2008年03月31日

ボルトン対アーセナル戦評

ここのところ運がない試合が多いアーセナル。
前節もチェルシーとの2位・3位対決で、先制を
するも、逆転負けを食らい、ついに3位にまで
後退してしまった・・・

これで5戦連続で勝ちがない・・・

このボルトン戦は大事なチャンピオンズリーグ
準々決勝を3日後に控えた、非常に大事なゲーム
となる。

ここでなんとか負の連鎖を断ち切って、リバプール
戦にのぞみたいところ・・・


アーセナルのメンバーは4バックにトゥレ、ギャラス
センデロス、クリシー。ボランチにセスク、フラミニ
左サイドハーフにディアビ、右にフレブ。
ツートップにベントナー、ファンペルシー。
キーパーアルムニアという布陣。

注目はツートップの二人だろうね。
ベントナーとファンペルシーの組み合わせは、初めて
なので、どんな展開が生まれるか、楽しみである。

さてゲームは、アウェイのアーセナルが、積極的に
攻撃を仕掛け、ポゼッションを取る。

中盤でボールが持てるアーセナルが攻勢に仕掛けるが
いつものように、フィニッシュが弱い。

また雨も邪魔して、攻撃がうまく噛み合わない・・・

そんな中、いつものアーセナルの悪い癖で、
カウンターを喰らい、右サイドからのクロスに
テイラーが頭で合わせて、ボルトンが先制する!!

いつもの悪いパターンである・・・しかも最悪なことに
焦ったアーセナルのディアビが、ボールを取られ、
無理に取りに行ったところ、スパイクの裏で、相手の足首に
思い切り、削ってしまい、一発レッド!!

これで、アーセナルは10人となってしまう・・・

そして前半43分、またもやテイラーのシュートが
ギャラスの足にあたってしまい、ゴール。
0−2で前半を折り返す・・・

しかし気持ちを入れ替えた後半に、ドラマは起きた!!

後半15分まではまさにアーセナルにとっては、地獄の
ようだったでしょう・・・

セカンドボールはことごとく拾われるわ、拾われたら
サイドに渡り、そこからクロスで、ピンチを招く・・・

コーナーキックを何回か凌いだことか・・・

しかし後半17分、キャプテンギャラスがやりました!!

コーナーキックを、ファーから駆け込んできての、
シュート!!これが決まって1点を返したのだ!!

勢いに乗るアーセナルは、ウォルコットとアデバヨールを
入れて、更に攻撃的にゲームを行い、後半21分に、クリシー
からのスルーパスを、アデバヨールがはたいて、フラミニが
シュート!!

これは惜しくもキーパーに弾かれるが、そのボールに詰めた
フレブが、引っ掛けられて、PKとなる!!

それを蹴るのはファンペルシー。

ここまで気合が入りすぎて、浮かしてしまっていたので、
心配ではあったが、きっちりと決めて、10人で同点に追いつく。

10人で同点に追いつくだけでも、すごいことなのに、
アーセナルはやってくれました!!

後半45分になろうというところで、クリシーからの縦パスに
フレブが入り込み、戻し気味にセスクにパスすると、セスクは
それをシュート。

ボールは、ボルトンのディフェンスに当たって、
なんとオウンゴールで、3−2でついに逆転に成功する!!

そして、試合終了の笛。 まさにミラクルだ!!

大事なチャンピオンズリーグ前の試合で、良い雰囲気で
終えたことは大きい。ただ10人で戦ったので疲労は多く、
今日は温存していたアデバヨールを出さなければならなく
なってしまったのは、痛いところ・・・

そして次節からチャンピオンズリーグを含め、
リバプールと3連戦を行い、そしてその次には
なんとマンチェスターユナイテッドとの試合がある。

まさに試練の4連戦が始まる・・・

だから今日の勝ちは、弾みをつける意味でも、消耗は
したが、勝ったことは大きいと思う。


32試合終了時点

1位 マンU     勝ち点76
2位 チェルシー  勝ち点71
3位 アーセナル  勝ち点70
4位 リバプール  勝ち点62
5位 エバートン   勝ち点57


他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91770006

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。