2008年03月23日

ローマ対エンポリ戦評

ミランに勝ったが、前節ラツィオ戦で敗戦し、スクデット
争いに崖っぷちとなってしまった。

このエンポリ戦はすっきりと勝利して、なんとかこのまま
勝ち点差を広げないようにしていきたいところです。

ローマのメンバーは4バックにカセッティ、パヌッチ、
フェラーリ、トネット。ボランチにはデロッシ、ピサロ。
左サイドハーフにマンシーニ、右にジュリ。トップ下に
ペロッタ。トップにトッティ。キーパードニという布陣。

今日はラツィオ戦とは違い、タッディ、アクィラーニ、
ファン、メクセス、シシーニョはお休み。

それでも、全然心配のない穴のない布陣が組めるのは、
今のローマの強みでもある!!

さて試合は、ここまでレアル、ミラン、ラツィオと、強敵
ばかりの連戦をこなしてきたのが裏目に出て、手を抜いて
いるわけではないだろうが、いまいち集中力に欠けていた。

ボール際での詰めが甘い、寄せもぬるいし・・・

残留争いをしているチームに対して、かなり決定機を作られ
ていたのが気になる。

ピッチが雨でスリットなこともあるが、トッティが珍しく
トラップミスしたりボールを取られるシーンが多かった。

さらにマンシーニもいつものような図太さが見られず、
ボールを追わないし、シュートも打たない・・・

ちょっと、試合としても迫力がかけていた。

そんな試合に詰め掛けたサポーターが許すはずはない。
途中からブーイングをし始めました(笑)

それが効いたのか、突然スイッチが入り、連携が良くなり、
ゴール前へ進む意識が強くなりだした。

そして前半分、サイドバックのトネットが中央のトッティ
目掛けて強いパスをすると、トッティはそれをいとも簡単に
トラップし、前線へ走りこんだトネットに、必殺のヒールパス
をした!!

トネットはドンピシャでボールを受け取ると、冷静にゴール
を決め、先制した!!

トネットは今季初ゴールでした!!

そして前半終了・・・終了間際にトッティが足を痛めていた
のが、気になりました・・・

そして後半ですが、相変わらずローマはぬるい・・・

そのぬるさがピンチを招き、カウンターから失点してしまう。
ラツィオ戦同様、先制しながらも追いつかれるという最悪の
展開に・・・

さらに、ペロッタが一発レッドで退場になってしまう・・・
ちょっと一発レッドは厳しい判定に思う。

この判定にローマサポーターもブーイングを審判に浴びせた。
スタジアム全体で、審判にもエンポリにもプレッシャーを
かけ、ローマに良い雰囲気が生まれ始めた・・・

そして目が覚めたローマに、必死さが出はじめてきた。
ようやくローマが戦い始めた!!

左サイドでファールをもらったローマは、セットプレイから
ピサロのフリーキックに、パヌッチが頭で合わせて勝ち越しに
成功する!!

10人のローマが勝ち越しに成功するって、サッカーって
わからんもんですなあ・・・

試合は結局2−1でローマが何とか勝利に結びつけることが
できました!!

しかしイエローが数多くでた試合となり、次節累積でデロッシ
ヴチニッチが出られない状況になってしまった!!

それでも勝ち点3を奪えたことは、ローマにとって、良かったし
次節も、この調子で、突き進んでもらいたい!!


他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90506230

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。