2008年04月11日

東京ダービー勝つのはどっち!?「東京ヴェルディ編」

2008_03.jpg

さて次節のJリーグの注目試合は、浦和レッズ対
鹿島アントラーズなんだろうが、東京ダービーも
3年ぶりとあって、盛り上がることは間違いない!!

前節を、フッキの加入で、攻撃力に厚みを増した
ヴェルディは、シュート27本を放ち、得点こそ
1点に終わったが、J1復帰後の初勝利を手に入れた。

内容もヴィッセルを圧倒していたと思う。

ヴィッセルもここまで負けなしできていた非常に
バランスのいいチームだった。

レアンドロを欠いたことは大きかったとは思うが、
粘り強いチームである。

そんなヴィッセル相手に、前半はフッキを中心に、
ディエゴ、レアンドロ、河野が絡んで、また後方から
福西が良いタイミングで攻撃に絡んだ分厚い攻めを
作り出し、再三チャンスを作っていた。

ただ王様フッキのシステムは、パスの供給源になる
ディエゴとのホットラインを徹底的に潰せば、
カウンターに持っていかれやすいこともあり、
そこを、両サイドのレアンドロや河野がどう
その2人に絡んで、連携の取れたプレーを
するかが、カギになるだろう。

昨年そこを打開できたのは、飯尾と廣山という
2人がよく戻り、守備が出来たことが、大きかった。

まあ舞台は昨年と違いJ1なので、相手の対応も早い
ので、そう簡単ではないだろうが、その辺は福西に
期待したい。

彼が中盤で、上手く散らしてくれて、バランスを
富澤と取ってくれれば、フッキ・ディエゴの個人技と、
両サイドのレアンドロ、河野を使ったサイド攻撃と、
できると思う。

守備は那須が入ったことで、これまで失点は重ねては
いるが、大きく崩されたシーンは少ない。キーパー
土肥のコーチングも効いているのだろう。

さて東京ヴェルディの注目の選手は、フッキも
そうだが、18歳の河野をあげたい!!

前節ヴィッセル戦で得点をあげたのが、この河野である。

とにかく彼のボディバランスはいいし、スピードもある。
またドリブルも、交わしていくのではなく、向かっていく
姿勢がいい。

ドリブルといえば、近年ではレッズに移籍して
しまったが、相馬がいる。また若いという所では
森本がいる。

ヴェルディにはときおり、個人能力の高い選手が
出現することがあるが、まだその選手が代表で
活躍するまで成長しない・・・

河野には代表で必要不可欠な存在になってもらいたい。

さて次節の東京ダービーは3年ぶりとなるが、
フッキ要するヴェルディが、どこまで暴れてくれるか
楽しみである!!


他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ヴェルディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。