2008年03月24日

マンチェスターユナイテッド対リバプール戦評

ホーム、マンチェスター・ユナイテッドのメンバーは
4バックにブラウン、リオファーディナンド、ヴィデッチ
エブラ。ボランチに右からスコールズ、キャリック、
アンデルソン、左ウイングにギグス、右にロナウド。
トップにルーニー。キーパーファンデルサールという布陣。


一方アウェイ、リバプールのメンバーは、
4バックにアルベロア、シュケルテル、キャラガー、
アウレリオ。ボランチにマスチェラーノ、シャビアロンソ。
左サイドハーフにバベル、右にカイト。トップに
フェルナンド・トーレス。キーパーレイナという布陣。

 
まず、試合開始10分で、マンUの方が落ち着いているよう
に感じた。

セットプレイから、チャンスも多く、得点の匂いはマンU
の方が感じた。

その匂いが強く感じたのは、リバプールのGKレイナの
調子があまりにも悪すぎたことも理由にある。

目測を誤ったり、キックの精度は悪いし、失点シーンも
飛び出しの反応が遅かった。

そんなマンUペースで進んでいた前半33分に、
ルーニーのクロスに、ブラウンのヘディングが
決まり、1−0となる。

ルーニーはマンUのトップではあるが、周りを使うのが
上手い。ゴールゲッターというより、チャンスメーカーと
いう感じかな・・・

そして前半44分、事件は起きた・・・

フェルナンドトーレスのイエローに、すでにイエローをもらっ
ていたマスチェラーノが、抗議に行って、2枚目のイエローを
もらい、退場となるなんともマヌケな内容で、リバプールは
10人となってしまう・・・

ただでさえ、マンUに相性の悪いリバプールが、アウェイで
1点ビハインドで、勝負は早くも決まってしまった・・・

後半は、10分ほど、リバプールも攻めることは出来たが、
ほとんどがマンUの攻撃に耐える時間が続いた。

そして後半34分。クリスチアーノ・ロナウドの上手い飛び出し
でキーパーと1対1という状況となるが、これはレイナが
反応して、コーナーに逃れる。

まだリバプールにも運があるなと思った瞬間、このコーナーで
クリスチアーノ・ロナウドに決められ、2−0となってしまう。

これで、リバプールの気持ちの糸は切れてしまった。

その後、交代出場したマンUのナニに、きれいに、決められ
3−0と、上位チームの対戦とは思えない点差にまで広がる。

そしてタイムアップ・・・

今日は終始マンUだった・・・
守備もいいし、得点もキレイに決める。攻守全てが、バランスが
いい。

逆にリバプールは、フェルナンド・トーレスに注目していたが、
ボディバランスは強いし、いいプレーもあったが、精神的に
落ち着きがないように感じた。

これでリバプールのプレミアでの優勝はないでしょう。
そしてマンUが走る可能性も出てきた・・・

それをなんとか、この後、戦うチェルシー対アーセナルの両者に
マンUの独走を阻止すべく、頑張ってほしい・・・

他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。