2008年04月15日

マンチェスターユナイテッド対アーセナル戦評

とにかく僕にとって、先週は最悪な週となって
しまいました・・・

リバプール3連戦を、2分1敗と負け越し、アーセナルの
チャンピオンズリーグベスト4進出を逃してしまった。

特に、チャンピオンズリーグのウォルコットの快走は、
ベスト4を、手に入れたも同然だった・・・

しかし、ここ最近のアーセナルは、肝心な時間で守り
切れない・・・

悔しくて、悔しくて、本当に悔しい一戦でした(笑)

そしてローマも、マンUに、ルーニー、ロナウドを温存
されての0−1の敗戦・・・

これもまたデロッシのPKが、悔やんでも悔やみきれない
PK失敗でした・・・

さてそんな、悔しい週を過ごしたもやもや感を、
この試合で晴らしたい!!そんな気持ちで、観戦しました。


アーセナルのメンバーは4バックにトゥレ、ソング
ギャラス、クリシー。ボランチにセスク、ジウベルト
シウバ。左サイドハーフにファンペルシー、右にエブエ。
トップ下に、フレブ。トップにアデバヨール。
キーパーレーマンという布陣。

意外にメンバーを代えてきましたね。
フラミニが3週間ケガで出られないのは、ロシツキ同様に
厳しい・・・サニャはいつ戻れるんだろうか・・・

こういうときにこそ、ジウベルトシウバやレーマンという
ベテランに期待したい!!

そしてマンUは、4バックにエブラ、ピケ、リオ
ファーディナンド、ブラウン。ボランチの底に
キャリック。前にハーグリーブス、スコールズ。
右ウイングにパクチソン、左にCロナウド。
トップにルーニー、キーパーファンデルサールという布陣。

中盤にボランチ3枚、全部使ってきましたね(笑)

さてゲームは、アウェイのアーセナルが、立ち上がり
勝たないとならないアーセナルが、ラインを上げて、
積極的にゴールを狙いに行っていた。

積極的に攻撃を仕掛け、ポゼッションを取る。
中盤でボールが持てるアーセナルが攻勢に仕掛けるが
いつものように、フィニッシュが弱い。

そして守るアーセナルのセンターバックのソングは、
今季初先発だったが、一度危ないミスを犯し、ルーニーに
シュートまで持っていかれたりしていた・・・

またゴールラインぎりぎりを割るかどうかの攻防でも
ソングの軽い守備に、ロナウドが交わして、危うく点を
決められるシーンもあった・・・

でも、いきなりの初先発のわりには、よくやっていたかな。

前半は0−0で終了・・・

前半だけ見ると、ややアーセナルが押し込んでいたように
見えたが、逆を言えばうまくマンUが攻めさせていたよう
に感じる。

後半に入って得点シーンはすぐにやってきた。

セットプレイから、ファンペルシーはゴール前に蹴らずに
センターにいたフレブにパス。フレブは左サイドに回り
こんで、セスクにスイッチすると、そこからシュート。

しかしそれは跳ね返されるが、こぼれ球をファンペルシーが
拾って、さらにサイドに切れ込んで、クロスを送った。

そこに頭をだしたのが、アデバヨールだった!!
ボールはきれいにゴールに突き刺さる!!

1−0アーセナルが先制する!!

だが、得点した後にすぐ失点するのがアーセナルだ。

今日もわずか5分とたたないうちに、ギャラスがペナルティ
エリア内でハンドを取られ、PKを与えてしまう。

それをCロナウドが、きっちり決めて、あっという間に
同点とされる。

マンUは、ここでテベスとアンデルソンを入れると、
恐ろしいぐらいポゼッションが上がり、同点に追いついた
勢いと、スタジアムの歓声に押されて、攻めはじめる。

アーセナルとマンUの守りの違いは、ペナルティエリア内
の考え方だ。アーセナルはラインを高くしているため、
攻めるスピードは上がるし、オフサイドも取りやすい。

しかし、裏を取られることも多く、その場合ペナルティ
エリア内に侵入されてしまいやすい。

マンUのディフェンス陣は、まずエリア内に侵入する前に
食い止めるので、PKにはなりにくい。

それと試合のプランニングもしっかりしている。

まさにテベス、アンデルソンが同点後に投入されると、
勢いが増す。

中盤でボールがもてるので、前線に人がどんどん入る
こともできる。

それにルーニーやCロナウドが加わっての分厚い攻撃を
仕掛けるので、たまったもんじゃない!!

そして後半25分、Cロナウドを止めきれずに、いい位置
でファールを取られ、それをハーグリーブスが、絶妙な
フリーキックを披露し、あっさりと逆転に成功する!!

レーマンは一歩も動けませんでした・・・

流れの中では、得点を許さなかったが、結局逆転されて
しまったアーセナル・・・

それからもアーセナルはベントナーやウォルコットを
投入して、攻撃を仕掛けるが、マンUの巧みな守備に
得点を奪えずに、結局2−1でマンUが勝利!!

悔しいけど、マンUのまとまりは素晴らしいし、
素直に脱帽ですね・・・

先制されても、慌てないし、じっくりチャンスを
待つ冷静さもあるし、スキがない・・・

そしてなんといっても、選手層の厚さは、アーセナル
にしてみれば羨ましいですなあ〜

それにしても、どれだけ逆転を食らえば、気が済むんだ
アーセナルは・・・チェルシー戦といい、リバプール戦
といい、そして今日の試合といい、少しは頭を使って
生かしてほしいよね・・・

もう今日は悔しさを通り越しました(笑)


 

33試合終了時点

1位 マンU     勝ち点80
2位 チェルシー  勝ち点74
3位 アーセナル  勝ち点71
4位 リバプール  勝ち点66
5位 エバートン   勝ち点61


他にもありますよサッカー専門ブログ↓
http://blog.with2.net/link.php?358348

posted by カザナミ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アーセナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93401628

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。