2008年04月09日

ローマ対ジェノア戦評

まだスクデットも、イタリア杯も、ビッグイヤーも
狙える唯一のチームがローマだ!!

イタリア杯は準決勝まで勝ち進んでいるようだが、
チャンピオンズリーグは、アウェイでマンU相手に
3−0で勝たないと、ベスト4は難しい・・・

また、スクデットも自力ではなく、首位インテルの
自滅待ちなため、非常に厳しい状況ではあるわけだ。

とにかくローマは、目の前の試合をトーナメントの
つもりで、戦うことが必要である。

ローマのメンバーは、4バックにシシーニョ、パヌッチ
メクセス、カッセティ。ボランチにデロッシ、
ペロッタ。右サイドハーフにタッディ、左にトネット。
トップ下にジュリ、トップにヴチニッチ。
キーパードニという布陣。

システム的には超攻撃的布陣で、もしかすると
マンU戦を睨んでのことかもしれない。

とにかくアウェイでも2点は取らなければならない
のだからね・・・

さてジェノア戦は、2点を先制しながらも、
後半わずか2分の間に2点を取られ、同点とされるが、
なんとかPKゲットで、デロッシが決めて、
3−2でローマが勝利することができた!!

まあ2−0で勝っておかないといけない試合だと
思うが、トッティやアクィラーニ、またマンシーニ抜き
だったことを考えると、仕方がないのかも・・・

点を取るときの形はよく、デロッシからのロングパスを
トネットがしっかりと左サイドで受け取り、ゴール前に
正確なクロスを送ると、タッディが決めた!!

またすぐ3分後には、これまたデロッシのヴチニッチに
当てる強いパスを、ヴチニッチが浮き球にすると、
それを鮮やかにループシュートで、ゴール!!

攻撃はいいが、失点シーンは逆にローマの
悪い癖である集中力のなさを感じた。

特にディフェンスラインは、不安を感じる。
失点シーンでも、寄せが甘く、1点目を失い、
メクセスが不用意に前へ出たことも災いとなって
、2失点目を失った・・・

まあ、パヌッチは純粋なセンターバックの選手では
ないし、左サイドバックのシシーニョは守備は
ヘタである(笑)

マンU戦で言うと、もし2点取れた場合の、守備面の
対策も考えておかなければならないでしょうね。

さすがに3点取るのはあのオールドトラフォード
では酷なので、2点取れれば、PK狙いで、交代を
守備重視で考えるとかね・・・でもローマには
守りのスペシャリストはいないからなあ・・・

ファンは戻ってこれないのだろうか!?

そしてなんといっても、フランチェスコ・トッティだが、
どうやら、第2レグも欠場がほぼ決まったようである。

マンU戦は、攻めても守っても、不安だらけですな。
でも、選手にはとことん攻め抜いてほしいと
思います!!


他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92822988

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。