2008年03月17日

J1 2節 東京ヴェルディ対鹿島アントラーズ戦評

Jリーグも開幕して2戦目となる。
我が東京ヴェルディも、昇格したてで、昨年ナビスコ
準優勝の川崎、そして今回が昨年王者鹿島アントラーズ
と、強豪との戦いが続く・・・

前回の対戦で手応えを感じたとは思うが、早く
勝利が欲しいヴェルディ。

それなのにこの対戦相手の日程は、厳しいよねえ。
次はガンバだし・・・

昨年王者に対し、昇格したばかりのチームが
どれだけやれるのか!!

まあ、負けても内容が伴えば、いいかなという
気持ちで見ました!!


東京ヴェルディ      鹿島アントラーズ
GK 1 土肥 洋一      GK 21 曽ヶ端 準
DF 4 和田 拓三      DF 2 内田 篤人
DF 17 土屋 征夫     DF 3 岩政 大樹
DF 5 那須 大亮      DF 4 大岩 剛
DF 22 服部 年宏    DF 7 新井場 徹
MF 23 福西 崇史    MF 15 青木 剛
MF 14 富澤 清太郎   MF 40 小笠原 満男
MF 20 廣山 望      MF 10 本山 雅志
MF 10 ディエゴ       MF 8 野沢 拓也
MF 16 飯尾 一慶     FW 18 マルキーニョス
FW 7 レアンドロ       FW 9 田代 有三


相手はAFCのため、中3日での試合で、そこが
ヴェルディの付け込めるスキかなと思ったが、
鹿島の選手の運動量が全然落ちない。

ヴェルディもベテランが多いとはいえ、
フィジカルトレーニングは多く取り入れて
きたので、スタミナには自信がある。

そんな運動量がある戦いはスピードがあって、
見ていておもしろい。

鹿島相手もに、ヴェルディが押し込む展開も
多々あった。

開幕戦の自信もあるのか、開始早々に相手のミス
から廣山が奪って、キーパーと1対1になるも
惜しくも決まらず・・・

廣山に決定力がつけば、いい所にいるだけに
それだけで、得点力はUPするんだけどなあ。

中盤では福西がデェフェンスでも、攻撃でも
起点になっていた。

川崎戦ほどのスペースは与えられなかったが、
中盤は鹿島相手に互角の戦いをしていたように
思う。

後半に入ってさらに攻撃的にいくヴェルディ。

このあたりのスピリットはいい。強豪相手でも
引くことなく攻める。これが見る側からすれば
おもしろい。

その結果、ヴェルディに大きなチャンスが訪れる。

中央でディエゴからレアンドロ、そしてまた
ディエゴ、そして廣山が中央に入ってきた
ところに、パスが入ると、廣山はそれを
またディエゴへ・・・これに完全に鹿島
のディフェンス陣を崩し、フリーで蹴った
ディエゴのシュートは、なんとゴールポスト!!

完全に決まったと思ったのに・・・

これで逆に流れが鹿島に移り、交代で入ったダニーロに
縦パスを入れられ、それに素早く反応したマルキーニョス
に決められてしまう!!

そして前がかりになったところに、カウンターで
またもマルキーニョスに決められ、ジ・エンド。

やはり、王者は王者だった・・・

決めるべきときに決めるか決めないか、だけの差だった。
でもその差がとても大きかった!!

でもヴェルディも下を向く内容ではなかったし、今後も
この形を維持し、熟成を図れれば、上位にも充分に
食い込めるのではないでしょうか!?

ただそれには、早く得点して勝利という結果が
欲しいところです(笑)

他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヴェルディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。