2008年04月09日

CL敗退!!セスクで終わったアーセナル・・・ 

後半ロスタイム、跳ね返されたボールは、リバプールの
バベルがおさめ、そのままアーセナル陣内へ向かう。

その先にはキーパーアルムニアがいるだけ、しかし横を
併走して追いかけるセスクの姿があった・・・

セスクは20歳という若さでアンリなきアーセナルを
引っ張り、ほぼこれまでフル出場をしてきた。

ここ最近のセスクは、見ていて分かるぐらい疲労感が
いっぱいであった。

そのセスクが最後にボールを追い、バベルの背中を
掴んで、退場覚悟で掴みにいったが、掴みきれずに
決定的な4点目を奪われ、ここにアーセナルの
ビッグイヤーの夢は絶たれた・・・

セスクにはよくやったと讃えてやりたい!!
今日は相棒のフラミニを前半で失い、孤軍奮闘
走り回って、頑張っていた。

しかし、ミラン戦のときのような、キレ味はない。
それでもここまで、気力で走りぬいた。

そしてその最後が、掴みきれなかったバベルの
ユニフォーム・・・掴むことは決していいことでは
ないけれど、その気持ちはよく分かる・・・

今日のリバプール戦の全てがこの最後によく
表れていたように思う・・・

結局、4−2でリバプールに敗れたアーセナル。

ディアビの先制までは、完全にアーセナルペースだった。
リバプールは、Fトーレスとクラウチを並べるという
普段とは違うシステムに、選手たちが戸惑っていた。

だが、ここはアンフィールド・・・それぐらい
のことでは崩れないのがこの聖地である。

17分後には、ヒーピアが頭で決めて同点とすると、
後半24分にクラウチが頭ですらしたところに
Fトーレスがいた。

トーレスはトラップして、反転してシュート!!
これが決まって、2−1と逆転に成功!!

しかしこれで終われないアーセナルは、ファンペルシーと
ウォルコットを入れて勝負に出る。

この采配があたり、ウォルコットが自陣から
1人でゴール前へと運び、最後はアデバヨールに
パス。アデバヨールはただそれを蹴り込むだけだった。

後半39分のこのアウェイゴールは、同点でも
アーセナルの勝ち抜けになる!!

しかし喜びはその1分後に一気に地獄へと
突き落とされた!!

トゥレがバベルを倒してしまい、なんとPK・・・

蹴るのはジェラード・・・

この大事な局面でのPKをいともあっさりと
決めてしまう!!

これで3−2と再びリードを奪ったリバプール!!
そして、最後は冒頭のバベルのゴールへと繋がって
いく・・・

思えばミラン戦のときのアーセナルが一番輝いて
いたかもしれない・・・

ケガ人も多く、ファンペルシーは戻ってきたが、
ロシツキは今季絶望、サニャも離脱し、この日フラミニ
もケガを負った・・・満身創痍の中でよく
戦ったと思う・・・

ビッグイヤーの夢は終わったが、まだプレミアシップ
が残っている。まだ下を向かずに、週末の
マンチェスター・ユナイテッド戦を全力で
戦ってもらいたい。

僕は一生懸命応援します(笑)

posted by カザナミ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92816325

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。