歳の期待のルーキーだが、日本代表の
中村をフェイントで抜いたときは、圧巻でしたね(笑)

流れは再びヴェルディに・・・

中盤はほぼヴェルディが制圧し、後半の終盤には
川崎が守りに入ったこともあり、川崎陣内での
プレーが続いた。

コーナーキックからは、バーに当たる惜しいシュートも
あり、決定的なシーンはヴェルディの方が多い。

川島のセーブがなければ、展開は違っていただろう。

このまま川崎が凌ぎ切れるかという後半ロスタイムだった。

中盤でボールを奪った福西が平本にパスすると、
平本はそのままゴールへ向かって突進する。

その平本をマークしていた川崎の伊藤が倒して
しまい、PKとなった!!

これをディエゴが、ゴールポストに当てながら、
入れて、1−1の同点に追いついた!!

そして試合は終わった。凄い試合でしたねえ・・・

内容はヴェルディの方がよかったように思う。
攻撃の形も作れていたし、守備も安定していた。

あとは決定力をつけていけば、今日だって点が
2〜3点は取れていたと思う。

川崎はフッキが入って、3トップになったのは
脅威だが、その分バランスが悪くなったと思う。

中盤からの形はほとんど作れていなかったのでは
ないだろうか!!

だが川崎はこれからでしょう・・・
3トップが機能しはじめたら、手に負えなく
なるだろうね!!

またヴェルディは、きっちりJ1仕様に仕上げて
きた。J2ほどプレスも激しくかけてこない
ので、ゆっくりとボールも持てるので、むしろ
やりやすいようにも見えた。

次節が昨年の覇者鹿島アントラーズだが、
今日のような調子でいけば、いい戦いができる
と思う。頑張れヴェルディ!!

川崎フロンターレ 1 対 1 東京ヴェルディ


他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヴェルディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89068764

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。