2008年04月01日

3節 ガンバ大阪対東京ヴェルディ戦評

共にリーグ戦勝ちのない両チームの対決!!
チーム力だけでいえば、ガンバの方が強いだろう。

けどヴェルディも、勝っていないとはいえ、
昨年覇者のアントラーズや、今季優勝候補といわれる
フロンターレ相手に、良い内容は残してきた。

なかなか面白い戦いになるのではないだろうか!!

GK 22 藤ヶ谷陽介 GK 1 土肥洋一
DF 27 橋本英郎  DF 4 和田拓三
DF 2 中澤聡太   DF 17 土屋征夫
DF 5 山口智    DF 5 那須大亮
MF 13 安田理大  DF 22 服部年宏
MF 17 明神智和  MF 23 福西崇史
MF 7 遠藤保仁   MF 14 富澤清太郎
MF 10 二川孝広  MF 20 廣山望
FW 9 ルーカス   MF 10 ディエゴ
FW 11 播戸竜二  MF 7 レアンドロ
FW 18 バレー   FW 19 船越優蔵

ヴェルディとしては、得点が取れないというのが、
一番の悩みどころであり、今日はワントップに
船越を入れてきた。

確かに背はあるけど、足元がヘタなので、ヴェルディの
パスサッカーにときおりミスがあり、、正直起用に
???でした(笑)

前半は、両チームとも、様子を見る形で入り、10分過ぎ
までは、決定的なチャンスはなかった。

しかしホームのガンバが徐々にペースを掴み、遠藤や二川
が中盤でキープすると、サイドへ展開し、クロスを
送るという形で、ヴェルディのディフェンス陣に揺さぶり
をかけてきた。

またルーカスや播戸に縦パスが入るようになり、シュート
シーンも作り出せるようになってきた。

そして前半15分。中盤の遠藤とルーカスでチャンスを作り、
橋本からのクロスに播戸が足で合わせて、先制する!!

これは当たりそこねであったが、かえってそれが良かった。

ここからしばらく、勢いのついたガンバペースになるが、
ピンチを防いだあとのカウンターから、レアンドロ、
冨澤とつないで、冨澤のクロスに、船越が足を伸ばして、
シュート!!

これが決まって、1−1の同点とする!!

船越君、あまり期待していないなんて言って、ゴメンね(笑)

ヴェルディが初めて流れの中から決めたゴールでした!!

その後、ガンバは再び攻撃に人数をかけてきたが
両サイドのクロスの質が良くなく、バレーに惜しい
シュートがあったが、それ以外見せ場なく、
またヴェルディも前半最後のコーナーキックまでの
攻撃以外見せ場なく、前半は終了・・・

後半はガンバペース。ヴェルディはセカンドボールを
拾えない苦しい時間だけが、過ぎていく・・・

しだいに体力が失われ、ヴェルディは攻撃に人数が
かけられなくなり、ディフェンスラインも上げられ
ない状態になってしまう。

そしてついに、左サイドの安田が粘ってクロスを
送ると、一瞬のスキをつかれ、ルーカスに
決められ、2−1とガンバが勝ち越しに
成功する

ガンバとヴェルディの差は、ボールキープできる人の
差である。遠藤にボールが入ると、取られないが、
ディエゴや福西は、今日はキープが出来なかった。

また、シュートの意欲もバレーや安田など強引に打ったり、
遠藤のように、遠目から打ったりと、シュートする意識が
高いのに対し、ヴェルディの選手たちは、意識が低い
ので、シュートレンジでもたついて、ボールを取られて
速攻をかけられることも多かった。

結局そのまま2−1でタイムアウト!!

これでヴェルディは開幕3試合で1分2敗勝ち点1で
16位という順位に沈んだ・・・

まあ3連敗も覚悟していた開幕3試合だったので、
この結果は、まあ仕方がないと思っている。

次は勝とう!!

他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヴェルディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91814919

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。