2008年03月20日

浦和レッズ開幕2連敗を考える

昨年のアジアチャンピオンの浦和レッズに
何が起こっているのだろうか!!

こういっては何だが、昨年上手くいって
いたから見えなかった膿が、今頃になって
出てきたように思う。

そもそも昨年のレッズの中枢を担っていた
のは、ポンテとワシントンだった!!

この二人に合わせて、サッカーをやって
いたように思う。

そんなワシントンも、オジェック監督と
折り合わずに退団となってしまった・・・

監督と選手との間のコミュニケーションの
部分が大きいのではないだろうか!?

そこが解消できずに、メンバーが変わって
さあ、やるぞとなったときに、土台の部分で
迷っている選手が多いのではないだろうか!!

選手個々には力はどのチームよりもあるのに
その力を合わせることが出来ないのが、今の
浦和レッズなんでしょう。

高原を獲得しても、今の土台のないレッズでは
高原までボールを運ぶ回数が少ないので、
それほどチャンスはない。

開幕2戦を見ても、全く攻撃の形が作れて
いないのも、そんなところが原因のような
気がする・・・

個人対個人では強いレッズの選手も、周りと
連動して動くということが少ない。
要は連携がなってない!!

今までは個の力で打破できた部分も、相手チーム
から、研究もされるし、今までのような戦い方が
通じなくなってきているように思う。

ACミランのようにね(笑)

つまり今、レッズは考え方を変えなくてはならない
時期に来ているのかもしれないと思う。

そこで浦和レッズは、監督オジェック氏を、開幕2戦
での解任を発表した。

理由は、チームが一つにまとまっていない。
その状況打破には、監督の解任しかないという決断に
達したようですが、これが良い方向に行くのか!!

今後が注目ですね。

余談ですが、エジミウソンは、ハートが弱い面
もあるようで、今レッズにブラジルの選手が
いないのも、結構精神的にきているようですよ(笑)



他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348
 

posted by カザナミ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90171774

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。