2008年02月22日

CL1回戦 アーセナル対ACミラン戦評

ミランの術中にはまってしまい、アーセナルは
ホームで勝てませんでした・・・

当ブログはアーセナルを応援しているだけに、
この結果は非常に残念でならない・・・

だが0−0という結果は、アーセナルからすれば
1点取れば、引分け以上で突破できるのだから、
逆に有利だということもいえる。

力的にはアーセナルの方があるので、この結果は、
次のゲーム的には、おもしろい展開になるでしょう。

さて今回のメンバーは4バックにサニャ、トゥレ
ギャラス、クリシー。ボランチはセスク、フラミニ。
左サイドハーフにフレブ、右にエブエ。
ツートップにアデバヨール、ダシウバ。
キーパーレーマンという布陣。

対するミランは4バックにマルディーニ、
ネスタ、カラーゼ、オッド。
ボランチにガットゥーゾ、ピルロ、アンブロジーニ。
左サイドハーフにカカ。右にセードルフ。トップに
パト。キーパーカラチという布陣。


試合は開始わずか8分で、アーセナルのトゥレが
相手の蹴ったボールが足に当たってしまい、
思いのほか、重傷をおってしまった。

ここでトゥレは無念の交代となり、センデロスに
代わった。

でもこの時間帯は、アーセナルの選手の動きが、
ミランを上回っており、序盤はアーセナルのペースで
進んでいく。

ローマのGKレーマンは、スローインのコントロールが
よく、トップのアデバヨールにキレイに渡って、
そのままシュートまで持ち込むなど、精彩を華っていた。

とにかく全体的にリズムが良く、サイドからエブエやフレブが
中央に切れ込んでいき、アデバヨールのポストプレイから
2列目のセスクやフラミニが絡んで、ゴールを脅かしていた。

アデバヨールはトラップもいいし、スペースに飛び込む
動きもいいし、本当に成長したなあ!!

だがミランにも意地がある。
マルディニやネスタなど経験を積んでいるディフェンス陣が
勢いのあるアーセナルの攻撃を、老練なテクニックで
押さえ込んでいた。

圧倒的に攻め込んでいたアーセナルだが、前半を
終わって0−0でした・・・

後半に入ってもアーセナルが勢いづき、その勢いは
徐々に増していく。

中盤でボールを支配し、ミランは全くといって
いいほどボールが取れない。

中盤をセスクやフラミニに支配され、前線に
簡単にボールを入れられる。

ダシウバの惜しいシュートや、中に切れこんでの
エブエの惜しいシュートもあり、セカンドボール
を全てアーセナルが拾う状況が続いた。

この時間帯に、一つでもゴールを揺らしていれば
アーセナルの3−0なんて展開もあったでしょう。

それをさせなかったのは、ミランの守備陣とキーパー
カラチである。特にカラチは当たってたねえ。

ミドルシュートはほとんどキャッチしていました。
ボールを前にこぼしてピンチになることもなかった。

劣勢に回っていたミランだが、ときおりカウンターが
はまってゴール前まで行くが、決定的なとこまでは
いかない。

ミランはパトとカカのスペースさえ消してしまえば
攻撃の手段がなくなるので、アーセナルのディフェンス
陣はかなり楽だったのではないでしょうか!!

サイドバックの上がりもほとんどなく、
マルディニとオッドでは仕方ないとも思うが、
攻撃に厚みはない。

交代して入った選手も、ケガしたネスタの交代に
ヤンクロフスキが入って、中央にマルディニを
入れ、疲れの見えたセードルフに代わって
エメルソンを、限界まで走らせたパトに変わって
ジラルディーノを入れたが、攻撃的になった感じは
しない。

せいぜい、ジラルディーノの高さを生かす戦術
ぐらいである。それもあまり効果はなかった
けど・・・

しかしいくらアーセナルの攻撃が良いといったって
点が入らなければ意味はない。

若さを生かして、後半の終盤に入っても、サイド
バックのサニャやクリシーがどんどん前へ出て行く。
だが、ミランの守備は固い!!

そして迎えた後半ロスタイム。

右サイドから突破した途中出場のウォルコットが、
無理をしながらも、ゴール前まで運び、そして
フリーで待っていたアデバヨールにパスをした。

アデバヨールはただ頭で押し込むだけでよかった。
なのに、なのにである・・・ボールはなんと
ゴールポストに当たってしまったのである・・・

そして試合終了の笛が鳴り、アーセナルのスタジアム
エミレーツは、ため息となってスタジアムに静寂が
包んだ・・・

内容的には見ごたえのあるゲームでした!!
アーセナルのスピードあるパス回しを、
ミランの経験豊富な守備陣が、きっちりと抑え。
又、ミランの攻撃の要であるカカを、勢いのある
パトを封じ込めたアーセナル。


0−0で引き分けたが、第2レグはミランの
ホームであり、この結果はどちらが有利ともいえない。

ミランはホームで1−0で勝てばいいのだから・・・
アウェイで無失点だったのは大きい。

アーセナルは逆にミランのホーム、サンシーロだが、
実はミランは、リーグ戦ではホームであまり勝てて
いないので、気負いはないでしょう。

1点を先に取って、ミランにプレッシャーを
かけられれば、かなりベスト8に近づけるのでは
ないでしょうか!?

3月4日に行われるサンシーロでの
ACミラン対アーセナルの一戦は、まさに
見逃せないゲームであることは、間違いない!!

posted by カザナミ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

CL1回戦 ローマ対レアルマドリード戦評

大方の予想を裏切って、ローマがやってくれました!!

直近のユベントス戦では良い所なく敗れ、
心配されていたが、見事レアルに勝利することが
できた!!

しかし、レアルマドリードは負けてしまった・・・
当ブログは両チームを応援しているだけに、
複雑ではありますねえ・・・

だが2−1という結果は、レアルからすればアウェイ
でもあり、負けたことよりも、アウェイゴールを
奪えたことが、逆に有利だということもいえる。

戦力的にはレアルが優勢なので、この結果は、
次のゲーム的には、おもしろい展開になるでしょう。

さて今回のメンバーは4バックにパヌッチ、メクセス
ファン、カッセッティ。ボランチはピサロ、デロッシ。
左サイドハーフにマンシーニ、右にジュリ。
トップ下にペロッタ。トップにトッティ。
キーパードニという布陣。

対するレアルは4バックにセルヒオラモス、
カンナバーロ、エインセ、トーレス。
ボランチにディアラ。右サイドハーフにグティ、
左にガゴ。3トップにロッペン、ファンニステルロイ、
ラウル。キーパーカシージャスという布陣。


実はローマはホームでレアルに3連敗中で、
分が悪い。

しかしそのデータは当てにならないでしょう。
なぜなら、スパレッティになってからは、
レアルとは対戦していないから・・・

そのときのローマと、今のローマでは全然違う
チームだから、データは当てにならないと思う。

とか言っているうちに、開始わずか8分で、ロッペン
に、左サイドを突破され、戻し気味のクロスに
グティがシュート。それを前線にいたラウルが
ボールの角度を変える絶妙なワンタッチを入れた、
ためにゴールとなり、レアルが先制(笑)

この時間帯は、ローマの選手が緊張していたのか、
明らかに動きが悪く、レアルのペースで進んでいく。

ローマのGKドニは、特に動きが悪く、前に出てきて
ほしいときに、出てこなかったり、ゴールキックが
サイドラインを越えたりと、精彩を欠いていた。

とにかく全体的にリズムが悪く、左サイドはロッペンが
対峙するパヌッチを簡単に抜き去り、決定的なシーンを
何回も作っていた。

ピサロもユベントス戦同様、相変わらずパスミスが
多かった。

だがローマもピサロもホームの意地がある。

前半24分に、そのピサロがマンシーニからのパスに
トッティがつぶれたスペースに、思いきり蹴りこんだ。

これがカシージャスの手を弾いて、ゴールに
突き刺さり、ローマが同点に追いついた!!

これでローマが勢いづくかと思ったが、
ボールはレアルが支配し、前線の3人には
ローマディフェンス陣は、捕らえることができない。

オフサイドで助かったが、ファンニステルロイの
裏への飛び出しから、ゴールを揺らされたシーン
や、ロッペンのドリブルは止められなかった。

ローマもときおりカウンターがはまって
ゴール前まで行くが、決定的なとこまでは
いかず、前半は1−1で折り返す。

後半に入っても、レアルの攻勢は続く。
中盤をガゴやディアラに支配され、前線に
簡単にボールを入れられる。

しかし前半で慣れてきたローマ守備陣が、少しずつ
修正をし、2人で囲むような守備で、相手に
チャンスを与えないようになってきた。

また、ロッペンを抑えきれていなかったパヌッチを
交代して、サイド攻撃のできるトネットに代えたことも
功を奏した。

次第にローマもリズムがでてくると、中盤で
ボールを奪ったメクセスが前線にパスを送り、
トッティがディフェンス陣に囲まれながら、
きれいにボールを足元に収めた。

トッティを追い越し、前に飛び出してきた
マンシーニに絶妙なスルーパスを送ると、
それを受け取って、キーパーカシージャスを
交わしてシュート!!

これが決まって2−1と逆転した!!

契約延長の問題を引きずっているマンシーニが、
大舞台で大きな大きな仕事をしました!!

そして、トッティはやはりキーマンですね。
きっちりと決定的な仕事をしてくれる!!

今回、カンナバーロとの対決は楽しみで、トッティの
ワンタッチパスを読んで、パスカットをしたりして、
ここまではよく抑えていたが、ここでしっかりと
お返しをしてくれました!!

レアルはアウェイでも攻撃に人数をかけているので、
この失点シーンでは2対2という状況だったのが
痛い(笑)

逆転に成功すると、ローマはあまり手をかけずに守って
スキがあればカウンターで点を取りに行くという
イタリアらしいサッカーに徹する。

後半も終盤になると、レアルはロッペンを下げて
バチスタを入れてきた。

でもこれは逆にローマにとっては助かったのでは
ないか!!
ロッペンは捕まえきれてませんでしたからね。

ボール支配率はアウェイながらレアルが56%と
支配し、シュートもローマの倍を打ちながらも、
点が入らない・・・

ファンニステルロイの決定的なシュートはポストに
跳ね返されたりと、ツキもなかった。

最後はお互い疲れきってしまい、前にボールが
運べなくなってしまうほど、消耗していた。
そして試合終了の笛が鳴り、ローマのスタジアム
スタディオオリンピコは、大歓声となって
スタジアムに響き渡った!!


ローマがホームで初めて白い巨人に勝った
瞬間だった!!

内容的にも見ごたえのあるゲームでした!!

ローマのスピードある速攻を、レアルの中盤が、
きっちりと抑え。又、レアルの超攻撃陣を、
初めこそ、いいようにボールを回されていたが、
最終的には、見事1失点で抑えきった!!

2−1でローマが勝利したが、第2レグはレアルの
ホームであり、この結果はどちらが有利ともいえない。

レアルはホームで1−0で勝てばいいのだから、
アウェイゴールを取ったのは大きい。

今回欠場したロビーニョ、マルセロあたりが復帰すれば、
さらに強力な攻撃ができるでしょうが、セルヒオラモスが
イエローをもらったため、次節出場停止なのが、どう響くか・・・

ローマは逆にレアルのホーム、サンチャゴベルナベウでは
勝利したこともあり、気負いはないでしょう。

1点を先に取って、レアルにプレッシャーを
かけられれば、かなりベスト8に近づけるのでは
ないでしょうか!?

3月5日に行われるサンチャゴベルナベウでの
レアルマドリード対ローマの一戦は、まさに
見逃せないゲームであることは、間違いない!!

posted by カザナミ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CL1回戦 アーセナル対ACミラン 速報

アーセナル先発メンバー

       ダシウバ    アデバヨール     

フレブ                     エブエ

       セスク     フラミニ

クリシー   ギャラス    トゥレ    サニャ

            レーマン


ACミラン先発メンバー


              パト

       セードフ       カカ       

  アンブロジーニ         ガットゥーゾ

             ピルロ

マルディーニ    カラーゼ  ネスタ    オッド

             カラチ

得点

なし


交代

トゥレ→センデロス(前半8分)

ネスタ→ヤンクロフスキ(後半4分)
ダシウバ→ベントナー(後半29分)
パト→ジラルディーノ(後半32分)
セードルフ→エメルソン(後半40分)
エブエ→ウォルコット(後半44分)


イエローカード

パト(ミラン)
センデロス(アーセナル)
エブエ(アーセナル)



アーセナル0−0ACミラン
posted by カザナミ at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

CL1回戦 ローマ対レアルマドリード速報

ローマ先発メンバー

            トッティ

マンシーニ     ペロッタ     ジュリ


       ピサロ      デロッシ

カッセッティ   ファン  メクセス  パヌッチ

            ドニ


レアルマドリード先発メンバー


     ファンニステルロイ   ラウル

               ディアラ

     ロッペン            グティ

トーレス     エインセ  カンナバーロ  セルヒオラモス

              カシージャス

得点

前半8分  ラウル
前半24分 ピサロ

後半13分 マンシーニ


交代

ピサロ→アクィラーニ(後半17分)
パヌッチ→トネット(後半21分)
ファン→フェラーリ(後半30分)
ロッペン→バチスタ(後半33分)
ディアラ→ドレンテ(後半33分)


イエローカード

ディアラ(レアル)
デロッシ(ローマ)
トーレス(レアル)
ペロッタ(ローマ)
セルヒオラモス(レアル)
カッセッティ(ローマ)


ローマ 2−1 レアルマドリード

posted by カザナミ at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

ユベントス対ローマ戦評

ローマはこのユベントス戦から強豪だらけの
戦いが始まる!!

ユベントス戦を皮切りに、ウィークデーに
チャンピオンズリーグ1回戦レアルマドリード戦
週末に4位フィオレンティーナ戦。
翌週ウィークデーには首位インテル戦と続くのだ!!

この大事な時期を乗り切るには、まずは
ユベントス戦に勝利することが大事である!!

ユベントスは現在3位で、2位ローマとは
勝ち点4差で追われている。

ここで勝たないと、首位はおろか2位まで
危うくなってしまう・・・

また選手起用も、非常に大事になってくる。

基本的には捨てる試合はないのだから、
全部ベストメンバーで行きたいだろうが、
それはかえって、最悪な結果をもたらす
可能性だってある。

その注目のスタメンは、4バックにカッセティ
メクセス、フェラーリ、トネット。
ボランチにデロッシ、ピサロ。
左サイドハーフにマンシーニ、右にタッディ。
トップ下にペロッタ。トップにトッティ。
キーパードニという布陣。

左サイドバックのパヌッチ以外はほぼ
ベストメンバーでした。

やはり最初が肝心なのだろう。いきなりの
ベストメンバーである。

一方のホーム、ユベントスは、

4バックに、キエリーニ、ゼビナ、モリナロ、
レグロッターリエ。ボランチに、カモラネージ、
ザネッティ、ネドベド。3トップにトレゼゲ、
デルピエロ、ヤクインタ。
キーパーブッフォンという布陣。

こちらはホームだけあって、超攻撃的な布陣で
のぞんできた!!

試合は序盤からユベントスがポゼッションを
高く保ちながら、3トップにボールを当ててきた。

逆にローマはなかなか攻められず、また気合が
入りすぎたのか、ミスが多かった。

タッディやカセッティのトラップミスは特に
ひどかった。

またパスミスも多かった。特にピサロ・・・
ピサロはどうしちゃったのかというぐらい、
出来が悪かった。

逆にユベントスは動きが良く、プレスがよく
効いていた。

そして無得点のまま迎えた前半44分。
ローマ陣内で、メクセスがファールを犯し、
いい位置でフリーキックを与えてしまう。

蹴るのはデルピエロ。
嫌な予感がしたんだよなあ・・

デルピエロの蹴ったボールは壁の脇を抜けて、
一直線にゴールに突き刺さった!!

ユベントスが先制して前半終了・・・

さて後半ですが、少しずつボールが持てるように
なってきたローマが攻撃を開始する。

しかしサイドからのクロスはことごとく
弾き返され、デロッシのミドルは空しく横に
反れ、トッティ目掛けたパスは、ユベントス
ディフェンス陣が、必死にクリアしていた。

ユベントスは少しずつ1点を死守する作戦に
出た。まずは、カモラネージからノチェリーノに
守備重視の交代をし、続いてトレゼゲを交代させた。

一方のローマも、調子の上がらないタッディをジュリと
交代させ、ついでピサロをアクイラーニと交代させた。

この交代が成功したのはユベントスだった。

守備の意識が強くなり、カウンターサッカーに
戦術を変え、ローマの攻撃をことごとく跳ね返す。

ローマは見ていてイライラするぐらい、
遅攻が目立ち、ミスも多い。


ケガしたくないのかな?
そんな風に感じた。ガツガツした感じが
なく、レアル戦を意識してるように感じた。

特にトッティ・・・完全に消えてたな・・・

結局無駄に時間が過ぎ、楽しみにしていた
この試合も、フラストレーションだけが
溜まってしまうだけだった(怒)

結局、この大事な試合にローマは0−1で敗戦。
アウェイでは2連敗となってしまった・・・

こんなんで、レアルに勝てるんかいな!!
少なくても第1レグはホームだから、なんとしても
勝たなくてはならないのに・・・

そしてその後に控えるフィオレンティーナ、
インテル戦も大丈夫か〜

試合観戦後は、酒を飲むスピードが上がったのは
いうまでもないでしょう(笑)

posted by カザナミ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ASローマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

英国ブックイヤーが占うビッグイヤー優勝予想オッズ

チャンピオンズリーグ優勝予想オッズ

1  バルセロナ      4倍
2  マンチェスターU   6倍
3  チェルシー     7.5倍
4  レアル        10倍
5  インテル        11倍
   アーセナル     11倍
7  ミラン         13倍
8  セビージャ      15倍
   リバプール     15倍
10 リヨン         26倍
11 ローマ        29倍
12 ポルト         34倍
13 シャルケ       67倍
14 オリンピアコス    101倍
   フェネルバフチェ  101倍
16 セルティック     151倍

これを見て、異論・反論あるでしょうけど、
これはこれでなかなかよく出来たオッズ
だとも思う。

このオッズは1回戦の対戦相手の
影響を一番に考えて作られたオッズ
なのである。

理由は3つあり、1つは戦力の充実度。
2つ目は優勝経験度。3つ目は1回戦の
組み合わせである。

つまり1位バルセロナは、1回戦の対戦相手
で一番突破の確率が高いセルティックとの
対戦ということが、1番の理由だそうだ。

逆にセルティックは優勝予想オッズでは
最下位となっている。

それぞれ国内リーグで首位を走っている
アーセナルとインテルが5番人気なのも、
1回戦の対戦相手が、優勝実績のある
ミランとリバプールというのが、評価が
下がる理由である。

そのミランとリバプールはもっと評価が
低い。

2位マンU、3位チェルシーはインテルや
アーセナルと比べると、対戦相手は恵まれて
いる。それぞれリヨンとオリンピアコスだから
である。

では4位レアルはどうか!?
レアルも国内で首位を走っているが、対戦
相手がローマということで、バルセロナよりも
オッズが低くなってる。

しかしアーセナルやインテルほどの厳しい
対戦相手ではないだろうという予想だ。

そういうとローマが好きな僕にとっては
ちょっと、ムッとしてしまうが(笑)
確かに優勝という実績においては、
ローマはないので、仕方がない・・・

そんな視点で作られたオッズ・・・
あなたはどう思いますか!?
posted by カザナミ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

CL1回戦 アーセナル対ACミランのみどころ

チャンピオンズリーグ注目の1回戦
アーセナル対ACミラン編

こんなカードが早くも1回戦で見れてしまうのは、
もったいない。

昨年の王者ACミランに、今もっとも乗りに乗っている
現プレミアリーグ首位のアーセナルとの一戦。

どんな展開になるのか、今から楽しみであるが、
リーグ戦での状況を見る限りでは、アーセナルの方が
調子が良いと考えられる。

ほとんどの試合を有利に進め、パスで相手をかく乱させて
ひとたび前へ出てくれば、サイドに散らして、攻撃を
仕掛ける。出てこないと見れば、2列目からどんどんと
飛び出して、相手ゴールに突き進む。

アーセナルは若いことが良い意味でも悪い意味でも
批評される。

悪い意味で考えれば、若いアーセナルが老練な
テクニックを持つミランに、翻弄されるという
ところだろうか・・・

ファーストレグはアーセナルのホーム。経験豊富な
ミランは、無理をしない慎重な試合運びに徹するはずだ。

アウェイでは0対0でもOK、ホームのセカンドレグでカカ、
セードルフ、そして18歳の秘密兵器パトといったワールド
クラスが違いを作り出して勝ち進むというシナリオである。

逆にアーセナルにとっては、ミランのそのシナリオをいかに
混乱させるかが勝負のポイントになる。

経験のミラン対若さとフィジカルのアーセナル。
どちらに軍配が上がるかで、今シーズンのCLの
流れが決まりそうな予感すら漂う。

当ブログでは、アーセナルをずっと追い続けてきました。
彼らヤングガナーズが、ヨーロッパの頂点に立つ
ことを、僕は願っている。

アーセナルは若いというけれど、チームをまとめて
いるのはギャラスである。彼の経験豊富なキャプテンシーは
若さだけのアーセナルに、強烈な隠し味となって
圧倒的な存在を放っている。決して若さだけでは
ない。

ここで勝利してもらって、ミランには新しいチーム
として生まれ変わってもらうきっかけを作って上げ
られればと思う。

注目のアーセナル対ミランは
2月21日 朝4:30分〜
スカパー 183 チャンネルで放送予定です。

posted by カザナミ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。